中川大志&飯豊まりえの「胸キュン」オフショットや安田顕&三浦理恵子との微笑ましい写真も 映画『きょうのキラ君』撮影風景を一挙公開

SPICER
左から、中川太志、飯豊まりえ

左から、中川太志、飯豊まりえ

画像を全て表示(7件)

2017年2月25日公開の映画『きょうのキラ君』から、中川大志飯豊まりえの現場でのようすをとらえたメイキング写真が公開された。

『きょうのキラ君』は別冊フレンドで連載され、累計発行部数150万部を突破したみきもと凜原作の同名少女漫画を実写映画化した作品。他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノンと、ある秘密を抱えるクラスの人気者“キラ”こと吉良ゆいじの恋を描く物語。主人公・キラを映画『四月は君の嘘』などで知られる中川が、ヒロインのニノを『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』やドラマ『好きな人がいること』(CX)出演の飯豊がそれぞれ演じる。メガホンをとるのは、監督は『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『海月姫』の川村泰祐監督。

 

左から、飯豊まりえ、平祐奈、中川太志、葉山奨之

左から、飯豊まりえ、平祐奈、中川太志、葉山奨之

左から、平祐奈、飯豊まりえ

左から、平祐奈、飯豊まりえ


公開されたのは、中川、飯豊だけでなく、二人のクラスメイト・矢部役の葉山奨之、キラの幼馴染・澪役の平祐奈の撮影の合間のオフショットやクランクアップ時をとらえた全6枚の写真。撮影は今年の2月に行われたが、冬の屋外撮影でも飯豊らが寒さに負けず笑顔で過ごしていたことがわかる。四人揃っての楽しげな集合写真からは、キャスト同士の仲の良さがわかるのではないだろうか。また、原作にも登場するニノの大事な相棒“インコ先生”と飯豊が移った一枚も。本編でインコ先生がどのように映像化されるのか、原作ファンならば気になるところ。ニノの父親役、母親役を演じる安田顕三浦理恵子との、ほほえましい写真にも注目だ。

 

インコ先生と飯豊まりえ

インコ先生と飯豊まりえ

左から、葉山奨之、中川大志

左から、葉山奨之、中川大志

上段左から、三浦理恵子、飯豊まりえ、安田顕

上段左から、三浦理恵子、飯豊まりえ、安田顕

 

飯豊は「胸キュンなシーンが幾つかあるのですが、中川さんとお互いに『ああしよう、こうしよう』話し合いながら撮影に臨みました」と、撮影時についてコメント。一方の中川も「ニノ役を飯豊さんが演じる事を聞いて、すごく楽しみでした。実際に、飯豊さんが真っすぐで一生懸命なニノを演じていて素敵な女の子だなと感じました」と絶賛するなど、「胸キュン」な撮影を振り返っている。
 

映画『きょうのキラ君』は2017年2月25日(土)全国ロードショー。

作品情報

映画『きょうのキラ君』
 

(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会 (C)みきもと凜/講談社

(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会 (C)みきもと凜/講談社

 

出演:中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈
監督:川村泰祐
原作:みきもと凜「近キョリ恋愛」 「午前0時、キスしに来てよ」
配給:ショウゲート
(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会 (C)みきもと凜/講談社
公式サイト:http://kirakun.jp/

シェア / 保存先を選択