高橋みなみ ファーストソロアルバムのジャケット写真は“自然体”

SPICER

高橋みなみが、10月12日にリリースするファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』のジャケット写真が公開された。

初回限定盤と通常盤の2種とも、25歳の大人の女性としての等身大の表情が切り取られた、印象的なジャケットとなっている。

また、収録楽曲も正式に決定した。プロデューサーである秋元康氏の、「高橋みなみとつながりのあるアーティスト、本人の才能をより引き出していただけるアーティストに楽曲を提供していただく」というコンセプトのもと制作が進められ、アルバムには全11曲+ボーナストラック計12曲が収録される。本アルバムは、アイドルの枠を飛び越え、シンガー、アーティストとして新たなステージに向かう高橋みなみを感じさせるバラエティに富んだ楽曲が詰まった作品となっている。

リリース情報
1st ソロアルバム『愛してもいいですか?』
2016 年 10 月 12 日発売

<初回限定盤> (CD+DVD) UPCH-29224 ¥3,800(税抜)+tax
初回限定盤

初回限定盤

<通常盤> (CD) UPCH-20425 ¥3,000(税抜)+tax
通常盤

通常盤

【楽曲情報】
豪華作家陣は、3 月 27 日の横浜スタジアムで発表された、元プリンセス プリンセスの岸谷香、音楽番組『新堂本兄弟』で強い絆がある槇原敬之と高見沢俊彦の 3 名に加えて、高橋と交流のある OKAMOTO'S、HY、ヒャダインこと前山田健一。そして、テレビ番組で共演しつながりが生まれた、玉置浩二、真島昌利。さらに、高橋みなみが敬愛する中森明菜の楽曲を数々手がけた、来生えつこ、来生たかお、また、90 年代に女性ロックシンガーとして人気を集めた榊いずみ(橘いずみ)が参加。また、海外から、カーリー・レイ・ジェプセン、ビリー・スタインバーグ、ジョシュア・アレキサンダーからも共作で楽曲提供が実現。まさに、これ以上にないメンツが集結し、高橋の新たな出発を華やかに彩っている。

 

シェア / 保存先を選択