イトヲカシ アニメ『双星の陰陽師』のEDテーマを担当「僕らなりに精一杯全力で作らせていただきたい」

SPICER
イトヲカシ

イトヲカシ

画像を全て表示(2件)

伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)による2人組ユニット・イトヲカシが、7月からTVアニメ『双星の陰陽師』のエンディングテーマを担当する事を発表した。

『双星の陰陽師』

『双星の陰陽師』

イトヲカシがアニメなどのテーマ曲を担当するのは初。この状況を受け、イトヲカシの二人は「路上ライブや楽曲の発表などで、今までの活動を知っていただいたようで、書き下ろしの機会をいただけました…!信じられない思いですが、アニメがより魅力的になるような素敵な楽曲を、僕らなりに精一杯全力で作らせていただきたいと思っております!!」とコメント。楽曲は現在制作中で、詳細は後日発表されるとの事なので、続報に期待。

リリース情報
『捲土重来』
発売中
 
・収録内容
全新曲6曲入り
1.堂々巡リ
2.ブルースプリングティーン
3.嘘
4.Never say Never
5.Thank you so much!!
6.たましいのゆくえ
 
・価格
1,700円
・発売元
屯所レコード

 

アニメ情報
<双星の陰陽師>

「双星の陰陽師」は、助野嘉昭原作・集英社の月刊漫画雑誌「ジャンプSQ.」で2013年12月号より連載中のバトルアクション・ファンタジー作品。作中では、かつて陰陽師を目指していた中学生の少年・焔魔堂(えんまどう)ろくろが、陰陽師の少女・化野紅緒(あだしのべにお)と出会い、禍野(まがの)と呼ばれる異世界から人間の世界に抜け出してくる化け物“ケガレ”との戦いに共に挑んでいくバトルストーリーが展開されます。
一方でこの主人公2人には、ケガレと人間との戦いに終焉をもたらす“神子“を生む使命を持つ”双星の陰陽師“の称号を与えられ、反発しながらも夫婦として生活するというラブコメ展開もあり、男女共に幅広いファンを掴んでいます。現在最新コミックス第8巻が発売中。TVアニメもテレビ東京系にて毎週水曜夕方6時25分より放送中です。
 
シェア / 保存先を選択