新・あずみ役は川栄李奈に 舞台『AZUMI 幕末編』が9月に上演

小山ゆうの同名人気漫画を舞台化した『AZUMI 幕末編』が、9月に新国立劇場にて上演される。

原作は、94年から20年間にわたり連載され、人気を博した歴史漫画。戦国時代に刺客として育てられた少女あずみが強く生きる姿を描いた第一部は、映画化や舞台化もされ話題となった。

今回、時代を幕末に移した第二部を舞台化。かつて、映画版では上戸彩が、舞台版では黒木メイサが演じた主人公・あずみ役に抜てきされたのは、8月4日をもってAKB48を卒業する川栄李奈だ。激動の時代の中、刺客という過酷な使命を背負いながら、屈強な男たちに立ち向かうあずみに川栄が挑戦する。

そのほか、あずみが恋に落ちる坂本龍馬役の浅香航大、あずみの兄・駿介役の渡部秀、駿介の親友でありながら新選組隊士としてあずみと敵対する圭次郎役の久保田秀敏、宿敵・壮太役の早乙女友貴など、共演には注目の若手たちが顔をそろえる。

『AZUMI 幕末編』

【スタッフ】原作=小山ゆう(小学館刊) 構成・演出=岡村俊一
【キャスト】川栄李奈/浅香航大/渡部秀/久保田秀敏/早乙女友貴/町田慎吾/佐藤祐基/岡本あずさ/細貝圭

2015年9月11日(金)〜24日(木)
・会場=新国立劇場 中劇場
・一般前売=8月8日(土)
・料金=全席指定S席8,500円/A席7,500円

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択