『VIVA LA ROCK 2016』オフィシャル・クイックレポート DJダイノジ

レポート
2016.5.30

『VIVA LA ROCK 2016』2016.5.29 さいたまスーパーアリーナ
GARDEN STAGE  DJダイノジ

2016年のGARDEN STGEを締めくくったのは、「泣く子も黙る」ならぬ「泣く子も笑い踊る」DJダイノジ。スタート時間直前におもむろに舞台に上がった彼は「今日は邦楽ロックの四つ打ちの歴史全部やるから。みんなの聴きたいもの全部やる。つまりね、今日は肯定しにきたんだ。みんなが好きなもの全部を肯定する、だからみんなも互いを肯定して、知らない曲でも踊って、たとえ届かなくても月に向かって跳んでくれ!」という最高の予告を投下――この時点で、DJダイノジはすでにこの日の勝利を物にしていたと言っていいだろう。それは同時に、ステージの外にまで溢れ上がるほどにパンパンに集った、全ロックキッズの完全勝利の瞬間だった。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのループ & ループで始まったステージでは、TRICERATOPSや浜崎あゆみ、ポルノグラフィティなどジャンルも時代も超えた、しかし四つ打ち繋がりという宣言通りのフルコースを放出し、フィールドは狂喜乱舞の熱狂の海に。その後も「好きなものは好き!」と叫びながら創聖のアクエリオンをスピンしたかと思えば、NirvanaのSmells Like Teen Spiritも挟むなどより開放度も解放度も増していくステージは、「お前が必要だよ」「となりの他人とハイタッチしような」という煽りと「『ベストテン』の時のマッチ!!!」と物マネを受けて、ONE OK ROCKのRe:makeで大爆発。さらに機を見たと言わんばかりに「肯定したいの。君達を肯定したいの」とその信念を何度も口にしながら突入したTHE BLUE HEARTSの終わらない歌と、WANIMAのTHANXでのシンガロングを演出。その後はArctic Monkeysで暴れさせ、最後はオー・シャンゼリゼによるこの日一番の横揺れ&大合唱でフィナーレを迎えた。

このフェスの2日間のみならず、この国のロックの歴史が生み出した数多の奇跡とドラマ。そのすべてを吸収して全放出していくような、そんな名プレイに心底シビれた。ロックを好きでいてよかった。歓喜のハイタッチを続ける、この場にいた全員の胸にそんな想いが沸き起こったはずだ。


レポート・文=黒田隆太朗

シェア / 保存先を選択