斎藤工、TAKAHIRO、登坂広臣……雨宮兄弟が3人そろって新たな戦いへ! 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』特報映像

SPICER
 (c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

画像を全て表示(3件)

10月8日公開の映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』から、特報予告編が解禁となった。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、現在公開中の映画『HiGH&LOW THE MOVIE』につづく『HiGH&LOW』プロジェクトの映画第二弾にあたる作品。

『HiGH&LOW』はEXILE HIROが総合プロデュースする複数のメディアやエンタテインメントを巻き込み展開する一大プロジェクトで、劇中では、山王連合会などさまざまなチームが“SWORD地区”を舞台に激しい抗争を繰り広げるようすが描かれてきた。映画第二弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』は、“最強の兄弟”こと雨宮兄弟にスポットをあてた物語で、TAKAHIRO演じる次男・雅貴、登坂広臣演じる広斗にくわえ、あらたに斎藤工が長兄・尊龍(たける)として登場する。
 


公開された特報映像では、斎藤演じる尊龍が早くも大活躍。複数の敵を独りで倒す、華麗なアクションを披露している。また、TAKAHIROと登坂がガラスを突き破り乱入するシーンも差し込まれ、同作がこれまで以上のバトルムービーに仕上がっていることを予感させる。現段階では、物語の詳細は不明ながら、同作では兄弟の過去に隠された秘密や、尊龍が姿を消した理由など、雨宮兄弟のすべてが明かされるという。

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会


 同時に、斎藤、TAKAHIRO、登坂が勢ぞろいした新ビジュアルも公開。「強く、生きろ」とのキャッチコピーが何を意味するのかも気になるところだ。また、尊龍役の斎藤からのコメントも到着している。

■斎藤工 コメント全文
HiGH&LOWシリーズは様々なメディアミックスによるエポックメイキングな作品で客観的に注目させて頂いていました。そして雨宮兄弟の長男は誰が演じるのだろうといち視聴者として勝手にキャスティング予想をしていた立場だったのでお話しを頂いた時は驚きました、と同時にこのプロジェクトに加われる喜びを感じました。しかし生半可では”あのお二人”の兄貴は到底務まらないそんな不安との戦いでもありましたが、TAKAHIROさん、登坂さん、山口監督に助けられながら盤石な体勢で作品に臨めたと思っています。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日(土)全国ロードショー
 

作品情報
映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』

 

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会


出演:TAKAHIRO 登坂広臣 斎藤工 
企画プロデュース:EXILE HIRO 
監督:山口雄大  
脚本:松田裕子、牧野圭祐、平沼紀久、渡辺啓 
企画制作:HI-AX 
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会 
配給:松竹 
公式サイト:http://high-low.jp/

【あらすじ】
かつて、SWORD地区一帯を圧倒的な力で支配していたチーム・ムゲンと並び最強と称された兄弟がいた。雨宮雅貴(TAKAHIRO)と雨宮広斗(登坂広臣)、「雨宮兄弟」である。彼らは、一年前に突如姿を消した兄・雨宮尊龍(斎藤工)を探し続けている。幼い頃に両親を失くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。両親を亡くしてからずっと、支え合って生きてきた。両親の命日、参拝に訪れる雅貴と広斗。消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る人物だった・・・。尊龍は雅貴と広斗をおいて、なぜ突如姿を消したのか?ある目的を果たそうと目論む人々と、尊龍との関係が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明かとなる。

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

シェア / 保存先を選択