吉沢亮、学生時代を振り返り「帰宅部でいわゆるリア充ではなかった」と告白 映画『オオカミ少女と黒王子』トークイベント

SPICER

画像を全て表示(4件)

5月10日、映画『オオカミ少女と黒王子』トークショーが都内で開催され、キャストの吉沢亮が登壇した。

映画『オオカミ少女と黒王子』は、累計発行部数450万部を突破する、八田鮎子原作の人気コミックを実写化した作品。恋愛経験ゼロなのに彼氏との恋愛を語る“オオカミ少女”な女子高生・篠原エリカと、優しげな見た目とうらはらな"ドS王子“な男子高校生・佐田恭也をめぐるラブコメディ。エリカを二階堂ふみが、恭也を山﨑賢人がそれぞれ演じる。イベントに登壇した、吉沢はエリカに密かに想いを寄せる“癒し系メガネ男子”日下部憂役で劇中に登場する。
 


 

この日、驚異の231倍率の中から選ばれた観客で会場は満席。熱い視線が注がれる中、吉沢が登場すると、「お亮~!!」「きゃー!!」といった黄色い歓声が上がり、会場は大盛り上がり。 吉沢は、イベントの当選倍率の高さに触れ「本日はありがとうございます。宝くじで言ったら30万円くらいですかね。そんな倍率で来てくださった皆さんなので楽しんでください」と感謝の言葉を述べた。

吉沢は「前回にやった『カノ嘘(カノジョは嘘を愛しすぎてる)』、『アオハライド』とは全然違った。今回は、わりと日下部君の根本的な部分が似ています。根暗な感じや、ライフスタイルが似ているなと思って楽しかった(笑)」と同作の役どころについて語る。さらに「今回、動きとか、目線、バッグの持ち方にも注意しました。やっていて楽しかった」と明かした。 また、自身の高校時代を振り返り「日下部君みたいな感じでした(笑)。友達もいましたけど他のクラスにいたのでクラスでは一人でした。一人で黙って授業受けて一人で帰っていました(笑)」と告白。続けて「映画のワンシーンですごく日下部君のシーンに共感できるのがあって……そこからその子の事しか考えられないというシーンがあったので、日下部君もそこで好きになったんじゃないかなと思いました。すごくキュンキュンするのでキュンキュンしてください」と見どころに触れた。

吉沢は同作で描かれている“ウソから始まる恋”についてもコメント。「どうなんですかね。好きじゃない人とつきあっていたくないですけどね(笑)」と本音を明かしつつ、「でも、今回は好き同士じゃないけど好きになっていますが、僕も近い人を好きになることが多くって、友達だったけどある日突然好きになるのでなんとなく分かります。気が付くと好きになっているパターンは共感」と自身の恋愛経験を重ね合わせた言葉も。

 その後、トークのテーマではエリカと日下部の関係が話題に。吉沢は「(エリカのような女性は)素晴らしいと思います!日下部君みたいなタイプは学校の中でもカースト結構下の人だと思うけど(笑)、平等に話しかけるのは人として好きです」とコメント。さらに、自身と日下部を重ね合わせ、「帰宅部でいわゆるリア充ではなかった。部活や彼女でうぇーいって感じではなく、そういった人を陰口するタイプでした。他のクラスにいる友達とずっと言っていた(笑)」と笑いを誘った。 

また、神戸・福岡でのロケに話がおよぶと、吉沢は「ご飯はしょっちゅう行ってました。特に福岡はほぼ毎日、ふみちゃんと賢人君と三人で屋台に行ったり。ばれなかった。ふみちゃんと賢人君がいても意外と『いるわけないだろう』と思ってるんですかね……」と裏話も。さらに「初日にカラオケ行ったんですけど、めっちゃ古い曲を二人とも歌って僕も頭をひねって僕の知っている曲を歌ったんです。すごい楽しかった。盛り上がりました」「安全地帯の『ワインレッドの恋』を歌った」と渋い選曲も明かしていた。 

またMCが、吉沢が共演した二階堂に「イケメンが隠しきれてない」「メガネの端からキラキラがこぼれている」「平成のアラン・ドロン」と評されていたことを明かすと、吉沢は「アランドロンわからない人いるでしょ。僕も調べてこの人かってなって。嬉しいけど恥ずかしい。全然そんなことないよ」「すみません。メガネをとってもキラキラがこぼれています。チェックしてください」と茶目っ気たっぷりに答えていた。 
 

ジャンケンで勝ち残った観客に「僕じゃだめかな……」と語りかける吉沢亮

ジャンケンで勝ち残った観客に「僕じゃだめかな……」と語りかける吉沢亮



最後には、ジャンケンで勝ち残った参加者に吉沢が劇中のセリフを語りかける企画も。吉沢が勝者の女性に「僕じゃだめかな……」と投げかけると、客席からは再び「うらやましい!!」「お亮~!!」と声があがっていた。
 

映画『オオカミ少女と黒王子』は5月28日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショー

作品情報
『オオカミ少女と黒王子』
 
(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会



原作: 八田鮎子作「オオカミ少女と黒王子」(集英社「別冊マーガレット」連載)

キャスト:二階堂ふみ 山﨑賢人/鈴木伸之 門脇麦 横浜流星 池田エライザ 玉城ティナ 吉沢亮/菜々緒
監督:廣木隆一 『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』

製作:映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
 
【ストーリー】
高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。
彼氏がいないのでは?と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だった事が判明。イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカ。だが実は彼、見た目は王子だが中身は超ドSの“黒王子“だった!契約彼氏の条件は、恭也への“絶対服従”!ウソから始まる恋の行方は?


(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

■公式サイト:ookamishojo-movie.jp
■公式Twitter:@ookamishojo_m
シェア / 保存先を選択