R-1優勝のハリウッドザコシショウが単独ライブ開催直前インタビュー(DVDプレゼント企画あり)

SPICER
ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)


今年(2016年)3月開催「R-1ぐらんぷり2016」で審査員たちから圧倒的支持を受け、見事優勝を果たしたピン芸人といえば、そう、ハリウッドザコシショウ(以下、ザコシ)である。古畑任三郎、木村拓哉、森進一、長渕剛らの誇張しすぎたものまね……これら、似てる似てないを超越したシュールなパフォーマンスは、過去のものまね芸人たちが長年築き上げてきた歴史をいっぺんに崩壊させた。ザコシの歩いた後にはもはや草も生えないとさえ言われるほどだ。……そんな彼のネタの源泉は、毎年欠かさずに行ってきた単独ライブにあるという。そして今年もその単独ライブが8月12日&13日に開催される。そこでSPICEは、いまなお快進撃を続けるザコシに会い、今日に至る彼の波乱の人生とこれからのことについて、たっぷりと話を聞いた。そこでわかったのは、ザコシがなにかにつけ「ハッハッハッハッハ」と高笑いをする男だったことだ。
 
「ハッハッハッハッハ」

「ハッハッハッハッハ」


--まず、ザコシさんが芸人になろうと思ったのはどうしてですか。

ザコシ そこから行っちゃいますか。そうですね……子供の頃、ビートたけしさんをテレビで見て、これはすげーなと。お笑いをすることで、これほどの絶対的なパワーを放てるのかと。それからですよ、自分もやろうと思ったのは。それで学生時代に勉強の意味で色々なバラエティ番組を一通り見ていました。深夜番組も見始めて、「11PM」(イレブン・ピーエム)でオナニーしてたんですけどね……ハッハッハッハッハ。で、オナニーの後に他の番組をザッピングしていたら竹中直人さんの「東京イエローページ」(※1989年~1990年、TBS深夜に放送)に遭遇して。これがすごい衝撃だったんですよ。ヨダレを垂らしながら白目を剥いて絶叫してたんですよね。びっくりして。言い方悪いけど、クレイジー。そこから竹中さんを夢中で追っかけるようになりました。

--ああ、そう言われてみると、現在のザコシさんに竹中直人さんの影響を感じとることはできますね。わかります。

ザコシ 僕は静岡の出身で、同級生とコンビを組んでやろうと決めてました。ウッチャンナンチャンさんの卒業した関東の学校(当時・横浜放送映画専門学院→現・日本映画大学)に行くか、ダウンタウンさんの卒業した関西の学校(吉本総合芸能学院、通称NSC)に行くか二択でした。相方が貧乏だったんで学費の安いほう(NSC)しか無理だということで大阪に行くことにしました。大阪に行ったことで、リットン調査団さん、バッファロー吾郎さん、スミス夫人さん……当時なだぎ武さんがやっていたコンビですが、そしてケンドーコバヤシや中川家たちと毎日一緒にいたから、今のような芸風が作られたのだと思います。もう一方のほうに行ってたら僕の芸風はきっとアンジャッシュみたいになってますよ……ハッハッハッハッハ。

--吉本興業に所属していた頃はG★MENS(ジーメンス ※1993年~2002年、静岡茶っぱと組んでいた)というコンビを組んでましたね。このあいだ当時の映像を改めて見たのですが、その時から既に「ハンマーカンマー」とかやられてて、おぉと思いました。

ザコシ ああ、やってましたね。

--現在のザコシさんの芸風というのは、その時からもう、ほぼ出来上がっていたのでしょうか。

ザコシ  いやいやいや、もう全然。現在とあの頃を比べたら、天と地ほど違います。心の準備が全然できてなかったんですよ。こうやって取材を受けたとしても、G★MENSの時の受け答えなんて地獄でした。何も気の利いたこと言えませんでしたから。ただ闇雲にボケりゃいい、というような気持ちでいたんです。フリートークのライブがあっても、何にも考えて行かなかった。今だったら何を喋ろうかと、あらかじめ考えておかないと恐くてしょうがないのにね。それを考えると僕もかなり成長したものですな……ハッハッハッハッハ。

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

--吉本をやめた理由を訊いてもいいですか?

ザコシ 当時僕らが出ていたのが心斎橋筋2丁目劇場。そのビルがボロボロになって建て直すことになり、baseよしもとに拠点を移すというので、2丁目のメンバーを一回ふるいにかけることになったんです。そしたら僕ら最下位になったんですよ。最下位は素人同然の扱いを受けるという。同じ素人同然から始めるんだったら、新たに東京に行ってやったほうがいいと思い、東京でオーディションを受けることにしたのです。一発で受かったのがワタナベエンターテインメントでした。そこに入ったら、いちおう知名度があったこともあり、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」のハイテンショングランプリに出演できたり、「本能のハイキック」という番組も決まって、のぼり調子になったんです。「これ、けっこう売れるんじゃないか」と相方とも話していました。しかし、半年経ったら全部無くなっちゃった。相方はそれでショックを受けて「もう、やめる」と言ってきた。介護士になったんです。それまでずっとヤバいギャグとかやって来たので、その罪滅ぼし的な感じで介護士になるって……ハッハッハッハッハ。

--ヤバいギャグ……。

ザコシ といっても、人を差別してバカにするみたいなことはやらないですよ。倫理的に嫌な気持ちにさせるとか、そういうのはやらないんです。僕らのは、うんことか、そういう……ハッハッハッハッハ。

--G★MENS解散後はどうしたんですか。

ザコシ 僕も事務所をやめて、武者修行的に色々なインディーズのライブに出たりしていました。知り合いの芸人から「ゆる~い感じの事務所ができたので、ザコシさん、どうですか」と言われ、「じゃあ、行ってみるわー」と。で、ゆる~いネタ見せをやって。まわりも、どこかで失敗した芸人ばかりで。こんなにゆる~い事務所があるんだと。それが、ソニー……という(正確にはソニー・ミュージック アーティスツ内のSMA NEET Project。現在の所属事務所)……ハッハッハッハッハ。そのゆるさは、ピンになりたての僕には居心地がよかったですね。そこでもし「おまえはダメだ」なんて言われたら、芸人やめちゃったかもしれないです。

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

--ピンになってから伊集院光さんが自身のラジオ番組でザコシさんを高く評価したことがありましたね。「心をとらえた」と。

ザコシ 僕と同じ事務所の芸人が伊集院さんの知り合いで、それで伊集院さんが事務所のライブを見に来てくれたんですね。僕も出ていて、古畑任三郎の「ハンマーカンマー」をやったんです。そしたら「これはすごい」となって。それをラジオで喋ってくれたんです。やはり伊集院さんはすごい方ですから。そのおかげで僕の調子もよくなって。

--ほどなくして「あらびき団」(※2007年~2011年、TBS深夜に放送。出演回数が多かったザコシは「キングオブあらびき」と評される)で評判をとるわけですね。マリオ漫談とかガンダム漫談とか。

ザコシ  「あらびき団」の時は、30秒くらいの尺でやるインパクト勝負だったから、出オチみたいなものでした。出た瞬間はウケるんですが、そのあと右肩下がりなんです。だから「あらびき団」が終わった後、居場所がなくなったというか。あの時の芸じゃ通用しないということを肌で感じまして、これはまずいと。それでいろいろ試行錯誤するうちに、ものまねのスタイルが単独ライブの中でウケたんです。今から3~4年くらい前ですかね。そこから今の芸風が出来上がった。もっとも、その元になってるのは、吉本時代にケンドーコバヤシとのユニットでやった「ものまね十番勝負」という企画なんですけどね。プロレスラーとかアニメとかプロ野球選手とか、マニアックなテーマを10決めて、交互にやりあうという。それが今から15年くらい前ですかね。

--ともあれ、最新のソロ芸風が確立したのは単独ライブにおいてだったんですね。単独ライブの存在は大きいですね。

ザコシ それは大きいですよ。ぶっちゃけ言って、僕は単独ライブのため以外にはネタ作ってませんから……ハッハッハッハッハ。単独ライブをやるっていう時に、いっきにギャーッて一年分作るんです。

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

--ネタのアイデアはどんな時に出てきますか?

ザコシ  うんこしてる時。……ハッハッハッハッハ。

--(笑)そのネタの集大成というべき恒例の単独ライブが、今年もいよいよ迫って来ましたね。

ザコシ 今年で8年目、8回目のSEASON⑧になります。会場はこれまでの、なかの芸能小劇場から座・高円寺2に移ります。キャパを拡げました。そして内容の異なる2DAYSで開催します。

--単独ライブの見どころは?

ザコシ 最近の僕はものまねで調子が良くなってきましたが、これは例年ライブでものまね何連発っていうのをやって来たことがベースになっています。だからお客様への恩返しの意味も込めて、今年はそれを多めにやりたいなと思ってるんです。いつものものまねネタの続編とかね。あとは映像も色々作りますから、楽しみにしていてほしいですね。とにかくライブならではのね、テレビではできないことばかりをやるんで。テレビと同じことをやっても、もうお客様は喜ばないですよ。お客様を裏切るようなことだけはしたくない。

--映像というのは?

ザコシ 僕は「ザコシの動画でポン!」 というyoutubeのチャンネルで毎日動画をアップしてるんです。ライブでは、その特別バージョンをお見せします。テレビはおろかWEBでも流して大丈夫なのかっていうヤバいものとかをね……あ、だからって、別にチンチン出すとか、そんなんじゃないですよ……ハッハッハッハッハ。なんかあるじゃないですか、時事ネタとかで、あ、これは攻めたなっていうやつをね……ハッハッハッハッハ。

--2DAYSはそれぞれ内容が違うそうですが、傾向の違いはあるのですか?

ザコシ ないです。こっちのほうが面白いとか、あっちのほうがメジャー感があるとか、そういうのは全くないので、どっちに来ていただいても等しく楽しめるようになってます。前売チケットには、付録というか、特典もついてるのでお得ですよ。特典用のCDとかDVDとかを自分で地道に家で作っているんです。ずっとやってきたから止めどころがわからなくて。今年仕事が忙しくなってきたからやめたいなとは思ったんですが、「調子に乗って」とか陰口を叩かれるからなぁ……ハッハッハッハッハ。

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

--そして、DVDが7月6日に発売されましたね。

ザコシ 単独ライブではものまねが30~50連発くらいですが、DVDのほうは100連発です。本編が98分、そして特典映像が130分という、なにせバランスの悪いDVDです。その特典映像がとても気に入ってて、「第4回 喚き-1グランプリ」というね、芸人が喚いて発狂するグランプリ。ネタのグランプリは沢山あるけれど、こういうグランプリは他に類をみない。で、今回DVD用に撮り下ろしとなりまして、豪華にやらせていただきました。あと、ゲロ喜利という、普通ではあり得ないような答えをだすひとり大喜利をいままでライブでやってきたんですけど、これのDVDヴァージョンというのも入れたりして、とにかく盛りだくさんで豪華な内容のDVDなんですよ。

--ザコシさんの過去のライブを見たことない人にもオススメですね。

ザコシ ハリウッドザコシショウのことを全く面白くないと感じる人には、すごく苦痛ですけどね……ハッハッハッハッハ。

--今年大きなブレイクを果たしたザコシさんの今後の展望は?

ザコシ 今はまだ一周目を回っている状態だと思うんですよ。そこをしっかりクリアしてからでないと二周目には入れないですね。でも、いずれは、たけしさんや竹中さんといった僕の尊敬してる方々の前でネタをやりたい、というのが夢ですね。見ていただいて、ボロクソに言っていただいても構わないです。それはそれで響きますから。

--最近ではR-1優勝のご褒美企画の冠番組で食レポや俳優もやりましたね。

ザコシ 俳優業は評判が良かったんで、これから拡げてやっていけたらいいんですけどね。頭のおかしい犯人役とか僕、向いてると思うんですよ。

--頭がおかしくない役でもいけると思います。

ザコシ あぁ、そうかもしれないですね。僕、よく見ると渡辺謙みたいな顔をしてるんです……ハッハッハッハッハ。

--琴恵光関にも似てますしね。あと、佐村河内守にも似てると思います。

ザコシ 本当ですか? すっげえのに似てるなぁ……ハッハッハッハッハ。

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)

ハリウッドザコシショウ (撮影:大野要介)


 
ハリウッドザコシショウ@SPICEの動画もご覧ください!


(取材・文:安藤光夫 撮影:大野要介)

公演情報
ハリウッドザコシショウのミニ単独ライブシリーズ
 
SEASON8-1 『悪臭ザコシの劇場版ゾンビばばあ』
■日時:2016年8月12日(金)19:00
■会場:座・高円寺2 (東京都)
■料金:全席自由 前売3000円(特典付、入場整理番号付) 

 
SEASON8-2 『迷宮ザコシの劇場版ポートピア連続糞もらし事件』
■日時:2016年8月13日(土)19:00
■会場:座・高円寺2 (東京都)

■料金:全席自由 前売3000円(特典付、入場整理番号付) 
 

 
 
ザコシさんより、サイン入りDVDを抽選で3名様にプレゼント!

ザコシさんより、サイン入りDVDを抽選で3名様にプレゼント!

7月6日(水)発売のDVD「ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ! 」(本人直筆サイン入り)を抽選で3名様にプレゼントいたします!

【応募方法】

1. SPICE【舞台情報】公式Twitterアカウント「
@spice_stage」 をフォローしてください(既にフォロー済の人はそのままで結構です)。
2. 当記事の下部のツイートボタンをクリックしてそのまま投稿。または、下記(紫字部分)の文章をそのままコピペして
ツイートして下さい。

R-1優勝のハリウッドザコシショウが単独ライブ開催直前インタビュー(DVDプレゼント企画あり)http://spice.eplus.jp/articles/69808 @spice_stage

【応募期間】

2016年8月5日(金)~8月10日(水)

【当落結果通知】

2016年8月11日(木)~8月12日(金)※当選者にのみTwitterのDMにてお知らせします。

【参加条件】

・TwitterでSPICE公式Twitterアカウント(@spice_stage)をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】

・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・当選者の方にはSPICE(@spice_stage)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ)にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、SPICE(@spice_stage)をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。


【注意事項】

※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選通知期間内にお返事がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、プレゼントの送付のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。

シェア / 保存先を選択