今週末は鈴鹿決戦!スーパーフォーミュラ最終戦開催

ニュース
2016.10.26


10月29日(土)と30日(日)の2日間、三重県・鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」が開催される。

全7戦で行われる今年のスーパーフォーミュラもいよいよ最終戦。例年最終戦まで熱戦が繰り広げられる同シリーズであるが、今季はタイトル争いが大混戦! ここまで6大会7レースを終えた時点で、複数回勝利を挙げているのは現在ランキングトップの関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)のみ。ランキング上位6名が9ポイント差にひしめいての最終戦を迎える。

シーズン最終戦となる今大会は2レース制で行われ、各レース毎に与えられるポイントは通常の半分となるが、特別ボーナスとして、各レースの勝者には通常ポイントに加え3ポイントが与えられる。ポールポジションの1ポイントを加えれば、今大会は最大18ポイントを獲得出来る。

計算上、最大の18ポイントを獲得することでタイトルの可能性を残すのは、なんと12名!まさに誰がチャンピオンを獲得してもおかしくない状況なのだ。

関口は、ルーキーイヤーとは思えない存在感で、前戦SUGOで圧倒的な強さを見せて今季2勝目を飾りランキング首位に浮上。これを4.5ポイント差で追うのが、第5戦第2レースで悲願のシリーズ戦初勝利を挙げた国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)。ここまで1勝、2位2回と安定した速さを見せている。そして、今季序盤苦しみ、未だ勝利がないものの着実にポイントを稼ぎ、ランキング3、4位につけるのがアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM'S)と中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)のトムス元チャンピオンコンビだ。

この4人を、ディフェンディングチャンピオンの石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が僅差で追う。

このまま関口が逃げ切るのか? 国本が逆転するのか? それともチャンピオン達が阻止するのか? 今週末の鈴鹿決戦は見逃せない!【関西ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択