マルグリット・デュラス特集のオールナイト、監督作など3作を一挙上映

 ©1959 ARGOS FILMS

©1959 ARGOS FILMS

オールナイト上映『没後20年:マルグリット・デュラス、夜を越えて』が、11月19日に東京・高田馬場の早稲田松竹で開催される。

1914年にベトナムで生まれ、フランスで活動した文学者・映画作家のマルグリット・デュラス。1996年に死去するまで、『愛人/ラマン』『ロル・V・シュタインの歓喜』など多数の小説を発表したほか、映画監督としても『インディア・ソング』をはじめとする作品を制作した。

デュラスの没後20年を記念した同イベントでは、自作小説をもとにした監督作品『インディア・ソング』『マルグリット・デュラスのアガタ』、デュラスが原作と脚本を手掛け、アラン・レネが監督を務めた『二十四時間の情事』の3作品を35ミリフィルムで一挙上映する。

チケットは現在販売中。詳細は早稲田松竹のオフィシャルサイトを確認しよう。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択