TAKUMAもキヨサクも参加! 音楽にボーダー無しを証明したハブ的存在・東京スカパラダイスオーケストラの存在感

レポート
2016.9.24
東京スカパラダイスオーケストラ

東京スカパラダイスオーケストラ

画像を全て表示(5件)

山人音楽祭2016 【赤城ステージ】 東京スカパラダイスオーケストラ

アリーナはパツパツ状態で、スタンドから楽しむオーディエンスも多数な中、今回の『山人音楽祭』一番のベテラン、東京スカパラダイスオーケストラが揃いの白いスーツで登場した。圧倒的に華が違う。加藤隆志(Gt)ですら40代、他のメンバーはほぼアラフィフという彼らのこの華は、パンクキッズたちもちょっと見習った方がいいんじゃないか?と大きなお世話も焼きたくなる。出演の経緯は加藤が『山人』のコメントで、札幌の対バンでG-FREAK FACTORYと親交を深めたことから、と言っていたが、この日のラインナップからして、音楽的なハブといえばスカパラなのだ。

東京スカパラダイスオーケストラ / TAKUMA(10-FEET)

東京スカパラダイスオーケストラ / TAKUMA(10-FEET)

東京スカパラダイスオーケストラ / TAKUMA(10-FEET)

東京スカパラダイスオーケストラ / TAKUMA(10-FEET)

ハードボイルドに「ゴッドファーザーのテーマ」で決め、谷中敦(バリトンサックス)がセンターに進み出るやジャケットを脱ぎ床に叩きつけ、オーディエンスを煽る「DOWN BEAT STOMP」で、一斉に手も足も上がり始める。暖まってきたフロアに向かって谷中が満面の笑みで「今日、ここに来るの楽しみでした。G-FREAK FACTORYの最強の仲間になることができたから。仲間になったからには勝たなくちゃ」と闘志を燃やす。いつだって彼らは本気だ。そこでコラボが得意なスカパラは、早くも最強の武器を出しますよと言わんばかりに「出演前なのに呼びます」というMC。スタージ下からは10-FEETのTAKUMAが「谷中さ~ん、引っ張りあげてください~」と、明らかに高すぎるステージを想定内として確信犯的に登場。歌ものコラボ曲の中でも両者の少年性が光る、泣ける名曲「閃光」の生披露だ。中間部ではラップ調の展開もあり、スカパラも生音ヒップホップ・バンドの様相を呈して、プレイヤーとしての幅を見せてくれた。

東京スカパラダイスオーケストラ / キヨサク(MONGOL800)

東京スカパラダイスオーケストラ / キヨサク(MONGOL800)

そしてさらに歌ものコラボといえば……この日はもう一人いるじゃないか。MONGOL800からキヨサクが参加して、その包容力溢れる美声で「流れゆく世界の中で」をスケールの大きな演奏でじっくり心に沁み込ませていく。こんな展開、今年の『山人』ならではじゃないだろうか。

歌ものといえばKEMURIの伊藤ふみおが歌う「Pride of Lions」を、加藤と谷中のヴォーカルで聴かせたのも、この日のオーディエンスには嬉しい選曲だったのでは。年がら年中、国内外をツアーで駆け巡る”生きるノー・ボーダー”スカパラがこの日のラストに鳴らしたのも、まさにそのメッセージを込めた「Paradise Has No Border」だった。
 

レポート・文=石角友香 撮影=HayachiN

東京スカパラダイスオーケストラ

東京スカパラダイスオーケストラ

 
セットリスト
山人音楽祭2016 【赤城ステージ】 東京スカパラダイスオーケストラ
1. ゴッドファーザーのテーマ
2. DOWN BEAT STOMP
3. 閃光
4. 流れゆく世界の中で
5. SKA ME CRAZY
6. Pride of Lions
7. Paradise Has No Border

 

シェア / 保存先を選択