『ファンタビ』キャスト陣が信じられないほどの神対応!ファンイベントで400人を沸かす

ニュース
2016.11.23


『ハリー・ポッター』シリーズの新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)のスペシャルファンナイトイベントが、11月22日、表参道ヒルズスペースオーで開催。熱狂的なファン約400人が駆けつけたこのイベントは、キャストとのQ&Aに加え、キャストからのプレゼントが贈られるなど、ファンにとってたまらないひと時となった。

登壇したのは、主人公ニュート役のエディ・レッドメインを始め、クイニー役のアリソン・スドル、ジェイコブ役のダン・フォグラー、監督のデヴィッド・イェーツ、プロデューサーを務めたデイヴィッド・ヘイマンの5名。

ステージに姿を現したレッドメインは、コスプレをしたファンを見つけると「ハッフルパフ、グリフィンドール…いろんな格好をした人がいて、とても嬉しいです。世界でも日本の『ハリー・ポッター』ファンは有名なんですよ」と言葉を送った。

Q&Aのコーナーでは、ファンからレッドメインに「子どもに1つ魔法をかけるとしたら?」という質問が。これに対してレッドメインは「僕には『子どもを守りたい』という気持ちがあるんだ。だから子どもを守ってくれるようなような魔法がいいな。でも、現実には夜泣きに悩まされているから、一晩だけでもちゃんと寝てくれる魔法をかけるかも(笑)。2つになっちゃったけどいいかい?」と茶目っ気たっぷりに回答した。

さらに、イベント中にはキャスト陣からプレゼントの抽選タイムも設けられた。レッドメインからは、なんと劇中のキーアイテムであるトランクのプレゼントが!さらに、このトランクにキャスト全員のサインがその場で書き込まれるなど、サービス精神の神対応に、抽選で選ばれたファンは大感激の様子だった。

最後にレッドメインは「(原作者の)J・K・ローリングが『日本は素晴らしい』と言っていた通り、本当にみんなの愛を感じます。ハートを込めて作ったこの映画が、みんなのハートに届いて、みんなが愛してくれることを願っています!」とファンへの感謝の思いを口にした。【取材・文/トライワークス】
 

MovieWalker
シェア / 保存先を選択