実写版『攻殻機動隊』イベントでスカーレット・ヨハンソンらが来日 ビートたけしらと『GHOST IN THE SHELL(原題)』を始動

ニュース
動画
2016.10.27

攻殻機動隊』の実写映画化作『Ghost in the Shell(原題)』の世界公開を記念したエクスクルーシブ・イベントが11月13日に都内で開催されることが決定。同イベントに登壇するため、主演のスカーレット・ヨハンソンとルパート・サンダース監督が来日することがわかたった。

士郎正宗原作の漫画『攻殻機動隊』は1991年に誕生。近未来を舞台に、内務省直属の公安警察組織・通称「攻殻機動隊」の活躍を独自の世界観で描いた同作は、日本のカルチャーシーンに大きな衝撃を与えた。その後、押井守監督による劇場版アニメが発表されると、『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟など多くの映像作家・監督にも影響を与えることに。また、押井監督のシリーズ2作目となる映画『イノセンス』は日本のアニメ作品として初のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映されるなど、同シリーズは現在も世界中で高い人気を誇る作品である。
 

 

同作主演のスカーレット・ヨハンソンは、『GHOST IN THE SHELL(原題)』エクスクルーシブ・イベントで、『ロスト・イン・トランスレーション』公開の2002年以来となる14年振りの来日を果たす。また、監督を務めるサンダース監督もイベントに登壇するほか、荒巻大輔役で日本人として同作に出演するビートたけしら特別ゲストもイベントに参戦するとのこと。

 同イベントは、現在100組200名の参加者を募集中。参加を希望する方は、下記サイトから応募しよう。
https://ssl.eiga.ne.jp/GITS/form/ 

映画『GHOST IN THE SHELL(原題)』は2017年世界公開。

イベント情報
『GHOST IN THE SHELL(原題)』 エクスクルーシブ・イベント
会場:都内某所
登壇者:スカーレット・ヨハンソン /、ルパート・サンダース監督、ビートたけしほか※予定
応募方法:https://ssl.eiga.ne.jp/GITS/form/ から応募(100組200名限定)

 

シェア / 保存先を選択