CIVILIAN、改名後初のワンマンツアー・東京公演で重大発表を連発 ナノウ名義の「3331」も披露

SPICER+
CIVILIAN

CIVILIAN

画像を全て表示(7件)

CIVILIANが、7月にバンド名を変えて以来初となるワンマンライブツアー『Hello, civilians』の東京公演を渋谷WWW Xで開催した。

会場は多くのファンで埋め尽くされ、入場が困難になるほど大盛況の中スタート。ライブ中、コヤマヒデカズ(Vo/Gt)は「いろんな自分が点在していたけど、バンドとしてやりたいこと、今までやってきったことを一つにしたくて、改名しました。いい音楽はそのままやっていきたいし、これは俺たちのひとつの意思表示として受け取ってくれたらと思います」と語るなど、バンドの強い意志をそのまま表現するかのようなライブが展開されていく。

この日は、先日行われた大阪公演に続き、11月23日に発売するメジャーデビューシングルのタイトル曲である「愛/憎」(読み方:アイトゾウ)など全15曲を披露。とりわけ、コヤマヒデカズのボカロPとしての別プロジェクト・ナノウ名義でニコニコ動画に投稿され、先月9月にミリオン再生を突破したばかりの楽曲「3331」が披露されると、大きく会場が沸いていた。

また、前述の「愛/憎」が、テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』11月度エンディングテーマに決定した事もメンバーから発表された。すでに同曲は、読売テレビ制作・日本テレビ系ドラマ『黒い十人の女』の主題歌としても放映されており、これでダブルタイアップ楽曲ということになる。

さらには「愛/憎」をテーマとしたコンセプト・ワンマンライブ『CIVILIAN ONE MAN LIVE 2016  “Ai to Zou”』が12月16日に開催される事も告知されたほか、シングルの初回生産限定盤に収録されるDVDに、8月2日に行われたワンマンライブ『Lyu:Lyu INCIDENT619 vol.10"Lyu:Lyu → CIVILIAN』で演奏された楽曲のうち、「Bake no kawa」「爽やかな逃走」「自室内復讐論」の3曲のライブビデオが収録されることも判明。集まったファンも、今後の活動に更なる期待を持てる発表の連続に大いに盛り上がり、CIVILIANにとって大きな一歩となるライブとなった。

リリース情報
メジャー・デビューシングル「愛/憎」(読み方:アイトゾウ)
2016年11月23日発売
初回盤(SRCL-9240〜1):CD+DVD ¥1,800(税込) www.amazon.co.jp/dp/B01LWJ0C5O
通常盤(SRCL-9242):CDのみ ¥1,200(税込)www.amazon.co.jp/dp/B01LXTWCRO
 
CD収録楽曲(初回盤/通常盤共通)
1.愛/憎
※9/29(木)23:59〜放送開始ドラマ「黒い十人の女」主題歌(読テレ制作/日テレ系)
&テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」11月度エンディングテーマ(11/6(日)9:30〜)
2.LOVE/HATE/DRAMA
※愛/憎プロトタイプ
3.3331
※ニコニコ動画でのミリオン再生を記録した”ナノウ”のボカロ曲
 
DVD収録内容(初回生産限定盤のみ)
2016.08.02(Tue.)『Lyu:Lyu INCIDENT619 vol.10"Lyu:Lyu → CIVILIAN』より、
・Bake no kawa
・爽やかな逃走
・自室内復讐論
のライブ映像を収録

 

ライブ情報
CIVILIAN ONE MAN LIVE 2016  “Ai to Zou”
日程 : 12月16日(金) 
会場 : 東京 下北沢GARDEN

【最速先行抽選受付】
受付期間:
10月13日(木)21:00〜10月17日(月)23:59
 
シェア / 保存先を選択