柴田智子(ソプラノ) アメリカ音楽の魅力とNYの雰囲気をたっぷりと

インタビュー
2016.12.5
柴田智子

柴田智子


 ニューヨーク在住の経験も長く、アメリカ音楽の魅力を伝える第一人者であり、クラシカル・クロスオーバーの草分けとしても知られる練達のソプラノ、柴田智子。昨年、ブロードウェイ版「冬の旅」とも呼ばれるモーリー・イーストンの知られざる歌曲集「December Songs」をとりあげ、話題を集めたアメリカンシアターシリーズの第2弾が12月に開催される。今年のテーマは「NY(ニューヨーク),ジョージ・ガーシュインなクリスマス」だ。

「最近何かと暗いニュースが多いので、明るくてワクワクするようなプログラムにしたいと思いました。ガーシュインの曲はスタンダード・ナンバーとして不動の人気を誇っていますが、クラシックの声楽家が挑戦すると得てしてノリが悪く中途半端なものになってしまいがちです。今回はクラシックならではの編曲で、ジャズのアドリブとも違う、楽譜にのっとった上で崩すようなアプローチでゴージャスに歌い上げるのがねらいです。昨年と同様にピアノの内門卓也さんがオーケストラ伴奏を参考に、とてもインティメイトなアレンジに仕上げてくれました」

 第1部は、ピアノ連弾による「ラプソディー・イン・ブルー」で華やかに幕を開け、有名な「アイ・ガット・ア・リズム」や「エンブラシーブル・ユー」などから通好みの「ラヴ・ウォークト・イン」まで、名ナンバーが綺羅星のように並ぶ。

「原語の持つ響きやリズムにこだわりつつ、歌詞の内容も味わって欲しいから字幕を用意。スクリーンでは映像も流し、まるでNYにいるような雰囲気を楽しんでいただけるはずです」

 第1部の目玉はオペラ《ポーギーとベス》の聴きどころを集めたハイライト。ここでは今年、大竹しのぶ主演の舞台『ピアフ』のイヴ・モンタン役で注目を浴び、劇団四季『ウェストサイド物語』全国公演のトニー役にも抜擢された気鋭の若手テノール、大田翔がゲスト出演する。

「オペラ界期待の新進歌手であり、幅広い分野で活躍中の大田さんのような若い才能との化学反応がとても楽しみです。今回、対照的な2人のキャラクターを巧みに歌い分ける彼にご期待下さい」

 第2部では新旧クリスマス・ソングの名曲たちを披露。オープニングには今年のトニー賞を制し、現在もチケット入手が困難な空前のヒット上演を続けているヒップホップ・ミュージカル『ハミルトン』からのナンバーも用意されている。

「今でも年に数回は渡米して、たくさんのミュージカルをブロードウェイで観ています。ミュージカルの伝統がガーシュインの時代から21世紀最先端の作品にも受け継がれていることを若い世代にも知って貰えたら嬉しいですね。会場で皆さんをお待ちしています」

取材・文:東端哲也
(ぶらあぼ 2016年12月号から)


柴田智子プロデュース アメリカンシアターシリーズ Vol.2
NY(ニューヨーク),ジョージ・ガーシュインなクリスマス

12/18(日)15:00 Hakuju Hall
問合せ:TSPI 03-3723-1723/タッシ・アーツ03-5272-1370
http://www.tomokoshibata.com/
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択