渋谷ヒカリエで期間限定プロジェクションマッピング


渋谷ヒカリエでは8月30日(日)まで、話題の夜景体験イベント「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」を開催中。

今年3月に大阪・あべのハルカス展望台で話題となった同イベントは、今回が東京初上陸で、「子どもの頃に見た未来都市」というテーマのもと、夜空を舞台に渋谷の街を幻想的に描き出す。

今回は、あべのハルカスで実施した花火や夜景の映像に加え、細田守監督新作の映画「バケモノの子」とコラボレーションした演出を実施。同作の舞台となる渋谷の夜景をベースに「バケモノの子」の舞台となる渋天街や、現在の渋谷、将来の再開発映像を収めた渋谷ならではの映像が楽しめる。

6日の先行試写会には、同イベントを手掛けたNAKED Inc.代表の村松亮太郎氏がゲストとして登場。「再開発が進む未来の渋谷の街をどのように映像として表現するかを工夫しました。ガラスの向こう側に映る渋谷の夜景や、映画『バケモノの子』の演出など、渋谷の街に関わるすべてをコラボレーションさせて完成しました。街全体をアートとしてとらえた、ここでしか見ることのできない渋谷の街と映像コンテンツが融合した体験をぜひお楽しみください」と映像の見どころについてコメント。

また、同じく試写会に登壇した東京急行電鉄株式会社 渋谷ヒカリエ運営課課長の宇留間範昭氏は「渋谷ヒカリエをリーディングプロジェクトとして2027年まで続く渋谷駅周辺の再開発は、渋谷の街の特徴を最大限に生かし、日本一訪れたい街の実現を目指しています。この『CITY LIGHT FANTASIA by NAKED』では、夜景や花火の映像とともに、“未来の渋谷”も映し出しています。渋谷の街の未来像を是非ご覧ください」と未来の渋谷への期待感を語った。

渋谷ヒカリエでの夜景体験イベントは1回あたり約5分間の上映で、鑑賞は無料。渋谷へのおでかけや、仕事帰りなどにふらりと立ち寄って、満天の夜空に癒されてみては?【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択