謎の死を遂げた女性戦争写真家の“もうひとつの姿” イザベル・ユペール、ジェシー・アイゼンバーグほか出演映画『母の残像』予告

SPICER
 © MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved

© MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された映画『母の残像』が、11月26日(土)より公開されることが決定した。

『母の残像』は、長編デビュー作『リプライズ』でノルウェーアカデミー賞にあたるアマンダ賞にて3部門を受賞し、続く『オスロ、8月31日』がカンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたヨアキム・トリアー監督の新作。『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を務め、ジェシー・アイゼンバーグ、ガブリエル・バーン、イザベル・ユペール、デヴィッド・ストラザーンら国を越えたキャストが集結している。 
 


同作では、戦争写真家であるイザベル・リード(イザベル・ユペール)が謎の死を遂げ、夫ジーン(ガブリエル・バーン)と二人の息子、ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)とコンラッド(デヴィン・ドルイド)が彼女の”もうひとつの姿”を知ったことで、繰り広げられるドラマが描かれる。ラース・フォン・トリアー監督の甥でもあるヨアキム監督の手腕が光る予告編となっている。

映画『母の残像』は11月26日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、12月テアトル梅田、シネ・リーブル神戸他全国順次ロードショー。

作品情報
映画『母の残像』

原題:LOUDER THAN BOMBS
(2015年/ノルウェー・フランス・デンマーク・アメリカ/英語/109分/カラー/ビスタ)
監督:ヨアキム・トリアー『オスロ、8月31日』 
脚本:エスキル・フォクト、ヨアキム・トリアー 
出演:ガブリエル・バーン『ユージュアル・サスペクツ』、ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』、 イザベル・ユペール『8人の女たち』、デヴィン・ドルイド、デヴィッド・ストラザーン『グッドナイト&グッドラック』
© MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS - ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved

 

シェア / 保存先を選択