「プレミアムシアター」で話題作、歌劇『アグリッピーナ』(ヘンデル作曲/アン・デア・ウィーン劇場)を放送

SPICER
Patricia Bardon (Agrippina), Damien Pass (Pallante), Tom Verney (Narciso) Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

Patricia Bardon (Agrippina), Damien Pass (Pallante), Tom Verney (Narciso) Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)


NHKのBSプレミアム「プレミアムシアター」では、7月17日(日)深夜24時20分(7月18日午前0時20分)から、今年(2016年)3月にアン・デア・ウィーン劇場で上演されたヘンデルの歌劇『アグリッピーナ』を放送する。

Jake Arditti (Nerone) mit Statistinnen Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

Jake Arditti (Nerone) mit Statistinnen Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

アン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)は1801年、モーツァルトのオペラ『魔笛』の台本作家であり興行師・俳優でもあったエマヌエル・シカネーダーが設立したウィーン老舗の歌劇場だ。かのベートーヴェンを音楽監督として招き、オペラ『フィデリオ』が初演されたばかりか、『交響曲第3番(英雄)』『交響曲第5番(運命)』『交響曲第6番(田園)』初演の場所としても音楽史的に非常に重要な劇場である。 他に『こうもり』をはじめとするヨハン・シュトラウス2世のオペレッタも数多く初演された。さらに20世紀後半には、クンツェ=リーヴァイの代表作というべきミュージカル『エリザベート』や『モーツァルト』の初演会場として、ウィーン・ミュージカルの聖地として演劇ファンにもよく知られている。

そのアン・デア・ウィーン劇場で最近大きな話題を集めた意欲的なプログラムこそ、今回放送される、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル作曲の歌劇『アグリッピーナ』だった。『アグリッピーナ』は、ヘンデルの3年間に渡るイタリア滞在の終わりに書かれたバロック・オペラで、1709年ヴェネツィアで初演されるや大成功をおさめ、ヘンデルのオペラの最高傑作とも称せられる。

Danielle de Niese (Poppea), Filippo Mineccia (Ottone) Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

Danielle de Niese (Poppea), Filippo Mineccia (Ottone) Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

紀元50年頃のローマ帝国を舞台に、ローマ皇帝となるネロの母アグリッピナが、夫である皇帝クラウディウスを没落させ、連れ子のネロを皇帝に即位させるべく陰謀を張り巡らせる話を扱ったものだが、演出のロバート・カーセンはこれを現代の設定に置き換える。日本では小澤征爾との共同作業でも知られるカナダ出身のオペラ演出家カーセンは、いまや世界中で引っ張りだこの鬼才であり、映像も巧みに取り込んだ今回の演出も期待を裏切らない。

そして、演奏はトーマス・ヘンゲルブロック(指揮)の手兵バルタザール・ノイマン・アンサンブル。古楽から現代までを幅広く扱うウィーン最強の演奏楽団である。ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス出身のヘンゲルブロックは、いまやアーノンクール亡き後のウィーン音楽シーンの最重要キーパーソンといえるだろう。タイトルロールを歌うのはアイルランド出身のパトリシア・バードン。アグリッピーナの悪女ぶりをどう演じてくれるか楽しみ。また、多くの男たちから愛情を注がれまくるセクシー美女ポッペア(後にネロの皇妃となる)を歌うのは、エキゾチックな風貌が魅力の人気ソプラノ、ダニエル・ドゥ・ニース。また、ネローネを歌うジェイク・アルディッティをはじめカウンターテノールが3人登場する。

かくもセンスの豊かな傑作オペラを、連休の深夜に日本語字幕付きで、たっぷり堪能できる悦びを、どうして放棄できるものだろうか(いや、ない)。

Mika Kares (Claudio), Ensemble, Statisten Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

Mika Kares (Claudio), Ensemble, Statisten Agrippina 2015/16 © Werner Kmetitsch(公式サイトより引用)

放送情報
■放送番組:NHK BSプレミアム「プレミアムシアター」
■放送日時:2016年7月18日(月) 午前0:20~午前3:55 [7月17日(日)深夜](215分)
■放送内容:歌劇『アグリッピーナ』【5.1サラウンド】
◇本日の番組紹介(0:20:00~0:22:00)
ナレーション: 水落幸子(みずおち ゆきこ)
◇歌劇「アグリッピーナ」(0:22:00~3:30:00)
<演目>
歌劇「アグリッピーナ」(全3幕)ヘンデル 作曲
<出演>
アグリッピーナ(皇后):パトリシア・バードン
ネローネ(アグリッピーナの息子):ジェイク・アルディッティ
ポッペア(ローマの貴婦人):ダニエル・ドゥ・ニース
オットーネ(ローマの将軍):フィリッポ・ミネッチャ
クラウディオ(皇帝):ミカ・カレス
パッランテ(廷臣):ダミアン・パス
ナルチーゾ(廷臣):トム・ヴァーニー
レスボ(皇帝の従者):クリストフ・ザイドル
<管弦楽>バルタザール・ノイマン・アンサンブル
<指揮>トーマス・ヘンゲルブロック
<演出>ロバート・カーセン
<字幕>高橋絹子
<収録>2016年3月22、29日 アン・デア・ウィーン劇場(オーストリア)
シェア / 保存先を選択