滝沢秀明が『AERA』表紙に登場 叶わない恋の受け止め方、後輩への思いなど「30代の仕事と恋愛」を語る

ニュース
2016.8.12

俳優・歌手の滝沢秀明が、8月16日に発売される雑誌『AERA』に登場する。

本誌では4ページにわたり、滝沢のカラーグラビアが展開され、「仕事と恋愛」についての彼の考え方が明かされている。「しっかり話を聞く。キャリアの長短や上下は関係ない」「女性は『前はこうしてくれたのに』と責めますよね。前が140%だったんです」など、彼の30代としての素顔が垣間見える内容となっている。

なお、滝沢の撮影を担当したのはフォトグラファーの蜷川実花。彼女が映し出した彼の表情にも注目だ。

 

【AERA 8月22日号の主な内容】
表紙の人・滝沢秀明 撮影・蜷川実花
特集① 先生が忙しすぎる
339人調査「本業以外で忙殺」/公立小の英語「アプリ」が先生 ほか
特集② 滝沢秀明が語る「仕事と恋愛」
ほかにも……
老後を生きるなら、地方移住より都会の団地/東京でアジアを食べる!/吹奏楽は甲子園の「もうひとつの主役」だ!/二人目が生めない/象徴天皇の「事業継承」プロジェクトが始まった/体操 悲願の団体金メダルに導いた”ひねり王子“白井

■Amazon商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/B01J7D3ZWU

シェア / 保存先を選択