手塚治虫の肉声で紐解く人物像、ラジオ特番に細野晴臣、コムアイら

ニュース
2016.10.2

ラジオ番組『手塚治虫 自身が語ったルーツと音楽』が、11月3日にNHK-FMで放送される。

今年でデビュー70周年を迎える手塚治虫。約3時間にわたって放送される同番組では、NHKに残っている手塚の出演番組から「マンガ」「音楽」「SF」の3つのテーマに沿って手塚の肉声を紹介する。さらに関係者の証言も交え、手塚の創作の秘密や音楽との関わり、人物像などに迫る。

またゲストとして、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、手塚治虫の娘・手塚るみ子、難波弘之、二階堂黎人、樋口康雄、細野晴臣が出演。MCを濱田高志、菊池亜希子が務める。番組中盤には、手塚が総監督を務めた長編アニメーション作品『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』の主題曲を制作当時17歳で演奏したバイオリニストの千住真理子が登場し、同曲の演奏を披露する。

番組情報

『手塚治虫 自身が語ったルーツと音楽』

2016年11月3日(木・祝)21:00~22:45、23:00~24:00にNHK-FMで放送

MC:
濱田高志
菊池亜希子
ゲスト:
コムアイ(水曜日のカンパネラ)
手塚るみ子
難波弘之
二階堂黎人
樋口康雄
細野晴臣
ライブ:
千住真理子
山洞智

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択