漫画家・文善やよひ氏のイラスト展でネーム&下書き&完成原稿の3つが公開に

ニュース
アニメ/ゲーム
アート
2016.9.14

画像を全て表示(2件)

 2016年9月25日(日)より東京都千代田区飯田橋のspace TORICOにて、漫画家・ 文善やよひ氏のイラスト展『66.6―文善やよひ展―』が開催されることがわかった。 

本展は、文善やよひ氏の人気作『鴆-ジェン-』の最終話(42p)にくわえ、 最新コミックス『極夜』(9月27日発売・プランタン出版刊)に収録される『鴆-ジェン-』の番外編『月夜にふたり(4p)』と『はじめての看病編(12p)]』が先行公開という形で用意され、 これらのネーム&下書き&完成原稿の3つを並列に展示するという試みに出ている。 174枚にものぼる大展示が入場無料で閲覧できるとあって、 開催期間中の5日間は場内が文善やよひワールド一色に染まりそうだ。 

9月28(水)には、 同会場で文善やよひ氏のサイン会+トークショーのイベント開催が決定しており、9月19日(月)12:00よりチケットが販売開始されることもアナウンスされている。※チケットの購入方法は、公式Twitterより追って発表。

また、チケット販売を行うホーリンラブブックスでは、イベント分とは別ですでに『極夜』の通常予約が開始されており、描き下ろしマンガ収録の4pリーフレットが限定特典となっている。

展示情報
『66.6―文善やよひ展―』

■開催期間:2016年9月25日(日)~29日(木)
■時間:OPEN 11:00 / CLOSE 19:00
※トークショー+サイン会イベントが開催される28日の一般入場は16:00まで
※最終日(29日)のみ17:00まで
■会場:space TORICO (株式会社TORICO 1Fイベントスペース)
東京都千代田区飯田橋2-3-6 
 
■入場料:無料
■来場者全員特典:描き下ろしペーパー
■展示内容(予定)
・『鴆』の最終話のネーム&下書き&完成原稿
・『極夜』に収録される『鴆』の番外編『月夜にふたり(4p)』と『はじめての看病編(12p)』を先行公開 ※アンソロジーに掲載済
・文善やよひ氏が実際に使用しているペンやネーム帳といった私物 etc...
■物販
・当たり付缶バッジガチャ 全10種 1回300円(税込)
※会場販売に関する詳細は随時発表
 
■主催
株式会社TORICO(漫画全巻ドットコム/ホーリンラブブックス)
■協力
プランタン出版(Canna)

<お花などの贈り物に関しまして>
フラワースタンドやお花の贈り物、 先生へのプレゼントに関しましては、 当日会場での受付は可能でございます。 ただし、 お花などは、 会場の設営状況によっては陳列できない可能性もございます。 その点はご了承ください。 また、 ご来場時ではなく事前にご送付いただく場合には、 イベント開催期間中かイベント開催前日の9/24土曜夜間(18:00-23:00)のお時間帯にて、 会場の住所(〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目3−6)まで直接ご送付くださいますようお願いいたします。 

トークショー+サイン会

■開催日:2016年9月28日(水) OPEN18:30 START 19:00~CLOSE 21:30
■チケット料金:3,000円(「極夜」サイン本+会場限定おみやげ付き
■チケット購入方法、イベントに関する最新情報は下記twitterアカウントにて告知いたします。 
マンガ展 @manga10_torico
ホーリンラブブックス @horinlovebooks
漫画全巻ドットコム @mangazenkan

 

シェア / 保存先を選択