AKB48「ゼクシィ」CM曲が本人バージョンに、指原莉乃「結婚ソングの定番になる」

ニュース
2016.7.21
「ゼクシィ」新CMのワンシーン。

「ゼクシィ」新CMのワンシーン。

AKB48の新曲「しあわせを分けなさい」をCMソングに使用した、リクルート「ゼクシィ」の新CMが明日7月22日(金)より放送される。

「しあわせを分けなさい」は、8月31日発売のニューシングルのタイトル曲で、6月に開催された「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の上位16名が選抜メンバーとして歌う。選抜メンバーが決定するまではCMの監督と楽曲の作曲を担当した箭内道彦と、アレンジを手がけた亀田誠治が歌唱したデモバージョンがCMに使用されており、大きな話題を呼んでいた。

この曲でセンターを務めるのは、総選挙で1位を獲得した指原莉乃。彼女は「ゼクシィ」CMソングを歌うことについて「『ゼクシィ』は、幸せいっぱいの、悲しいことがいっさいないイメージ。一人でも幸せになる女の子の後押しができればいいなと思います」と語り、レコーディングを終えての感想を「初めて楽曲を耳にした時は箭内さんの歌声で正直ちょっとだけ不思議な感覚はありました。でも、実際にメンバーが歌った作品を聴いてみて、『これは結婚ソングの定番になる!』と思えるほど素敵な作品になりました!」とコメントしている。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択