アラスカに魅せられた写真家・星野道夫、没後20年の展覧会に約200点

 『カリブーの移動を待つ星野道夫』 撮影:星野道夫

『カリブーの移動を待つ星野道夫』 撮影:星野道夫

『没後20年 特別展 星野道夫の旅』が8月24日から東京・銀座の松屋銀座8階イベントスクエアで開催される。

写真と文章を通じてアラスカを中心とした北極圏の自然や野生動物、そこに生きる人々の暮らしを記録し続けた写真家・星野道夫。ロシア・カムチャツカ半島クリル湖畔での取材中にヒグマに襲撃され、不慮の死を遂げてから8月で20年を迎える。

同展では、未発表作を含む約200点の写真をはじめ、星野による自筆の文章や手紙、撮影に使用したカメラなどを展示するほか、愛用したカヤック、スノーシュー、毛皮のパーカーを初公開。会期終了後は大阪、京都、横浜を巡回する予定だ。詳細は星野のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『没後20年 特別展 星野道夫の旅』

東京会場
2016年8月24日(水)~9月5日(月)
会場:東京都 銀座 松屋銀座 8階イベントスクエア
時間:10:00~20:00(最終日は17:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
料金:
前売 大人700円 大高生500円 中学生400円
当日 大人1,000円 大高生700円 中学生500円 小学生300円

大阪会場
2016年9月15日(木)~9月26日(月)
会場:大阪府 大阪高島屋

京都会場
2016年9月28日(水)~10月10日(月・祝)
会場:京都府 京都高島屋

横浜会場
2016年10月
会場:神奈川県 横浜高島屋

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択