演歌歌手の野村未奈 “野村美菜”に改名「 故郷の歌を歌うにあたり、心機一転原点にかえる」

ニュース
2016.11.14
野村未奈

野村未奈

演歌歌手の野村未奈が11月11日、江東区文化センターで開催したコンサートの中で、ニューシングル「北上川」(2017年1月11日発売)のリリースと、このタイミングで芸名を“野村美菜”に改名することを発表した。

オープニングではNHK大河ドラマ『真田丸』のオープニングテーマに乗って、迫りから袴姿で登場。歌唱と共に日本舞踊を披露すると会場には歓声が沸いた。

その後、突如、木遣り(きやり)を歌う男性がステージに現れ、ステージに男らしい伝統的な労働歌が響く。現代では非日常的となった歌声の中、野村はドレス姿でステージに再登場。細かい演出が観客を飽きさせないまま、デビュー作「出航五分前」、ヒット作「夢のバスガール」を立て続けに歌唱。その後は数年前から始めたギター手に弾き語りで「勝手にしやがれ」のカバーを披露した。

その後、野村から「発表があります!」という声が発せられると観客は期待半分、不安半分といった雰囲気のなか、ニューシングル「北上川」の発売決定と、この新曲の発売を以て芸名を“野村美菜”に改名することが発表された。

新曲と改名について野村は、「「北上川」は岩手県、そして私の故郷・宮城県を流れる東北一の大河・北上川を舞台にした楽曲です。2011年に発生した東日本大震災では、私の故郷宮城県が大きな被害を受けました。私自身、震災後より復興支援で被災地を訪れている中で、“もっと歌を通して故郷のために役に立ちたい”と強く思うようになりました。そのような中、来年1月11日リリースの「北上川」が完成しました。 故郷の歌を歌うにあたり、心機一転原点にかえるという理由で改名をすることになりました」とコメントした。

なお、2017年1月11日までは、従来の野村未奈で活動する。

シェア / 保存先を選択