『YATSUI FESTIVAL! 2016』公式レポート到着!早くも来年の開催を発表

レポート
2016.6.20
『YATSUI FESTIVAL! 2016』

『YATSUI FESTIVAL! 2016』

お笑いコンビ・エレキコミックのやついいちろうが主催する、渋谷エリア11会場を連動した音楽とお笑いのエンタテインメントフェス『YATSUI FESTIVAL! 2016』が総動員数確認1万人の大盛況ぶりで終了した。

今年5回目となる自身主催の『YATSUI FESTIVAL! 2016』に出演したのは、泉谷しげる、千秋、華原朋美、水曜日のカンパネラ、南野陽子、Negicco、般若、ソウル・フラワー・ユニオン、GOING UNDER GROUND等のミュージシャン、お笑い、アイドル、文化人など、総勢285組。これまでの『YATSUI FESTIVAL!』の中でも過去最大級となった。

会場となったのは、TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、7th FLOOR、duo MUSIC EXCHANGE、VUENOS、clubasia、Glad、SOUND MUSEUM VISION、Harlem Plusの計11会場。各会場では、ロック、アイドル、そしてお笑いのライブ、トークショーなど多彩なステージを同時に開催。来場した観客はタイムテーブル片手に様々な会場を行き来しながら楽しんでいたようだ。

フェスのオープニングを飾るDJやついいちろうのステージでは、千秋が登場。大歓声で迎えられポケットビスケッツの名曲、「YELLOW YELLOW HAPPY」「Red Angel」「POWER」を歌い上げた後、高らかに開会宣言。

その他のステージでは、新曲「シャキシャキして!!」を披露したGacharic Spin、Lyrical School、Negicco、中村一義、サニーデイ・サービス、予告どおり!?ポロリがあった爆乳ヤンキー、浅野忠信によるSODA!、川本真琴など多数のアーティストが出演。また、お笑いステージでは「TKO+エレキコミック」のスペシャルコラボレーションが実現。DJでB’zの「Ultra Soul」をかけるが、最高潮に盛り上がるサビの直前で木下がCDJを止めに来るというコントで笑いをさらう。さらにエレ片による女装ユニット・キケチャレでは、「こんな棒立ちで初老のアイドルは今までないわよ!」と爆笑をさそいながら「FUNKY FUN!!!」ではサプライズゲストで西寺郷太とサイプレス上野が登場し、会場中がタオルを回した。その後、Negiccoを呼び込み、新曲「純情エクスタシィ」を初披露。PVを再現するように、Negiccoと対決するように歌唱し、フル尺でダンスをキメるなど、爆笑と熱狂に包まれたステージとなった。

さらに、やついフェスならではの夢の企画『やついフェススペシャル歌合戦』を開催。やついいちろうとマキタスポーツの2組に分かれ、バックバンドにはカルメラを従え、ものまね・替え歌・ホンモノありの、さながら紅白歌合戦のような白熱のステージを繰り広げた。審査員には「1969年のウッドストックにも行った。ソウル(魂)が伝わる歌が一番」と独特の口調で語る山本晋也監督を迎え、まずはオープニングアクトで六角精児がオリジナル曲「希望が丘の人」を熱唱。その後、マキタ組から、コブクロに扮したダブルネームが、替え歌で「蕾」を歌唱。やつい組からは、まさかの国民的アイドル嵐が登場!!という煽りを受け、実際に登場したのは、マギー、片桐仁、今立進と裏方スタッフの2名による「チームエレ片」。嵐のメンバー名前を書いたプラカードを首から下げながら「A・RA・SHI」をダンスを交えて歌唱。「結婚式の余興と同じじゃないですか!」とやついからツッコまれるなど会場は爆笑に包まれた。

続いてマキタ組からは、千葉在住の伝説的ミュージシャン・JAGUARが登場。まさかの声が小さすぎて聴こえない、という自由すぎるスタイルに笑いが漏れる中、やつい組からDJ KOOが登場。「Get Wild」「愛しさと切なさと心強さと」「EZ DO DANCE」などをスペシャルミックスし会場は一気にクラブサウンド全快に。立て続けに、やつい組から松本伊代が登場。生バンドで「センチメンタル・ジャーニー」を軽やかに歌い、永遠のアイドルぶりを魅せつけた。本物のアイドルに対抗するべく、マキタ組が呼び込もうとすると、「やっちゃえ、日産。」の声が聴こえ、登場したのは矢沢永吉扮するマキタスポーツ。完璧なものまねを披露した。すべての演奏を終え、審査員の山本晋也監督が一言「いやぁ、バックバンドのカルメラに一番感動したな」と言うと、会場の爆笑はMAXに。軍配は、マキタ組に上がったが、理由として監督は「俺、やっぱり矢沢永吉が好きなんだよねぇ」と言い、出演者も腰抜けしたところで、出演者全員で「トロピカル源氏」を合唱。笑いに溢れたステージとなった。

19日のオープニングには、筋肉隆々のサスケ軍団が登場。やついフェスの成功を祈って、クレイジークリフハンガーを全員成功させた後「俺が本物のキン肉マンだ!」と登場したのは、神谷明。「キン肉マン GO FIGHT」を熱唱し、二日目の開会宣言が行われた。

水曜日のカンパネラは巨大なクリアボールに入り、観客に担がれながら「桃太郎」を熱唱、入場規制となったヤバイTシャツ屋さん、その他、ばってん少女隊、ハマカーン、岡崎体育、般若、毒舌で観客を盛り上げるCharisma.comなど多数のアーティストが大歓声のステージングを披露。トークショーでは、ゲッターズ飯田による来場者のお悩み相談会を実施。婚期や今年の運勢などをズバリ占い、相談会の抽選は熾烈を極めた。ミスiDコーナーでは、菅本裕子が自身が大ファンである峯田和伸の「キラキラいいにおい」を人生初歌唱するなど多数のアーティストが盛大なステージングをみせた。

初登場の南野陽子は、淡いブルーのドレスを身に纏い登場。「フェスに似つかわしくない曲をたくさん用意してきた」と笑いを誘いながら、「秋からもそばにいて」、スケバン刑事のメドレーなど計6曲を生バンドで歌い、客席からは「やついさん、南野陽子さんを呼んでくれてありがとう!」など、感極まったファンの歓声が溢れた。

やついいちろうのフィナーレ前に登場した泉谷しげるは、アコースティック・ギター一本で「春夏秋冬」をしっかりと聴かせ、間奏では「今日ここに集まってるお前らにも辛いこといっぱいあるけど、今日だけは自分だけに向かって歌え。」と、ギターを止めると、観客ひとりひとりの歌声が静かに木霊した。その後「野生のバラッド」ではステージ上で自ら腕立て伏せをし、ステージを降りて写真を撮らせるなど豪快なパフォーマンスで、魂に訴える圧倒的なステージングを披露した。

熱気冷めやらぬなか、スタートしたDJやついいちろうは、「そりゃそうよ」をプレイしながら、水曜日のカンパネラを見て、そのまま借りたというクリアボールに入り、観客にダイブ。観客のボルテージがMAXになったところで、いとうせいこう、Charisma.comいつかを呼び込み、「YYY」を初披露した。観客をリードして煽るCharisma.com いつか、キレキレのラップを唸るいとうせいこう、笑わせながらも、しっかり歌いあげるやついいちろうによるコラボレーションに、フロアーは興奮の渦に包まれた。

エンディングのフィナーレでは、両日とも出演者全員で、恒例の曽我部恵一作曲によるフェスのエンディングテーマ「月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げる」を大合唱。多幸感溢れるフィナーレは大団円で終了し、すべてのアーティストを見送った後、やついはからお客様へ最後のMCで感謝の気持ちを述べだ後、来年2017年6月17日(土)18日(日)の「YATSUI FESTIVAL! 2017」の開催を電撃発表。暖かい空気と笑顔の中、今年のやついフェスも幕を閉じた。

■やついいちろうコメント
今年も皆様のおかげで、大きな事故もなく無事に2DAY終了することができました。
本当にありがとうございました!
フェスの醍醐味は、好きなアーティストを見ることかもしれません。だけどやついフェスには、ジャンルに関係なく色々なアーティストがたくさん出演します。興味のなかったアーティストでも、その人の“いいところ”を見つけてくれるお客さんがこの5年間でどんどん増えてきて、そんなお客さんがフェスをいいものに育ててくれてることを実感しました。最高なお客さんあってのやついフェスです!来年もよろしくお願い致します!
やついいちろう

 

イベント情報
『YATSUI FESTIVAL! 2016』
日程:2016年6月18日(土)、6月19日(日)
 
<審査員>山本晋也
<バック演奏者>カルメラ
<司会>やついいちろう、マキタスポーツ

■6月18日(土)出演 (50音順)
【DJ】
DJやついいちろう / 田中貴 / 西村ひよこちゃん / 兵庫慎司 / LEGENDオブ 伝説 a.k.a.サイプレス上野 / ゆけむりDJs
【MUSICIAN】
麻美ゆま / 雨のパレード / Amelie / アルカラ / Alfred Beach Sandal / イトヲカシ / ENJOY MUSIC CLUB / 大谷健児(フェスボルタ出演枠) / 踊ってばかりの国 / OMSB & Hi’Spec / CAR10 / 科楽特奏隊 / Gacharic Spin / カルメラ / 川本真琴 / 華原朋美 / キケチャレ(危険日チャレンジガールズ!) / 吉川友 / KETTLES / キャバレー遊び足りない(フェスボルタ出演枠) / 栗コーダーカルテット / GLIM SPANKY / GELLERS / group_inou / GOING UNDER GROUND / 光上せあら / コンテンポラリーな生活 / サイプレス上野とロベルト吉野 / サ上と中江 / ザ・なつやすみバンド / 挫・人間 / サニーデイ・サービス / Sawagi / サンナナニ (AZUMA HITOMI + ひぐちけい + U) / SHE’S / 渋さ知らズオーケストラ / JAGUAR / ジャパニーズCLUB / 水中、それは苦しい / 空きっ腹に酒 / STARMARIE / SEVENTEEN AGAiN / SODA! / WB / 千秋 / chelmico / チャオ ベッラ チンクエッティ / ザ・チャレンジ / 寺崎裕香 / 天才バンド / 東京女子流 / どついたるねん / drop / どぶろっかーず / 中村一義 / 夏の魔物 / Nulbarich / 人間椅子 / ヌミャーン(フェスボルタ出演枠) / Negicco / never young beach / NOT WONK / hy4_4yh / 爆乳ヤンキー / バニラビーンズ / ハンバートハンバート / ヒステリックパニック / Funkymic / フォークシンガー小象 / 浮遊スル猫 / 星野みちる / Homecomings / Boiler陸亀 / マキタスポーツ(アコースティック・セット) / MAGIcPEPA / 松本伊代 / Yogee New Waves / ラブリーサマーちゃん / RAM RIDER / LUNCH-Ki-RATT(フェスボルタ出演枠) / lyrical school / LinQ / レ・ロマネスク / 六角精児 / The Wisely Brothers / ワンダフルボーイズ
【お笑い】
エレキコミック / エレ片 / アルコ&ピース / Yes-man / 石川カズキ / 石橋哲也 / 犬の心 / インスタントジョンソン / エルシャラカーニ / おくまん / 鬼ヶ島 / エキストラ / かもめんたる / カラフルトランプ / がんぐ / ザ・ギース / ゴールドラッシュ / サンシャイン池崎 / しろたてるひさ / 新宿カウボーイ / ストレンジサニィシアター / タイムマシーン3号 / ダブルネーム / ダブルブッキング / タブレット純 / 月見峠 / TAIGA / TKO / 東京アヴァンギャルド / ドドん / 中村愛 / 流れ星 / 爆烈Q / はしこばし / 花香よしあき / 平野ノラ / ビンオ / 藤子 / 街裏ぴんく / マツモトクラブ / 南大介 / モグライダー / 安本精肉 / 山本偉地位 / ラバーガール / ラブレターズ / ルシファー吉岡 / レッスン祐輝 / ロリィタ族。 / わらふぢなるお
【CULTURE】
エロメン一徹&月野&東 / ゲッターズ飯田 / 杉作J太郎 / しりあがり寿 / ボギー&モンドくん / 魔法使いアキット / 宮沢章夫 / 山本晋也 / 吉田豪

■6月19日(日)出演 (50音順)
【DJ】
DJやついいちろう / DJ岩井志麻子 / 片平実 / 鹿野淳 / SLASH45 / DJニッチャメン / 兵庫慎司 / 桃知みなみ / ゆけむりDJs
【MUSICIAN】
あゆみくりかまき / 泉谷しげる / いとうせいこう / Weekday Sleepers / 岡崎体育 / THE OTOGIBANASHI’S / ONIGAWARA / 思い出野郎Aチーム / 餓鬼レンジャー / 神宿 / カラスは真っ白 / Charisma.com / 清 竜人25 / Creepy Nuts (R-指定 & DJ 松永) / クリープハイプ / Capeson / SAKANAMON / SANABAGUN. / 最終少女ひかさ / 酒井少年(フェスボルタ出演枠) / SHE IS SUMMER / シバノソウ(フェスボルタ出演枠) / JMC / 少女☆タコサム(フェスボルタ出演枠) / 商店街バンド / 水曜日のカンパネラ / 青春カフェさくらい(フェスボルタ出演枠) / ソウル・フラワー・ユニオン / THE抱きしめるズ / 谷本貴義 / Czecho No Republic / デイジー(フェスボルタ出演枠) / DJみそしるとMCごはん / テスラは泣かない。  / TEMPURA KIDZ / 東京カランコロン / TOKYO HEALTH CLUB / 堂島孝平 / toddle / 永原真夏+SUPER GOOD BAND / 南波志帆 / 二丁ハロ / ニューロティカ / ねごと / FantaRhyme / PASSPO☆ / 初恋の嵐 / はっちゃけ隊 / ばってん少女隊 / 般若 / Bryan Associates Club / BE THE WOLF / ひめキュンフルーツ缶 / 藤岡みなみ&ザ・モローンズ / ザ・プーチンズ / FLYING KIDS / 古館佑太郎 / predia / PELICAN FANCLUB / Bentham / THE BOYS&GIRLS / マカロニえんぴつ / マキタスポーツ presents Fly or Die / MAGiC BOYZ / まねきケチャ / 魔法少女になり隊 / MARIA / The Mirraz / 南野陽子 / MONSTER大陸 / ヤバイTシャツ屋さん / YOUR SONG IS GOOD / ゆゆん / ゆるめるモ! / 横山ルリカ / 吉澤嘉代子 / LUCKY TAPES / La PomPon / Layne / ワンダフルボーイズ
【お笑い】
エレ片 / アナログタロウ / 阿佐ヶ谷姉妹 / Yes-man / 石川カズキ / 石橋哲也 / ウエストランド / エキストラ / エレファントジョン / おくまん / カラフルトランプ / がんぐ / キック / キャン×キャン / くじら / クマムシ / グランジ / ゴールドラッシュ / コウメ太夫 / 三四郎 / 三拍子 / ジグザグジギー / しろたてるひさ / 瞬間メタル / ジンカーズ / ストレンジサニィシアター/ 月見峠 / 東京アヴァンギャルド / トップリード / 飛石連休 / ななめ45° / 脳みそ夫 / Hi-Hi / 馬鹿よ貴方は / 爆烈Q / はさみ家紙太郎 / はしこばし / X-GUN / ハマカーン / 髭男爵 / ビンオ / 風藤松原 / 藤子 / 古坂大魔王 / マッハスピード豪速球 / 街裏ぴんく / 南大介 / 南野やじ / 安本精肉 / 山本偉地位 / ヤーレンズ / ゆってぃ / レッスン祐輝
【CULTURE】
梅棒と愉快な仲間たち / 角田陽一郎 / 神谷明 / ゲッターズ飯田 / SASUKE軍団 / なでksジャパン / ミスiD(水野しず、保紫萌香、菅本裕子、ロカ&メンフィスキッズ、annie the clumsy、こうやもゆ、工藤ちゃん、空野青空、大場はるか(drop)、寺嶋由芙、littleAct(GOMESS×mikichu) 、黒宮れい
 
【やついフェススペシャル歌合戦 概要】
<出演者・歌唱曲>(出演順)
・六角精児…「希望が丘の人々」
・ダブルネーム…コブクロ「蕾」
・今立進(エレキコミックメンバー)&片桐仁(ラーメンズメンバー)他スタッフ…「嵐のA・RA・SHI」
・JAGUAR…オリジナル曲「ファイトファイト千葉」
・DJ KOO...スペシャルミックス
・松本伊代…「センチメンタルジャーニー」
・マキタスポーツ…矢沢永吉「止まらないHa~Ha」

 

シェア / 保存先を選択