カメレオ 充実のツアー最終日に力強く宣言「信じた道を思いっきりぶっかましていこうと思います!」

ニュース
2016.6.15
カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

画像を全て表示(12件)

ミニアルバム発売記念プチワンマンツアー「Let's KAMENICATION♪」
2016.6.10(FRI)新宿BLAZE

6月10日(金)、カメレオが『ミニアルバム発売記念プチワンマンツアー「Let's KAMENICATION♪」』のツアーファイナルを、新宿BLAZEにて行なった。

4月にミニアルバム『KAMENICATION!』をリリースしたカメレオ。彼らが掲げている「変幻自在」というコンセプトを拡張するバリエーション豊かな楽曲と、バンドとしてもうひとつ上の段階に行きたいという決意を詰め込んだ作品になっていたが、そんなミニアルバムを初お披露目した大阪NHKホール公演(カメレオ史上最大規模の舞台セットを、カメレオ史上最高額の予算をかけて作成し、総額ウン00万円を超える大赤字が発生したワンマンライヴ)の後、バンドは全国7カ所をまわるプチワンマンツアーを開催。各地チケットがソールドアウト続出となったツアーが、新宿BLAZEで最終日を迎えた。

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

「初っ端から身体動かしていこうぜ!」というHIKARU.の叫び声と共に、ライヴは「カメクエ」からスタート。メンバー全員が楽器を置いて歌って踊る、5人ヴォーカルスタイルからのバンド演奏、からの5人ヴォーカルへ再び戻るという、トリッキーかつハードでポップなナンバーで、一気に会場に熱くさせていく。大阪NHKホール公演中に、わずか40cmの高さからジャンプしたら右足を骨折してしまったKouichiも無事回復したようで、メンバー全員が縦横無尽にステージを駆け回っていた。そこから「デカい声聴かせてくれ!」と、そのまま続けて「宇宙旅行」へ。各地のカメコカメオ達(カメコカメオはカメレオファンの愛称)と育てあげてきた最新曲を繰り出して行ったのだが、今回のツアーは「レベルアップしていく速さがとんでもなかった」とTakeshiが話していた通り、大阪NHKホール公演とは見違えるほど力強いものへと変貌を遂げていて、このツアーが彼らにとっていかに大きいものになったかが、しっかりと伝わってきた。

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

他にも「ここはどこだ?」という前置きからなだれ込んだ「新宿。」や「How much?」では、いつも以上に生々しいバンドサウンドを轟かすだけでなく、Daisukeがアコースティックギターを、Takashiがキーボードを奏でた「12月」や、HIKARU.のアカペラから幕を開けた「心から心へ」といった、心温まるミディアムナンバーも披露。また「The wondrous world」でスタイリッシュなダンスを魅せつければ、「関係ナイ」ではカメコカメオ達と一丸になって激しく踊り倒すなど、5人ヴォーカル曲も大量投下。まさに変幻自在なパフォーマンスを展開しつつ、「ハッピーをボッコボコにぶつけあう(Takeshi談)」、濃密なコミュニケーションを繰り広げていた。

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

またMCでは、Takashiが自身の愛称である「お米さん」をモチーフにしたツアーグッズを紹介するショートコント(途中でDaisukeも参加)に対して、「“とってもショートコント”って言ってるのに全然ショートじゃない」とTakeshi(実際5分近くやってました)。それを受けてのKouichiが「バンドの貴重な時間を私的に流用しやがって。これは第三者の厳しい目で言及していこうと思う」と時事ネタを放り込むなど、トークでもオーディエンスを盛り上げていた。また、今回のツアー初日となった福岡公演について、平成28年熊本地震の影響もあり、開催することを悩んだが「みんな元気に楽しんでくれて、やってよかったなと思いました。俺も頑張んなきゃなって元気をもらえました」とHIKARU.が客席に向かってゆっくりと話しかける。

HIKARU.「生きていたら、つらいこととか大変なこととか、いろんなことがあるんですよ。そんなときに誰かが側にいてくれたり、誰かが優しく手を握ってくれるだけで、心が落ち着くと思うんです。音楽にもそういう力があると思っていて。これからもカメレオの音楽が力になったり、安心できる存在になればいいなと思いました」

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

ライヴ終盤戦は「パリピポ」で再び熱狂のダンス空間を作り上げると、「ここにいる全員で、更にまぶしい景色、誰も見たことのない景色を作ろうぜ!」と、「始まりの歌」を披露。そして「みんながつらいとき、苦しいときに、今日のこの景色を思い出して踏ん張れるように、俺らから最高のパワーを送るから、全身で受け止めて、全部受け取ってくれ!」と、「幸あれっ!」へ。「今日ここで得たエネルギーを明日へ繋げられるように」という5人の想いがこもりにこもった熱い音をフロアにぶつけていた。全曲終了後、Takeshiが「『KAMENICATION!』を出したときに、賛否両論いろいろ言われたんだけど、このツアーをまわってこんな素敵な空間が作れたんだから、これからも5人で信じた道を思いっきりぶっかましていこうと思います!」とコメント。充実のツアーを、未来へ向けた力強い宣言で締め括った。

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

全国各地で濃厚なコミュニケーションを繰り広げたカメレオは、この日、今秋に再びワンマンツアーを行なうことを発表した。ツアータイトルは『カメレオ ワンマンツアー2016 #カメレオ維新』。今年2度目の全国ツアーは、9月14日(水)渋谷WWW公演を皮切りに、全国14カ所15公演で開催され、ツアーファイナルは11月25日(金)、EX THEATER ROPPONGIにて行なわれる。現在、カメレオのモバイルファンクラブ「カメレオマニア」にてチケットの先行予約を受付中。締切は6月16日(木)16:00までとなっているのでお早めに。また、ワンマンツアー『#カメレオ維新』の告知動画が、彼らのオフィシャルサイトにて公開されているが、音楽業界を席巻している「2016年問題」や「平日のEX THEATER=武道館レベル説?」など、さまざまなトピックスを盛り込んだドラマ仕立ての内容になっているので、是非チェックを。2016年下半期、そして来年の結成5周年イヤーに向けて、カメレオのスピードは更に勢いを増していく。

撮影=MASANORI FUJIKAWA レポート・文=山口哲生

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

カメレオ/撮影=MASANORI FUJIKAWA

セットリスト
ミニアルバム発売記念プチワンマンツアー「Let's KAMENICATION♪」
2016.6.10(FRI)新宿BLAZE

01.カメクエ

02.宇宙旅行
03.養え、己を
04.新宿。
05.で?
06.How much?
07.なぞなぞ
08.心から心へ
09.12月
10.頭の中の理想の風船
11.21世紀マン
12.デビルくん
13.The wondrous world
14.関係ナイ
15.ダメ男
16.パリピポ
17.始まりの歌
18.幸あれっ!

 

ライヴ情報
カメレオ ワンマンツアー2016 #カメレオ維新9月14日(水) 渋谷WWW
9月23日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
9月25日(日) HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
10月7日(金) 盛岡club Change WAVE
10月9日(日)札幌ペニーレーン24
10月16日(日)高松MONSTER
10月18日(火)岡山IMAGE  
10月19日(水)神戸VARIT.
10月21日(金)福岡DRUM Be-1  
10月23日(日)熊本DRUM Be-9 V1  
10月26日(水)仙台darwin
10月28日(金)浜松窓枠
11月2日(水)名古屋E.L.L.  
11月4日(金)大阪BIG CAT
【チケット料金】前売 4,500円 / 当日 5,000円(税込・スタンディング・ドリンク代別途)
 
ワンマンツアー2016 #カメレオ維新 ファイナル
11月25日(金)EX THEATER ROPPONGI
OPEN 18:00 / START 19:00
【チケット料金】1Fスタンディング 4,500円 / 座席数限定SS席 10,000円(※特典付き!詳細は後日発表!) / 指定席 5,000円 / 平日お試し半額席 2,500円 / ハートフルファミリー席 4,000円
【チケット】<カメレオマニア先行予約>
■受付期間:6月10日(金)22:00~6月16日(木)16:00
■抽選結果確認・お支払期間:6月21日(火)12:00~6月27日(月)23:59(銀行 15:00)
■受付:スマートフォン http://sp.kameleo-mobile.jp/
※お1人様4枚のみ。
※抽選受付となります。受付期間内にお申込みください。
※お申込みにはカメレオマニアの有料会員登録(月額500円・税別)の他に、カメレオマニア専用の「チケットデリ」への会員登録(無料)が必要です。
ご利用ガイドをご確認の上、お申込みください。
【ハートフルファミリー席に関するご注意】
ハートフルファミリー席は小学生(12歳)以下のお子様とその保護者が対象となります。
ハートフルファミリー席はお子様連れのお客様のために設ける着席指定のチケットになります。どなた様も必ず座ってご覧いただきます。
ハートフルファミリー席は小学生(12歳)以下のお子様とその保護者を対象とします。保護者のみ、お子様のみでのご入場は出来ません。
ハートフルファミリー席は3歳以上有料となります。ただし座席が必要な場合は2歳以下でも1名につき1枚のチケットが必要です。
2歳以下のお子様で座席が不要な場合、保護者1名につきお子様1名のみ膝上で鑑賞可能となります。
1公演につき最大購入枚数4枚まで、最大入場人数6名まで可能ですが、保護者は2名までの購入および入場とさせていただきます。
ご入場時にはお子様の年齢が証明できるものをご提示いただきます。
【お問い合わせ】HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

カメレオ vs Brand New Vibe 2MAN 関東TOUR
2016/8/5(金) HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
2016/8/14(日) 柏PALOOZA
 

Zirco Tokyo オープン記念イベント
2016/6/29(水)新宿Zirco Tokyo「Zirカメ Tokyo」【BAND DAY】
【MC】ムートン伊藤(松竹芸能所属 / 禿夢ETチャンなど)
【時間】OPEN 18:00 / START 18:30
【料金】前売 4,000円(スタンディング・税込・ドリンク代別途)
【チケット】<一般発売日>2016/6/19(日)
【お問い合わせ】新宿Zirco Tokyo Tel:03-6278-9190 Mail:info@zirco-tokyo.jp

2016/6/30(木)新宿Zirco Tokyo「Zirカメ Tokyo」【5VOCAL DAY】※カメレオマニア限定公演
【MC】二宮係長(ラジオDJ /「wktkの枠」メインMCなど)
【時間】OPEN 18:00 / START 18:30
【お問い合わせ】新宿Zirco Tokyo Tel:03-6278-9190 Mail:info@zirco-tokyo.jp

 
シェア / 保存先を選択