初代TVシリーズ『牙狼<GARO>』がHDリマスターにて放送スタート 新ビジュアル解禁&小西遼生 肘井美佳によるコメントも到着

ニュース
2016.7.2
公開された新ビジュアル

公開された新ビジュアル

画像を全て表示(2件)

2005年10月7日。“ハイパーミッドナイトアクションホラードラマ”と題され放送された、深夜帯の特撮TVドラマ『牙狼<GARO>』。7月8日よりこの初代シリーズがHDリマスターで再放送されることがわかった。

魔界から現れて人間の邪心に取り憑き、人々を脅かす魔獣・ホラー。人間はこのホラーに対抗する手段を模索し、魔戒法師や魔戒騎士と呼ばれる者たちが誕生した。10周年を迎えた「牙狼」シリーズは、これら魔戒騎士や魔戒法師とホラーとの終わりなき戦いを描いた物語であり、現在も拡大し続けている。

この度、待望のポスタービジュアルとコメント映像が解禁となった。映像で、初代主人公・冴島鋼牙役を熱演した小西遼生は、「10年経っても色あせないで観ることが出来る。作品自体が面白いまま生きていて、しかもリマスターで色などがすごくキレイになっていた。あの時じゃなきゃ出来なかった、気持ちと勢いで作り上げた作品だなと思います」と当時の思い出や10年が経過した今だからこそ感じられる想いを熱く語った。

そして、ヒロイン御月カオルを演じた肘井美佳も「10年間応援し続けてくれた人がいて、あの時スタッフさん含め、本当に命を削って作っていたことが、画面を通して使わってきた。すでに観たことがある方も、まだ観たことがない方も、是非この機会に観てほしい」とコメントする。


今回は、初のHDリマスターでの放送、出演者・スタッフによるオーディオコメンタリーを副音声にて放送されるという。当時の思い出や撮影秘話などが楽しめる、ファンにとっては嬉しいものとなっている。10年経った今でも全く衰えることのない、よりクリアで高画質に生まれ変わった『牙狼<GARO>HDリマスター』は、7月8日(金)からテレビ東京ほかにて7月8日(金)深夜1時23分から放送開始する。

 

 

シェア / 保存先を選択