ゲントウキ 10年ぶり新作にKIRINJI、江口寿史らから推薦コメント続々

SPICER
ゲントウキ『誕生日』

ゲントウキ『誕生日』

約10年ぶりとなるゲントウキのアルバム『誕生日』から、アルバム表題曲「誕生日」のミュージックビデオが公開された。

ピアノの旋律からはじまり、タイトなビート感が心地よく響くポップな一曲で、進化を遂げたゲントウキのサウンドを聴かせつつ、サビではゲントウキらしいコーラスワークをたっぷりと堪能できる。

この曲に関してゲントウキは以下のコメントを寄せている。
「誕生日は誕生日でも、ここで歌っているのは “0 歳の誕生日” 、リアル誕生日。新しい命が光を浴びた瞬間の歌です。この曲のモチーフは、東日本大震災後、混乱の時期に書きました。 僕も多くのミュージシャンたちと同じように、音楽の必要性を感じられなくなったり、音楽の力を信じられなくなり落ち込んだ時期がありました。 そこから復活し、また音楽を作り出そうとした時、選んだテーマが“新しい命”です。 混迷の時代に生まれた赤ちゃんたち。 どんな時も人の営みは続いていて、我々は新しい命に希望を託します。 自分自身の子供にもその想いを伝えたいという一心で書いた曲です。」

本日より、アルバムの特設サイトがオープン。サイトにはそれぞれの曲のセルフライナーと、アルバムのコンセプト等が、歌詞の内容と合わせて楽しめるようになっており、コンセプチュアルな今作アルバムの真の部分に触れることができる。

また、堀込高樹(KIRINJI)、江口寿史(漫画家)らによる推薦コメント第二弾も公開されており、ゲントウキの新作への期待度の高さをうかがわせる。


 

◆推薦コメント
<第一弾>

ゲントウキが帰って来た!
相変わらずの珠玉の曲達をピッカピカのサウンドに乗せて。
新旧ファンを問わず満足させる、音楽的野心に満ちたとっても痛快なアルバム。
(堀込泰行)


元気な始まりだな。お!気持ち上がってきたぞ。
ん?でも、微妙なとこをクスグってくるなぁ。
歳はいくつなの?少年みたいだし、成熟してるみたいだし。
美しいなぁ。どこまでも昇っていきそうだ。
聞きすぎた。でも、もう一回聞こうっと。
(小林建樹)
 

未来とか過去とか 新しいとか古いとか
楽しいとか悲しいとか 暑いとか寒いとか
満腹とか空腹とか 関係なく
ゲントウキは 常に今聴きたい音楽です。
僕、気付いちゃった♪
(デッカチャン)
 

まるで窓から差し込む眩しい光のような、乾いた喉を潤す瑞々しい炭酸水のような、ゲントウキは私にとって体の芯まで栄養をゆき渡らせてくれるビタミン剤。心地の良いサウンドに何となく耳を傾けているだけで、根拠のない嬉しさとワクワク感で全身が満たされます。最高ですゲントウキ!
(ヤマザキマリ)
 

『地球より早くなきゃ進まない日々』『Busy Busy Days』。新しいアルバムから、潤くんの多忙で充実した日々がうかがえる。ゲントウキは今、空港の出発ロビーにいて、薄く広がる雲を上から眺められる場所に僕らを誘っている。少しだけ地球から離れた、気持ちの良い場所へ。
(HARCO)
 

この度は10年ぶりのアルバム完成おめでとうございます。
イントロの瞬間から新たな決意と自由を感じました。
「田中潤」としてのプロデューサーや作曲家、アレンジャーでの経験が「ゲントウキ」と深く結びつき、新しい筆使いで、しがらみの無いキャンバスに目一杯、伸び伸びと偽りの無い気持ちを描く。そんな作品達に喜びと爽快感を感じます。また自身の事、親と子の関係、家族知人の事、リアルな日々の生活からも、人として本当に大切な事は何なのかを身をもって感じ作られたであろう作品は、彼の生き写しなのでしょう。
ゲントウキの曲には昔から感じるのですが、アレンジやコードワークは物凄く複雑なのに、なんでこんなにキャッチーでストレートに響くのだろう。その秘訣を是非教えていただきたい。
(伊藤俊吾(キンモクセイ))


待ちに待ったゲントウキのニューアルバムをこの夏に聴ける幸せ。技巧を凝らしまくった音作りに、時代や体験がにじみ出た、以前より内省的な歌詞……とくればふつうは暗く人を拒絶した音楽になりそうなのに、どの曲もポップで心やさしい。通しで聴いて最後の「素敵な、あの人。(Acoustic.Ver)」では泣きそうになりました。
(とり•みき)
 

<第二弾>
旧友からのふいに届いた手紙のようなゲントウキ10年ぶりのアルバム。
激動と混迷の年月の進化と深化に満たされた曲たちが、祈りのように世界に染み込む。その全てが笑顔で包まれていることが嬉しい。POPであることが何より嬉しいのだ。
おかえり。ゲントウキ。
江口寿史(漫画家)


変わらない洗練とユーモア、格段にポップで逞しくなったサウンド、
でもやっぱりその中心になっているのは田中くんの真摯な姿勢。
それにしてもベースも上手だね。困ります!
千ヶ崎学(ベーシスト/ KIRINJI)


ニューアルバムの完成、おめでとうございます!
何度も繰り返しているうちに、これはとっても密度の高い、田中さんの日々の積み重ねや研究結果の結晶を見ているようです。
お洒落だー!
コトリンゴ(音楽家/ KIRINJI)


ゲントウキが生まれ変わった!と、言ってもいいでしょうか?変わることによって失うものもあるけど得るものもある。田中くんはこのアルバムでとても大きなものを手にしたと思います。なんて、上からっぽい言い方でゴメン。その大きなものとは一体何か、皆さんがご自身の耳で聴いて確かめて下さいね。
堀込高樹(KIRINJI)

 

リリース情報
アルバム『誕生日』
2016年9月21日(水)発売
VICL-64642 ¥2593(税抜)
<収録曲>
1.誕生日
2.5万年サバイバー
3.カモメの気持ち
4.Bye Bye
5.愛の砂漠
6.ソフトクリームとスカートの記念日
7.アルゴリズム
8.Busy Days
〜Bonus・Track〜
9.素敵な、あの人。(Acoustic Ver.)

 

ライブ情報
ゲントウキ New Album『誕生日』リリースツアー
10月14日(金) @東京・青山月見ル君想フ
open:19:00  start:19:30 
前売り¥3,500  当日¥4,000 (+1Drink)

11月7日(月) @大阪 心斎橋Music Club JANUS
open: 19:00  start :19:30 
前売り¥3,500  当日¥4,000 (+1Drink)
 
シェア / 保存先を選択