山田裕貴インタビュー『ガチバン』での秘めた思いから『闇金ドッグス』での成長まで 「役を生きる」俳優のいま

SPICER
山田裕貴 撮影=岩間辰徳

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

画像を全て表示(11件)

『闇金ドッグス』シリーズは、異色のヤンキーアクション映画『ガチバン』シリーズのキャラクター・安藤忠臣を主人公にすえてスタートした作品。『ガチバン ULTRA MAX』でヤクザの構成員として登場した忠臣が、その後組長となり、さらにひょんなことから闇金業者に転職。金と人間の欲望をめぐり、地下アイドルや主婦、悪徳芸能事務所の社長ら個性豊かなキャラクターたちと生々しいドラマを繰り広げてきた。『闇金ドッグス2』からは、シリーズ第1作で登場した元ホスト・須藤司が忠臣の相棒として参戦し、『闇金ドッグス3』では主人公として活躍することに。ここから同シリーズは、元ヤクザと元ホストの凸凹コンビが繰り広げる闇金映画となった。

そんなシリーズ最新作『闇金ドッグス4』が12月10日(土)に公開となる。主人公の安藤忠臣を演じるのは、2016年は
今作含めて10作品の映画に出演、舞台『宮本武蔵(完全版)』の主演に抜擢されるなど、活躍が著しい俳優・山田裕貴。そして、『ガチバン ULTRAMAX』『ガチバン NEW GENERATION2』で山田と組み、『ガチバン』シリーズのほとんどを監督してきた元木隆史氏がメガホンをとる。山田は5度に渡って演じてきた役を通じ、どう変化してきたのか。忠臣を生んだ『ガチバン』シリーズから、『闇金ドッグス』を経た現在の心境まで、じっくりと語ってもらった。



『ガチバン』から『闇金ドッグス』へ 山田裕貴と安藤忠臣はどう変化したのか?

 

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

 

――安藤忠臣の始まりでもある『ガチバン ULTRAMAX』『ガチバン NEW GENERATION2』の監督・元木隆史さんとの久々のタッグです。お話が来たときはどう思われました?

(忠臣を)生んでくれた方なので、嬉しかったです。元木さんもそうなんですが、カメラマンの神田創(編注:『ガチバン ULTRA MAX』『ガチバン NEW GENERATION2』撮影を担当)さんも「俺たちの忠臣が帰ってきたよ」とおっしゃってくださって。そういう風に思ってもらえることはなかなかないので、すごく嬉しかったです。

――元木監督は『闇金ドッグス』以上に、忠臣と山田さんを撮れるのがうれしいとおっしゃっていました。再タッグを喜んでいるファンの方も多いようです。

『ガチバン』からのファンの方はそうかもしれません。ありがたいですね。

――忠臣は『ガチバン ULTRA MAX』(以下『ULTRA MAX』)で“一線を越えてしまった”役なので、山田さんが演じてきた中でもかなり闇の深い人物だと思います。『闇金ドッグス』では、そんな忠臣の人間的な部分がどんどん描かれてきていますね。意識が変わってきたところはありますか?

まず、同じ人間だというところは芯にあってブレないようにしています。「人間とはどういうものだろう」と考えたときに、「成長するものだ」と思いました。成長させていけばいいんだと思って、(忠臣は)だんだんと丸くなってきたというか、“仕事をする人間”になってきた感覚です。昔は悪さだったり、ヤンチャだったり、がむしゃらなところしかわからなかった部分もあったんですが、1作目の『闇金ドッグス』から教わったり、『闇金ドッグス2』『闇金ドッグス3』で債務者と戦ったり……そこから、『闇金ドッグス4』では原点に戻って、自分との対話になるので。兄貴(升毅演じる豊田)が出てくることで、過去を見ることになる。

――なるほど。

順を追って成長していけばいいと思いましたし、これは自分自身にも関わってくる。忠臣だけじゃなく、自分も成長しなきゃいけないということでもあります。その点では、どういうお芝居で、そういう風に忠臣を見せようか、というのは毎回決めています。

 

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

山田裕貴 撮影=岩間辰徳


――主人公が成長していくのは、シリーズものの醍醐味ですね。ただ、『ULTRA MAX』から『闇金ドッグス3』まで、忠臣が登場する作品が暗く生々しいものだったのに、『闇金ドッグス4』ではコミカルさが強くなっています。とまどいはありませんでしたか?

とまどいよりも、新たなテイストが加わった感覚のほうが強くて、「楽しいな」と(笑)。

――元木監督が作られてきた、初期の『ガチバン』シリーズのテイストに近づいた気がします。

そうですね。こうやって作品をずっと生きていられる役って、なかなかいないんです。どの現場でも役と向き合うときに、ここだけの話にしたくないというか、ちゃんと過去があって、この先もあると思わせたくて演じています。ということは、役をブラさずに、そういう人間なんだ、と捉えることで、どんなテイストでも、そこに生きている忠臣がどういるか、ということだけです。だから、コミカルなテイストになっても、ただ楽しむ。

――AV制作会社・ドビュッシーの企画会議では吹き出すほどおかしなやりとりがありますが、そこでも忠臣はブレていませんでした。あそこで悪ふざけしてしまうと、白けそうな気がします。

その“異物感”が面白いのかな、と思ったので……何もやらないようにしました(笑)。

――『闇金ドッグス4』はコミカルな部分もありつつ、本筋では升さん演じる元ヤクザ・豊田とのシリアスな物語が展開します。升さんとはWEBムービー『踊る大宣伝会議、(略)』シリーズ以来の共演ですが、いかがでした?

嬉しかったですね。どの現場であれ、ご一緒した方ともう一度やれるのは嬉しいことです。自分も出続けないと出会えないわけですし。升さんは、僕の父親(編注:元プロ野球選手、現・広島東洋カープコーチの山田和利氏)のことをよく知って下さっていたので、気にかけていてくださったのかな、と。そういったこともあって、忠臣としていても言葉を受け取って下さるし、豊田から跳ね返ってきたものをより受け取れるしで、すごく楽しかったです。

――忠臣が、かつての憧れだった豊田にお金を貸すシーンが非常に印象的でした。仕事にプライドを持ちながら、苦渋の選択を迫られる場面です。

あのシーンは非常に迷ったというか……忠臣が決心するのに時間がかかったところです。現場では監督が「間が長いな」とおっしゃっていたんですけど、編集してみたら結果それがよかったようです。本当はセリフがあって、目だけの会話じゃなかったんですけど、説明台詞っぽくて、「これはしゃべらないだろ」と思ったので切りました。二人の目だけの会話にしたのが、すごく活きたと思います。現場で生まれたものを大事にするのもいいことなんだ、と気づけました。

 

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

山田裕貴 撮影=岩間辰徳


――青木玄徳さん演じる須藤司とかなり息があっていましたが、青木さんとは現場でかなり密にコミュニケーションをとられていたんですか?

そのシーンによって、「僕はこうしたいんですよね」「こうやっていい?」とか、そういうキャッチボールはよくやっています。撮影スケジュール上、『闇金ドッグス4』と『闇金ドッグス5』のラストファイナンスのシーンは1日で撮っているので、ちゃんと計算しておかないとぐちゃぐちゃになっちゃうので。そこを合わせるために、「今、どう思ってます?」とか、「今、どういう感覚ですか?」とか、話し合うようにしています。コミュニケーションの量が多いのか少ないのかはわからないですけど、作品を作るうえで重要な部分はちゃんと話し合います。

――回を追うごとにバディ(相棒)感が増している気がしました。

もう慣れているから、逆に二人が何もやらない、付き合わない、というところはより意識しました。関心がないように見えるのが、よりバディなんだ、と思えるというか。当たり前のようにいるのがいいと思ったので、あまり司に対して変に動きを見せないようにしました。

――『闇金ドッグス5』では司がメインになるので、その立ち位置がどう変わるのかも楽しみです。

 

『ガチバン ULTRA MAX』自然な演技に秘めた窪田正孝への思い

 

撮影=岩間辰徳

撮影=岩間辰徳

 

――山田さんは、役作りについて「役を生きる」とよくおっしゃっています。ただ、忠臣は闇の深い人物なので、それをやると消耗しませんか?

僕のなかでは、全然そんなことはないです。たぶん、7作もやらせて頂いているからというのもあるんでしょうけど、バックボーンがあるので忠臣の気持ちがわかるんです。「ああ、ここでこう言いたくなるわ」とか。もう思うがまま、忠臣のままここにいればいい。それが「役を生きる」。ここでああしよう、こうしよう、じゃなく、一回やってみる。やってみて、違和感があれば、観ているほうにも違和感があると思うので。中には違和感があるけどいわなきゃいけない台詞もあるとは思うんですけど、忠臣に関してはそれを全く感じない。影響を与えるのが多かろうが少なかろうが、どの役でもとにかく嘘なく、リアルに浸透してほしいんです。だから、台本を読むときは、「何を思っているんだろう」ということを考えて、現場に入ってやってみることから始まります。決めつけていくことは全くなくて、現場に入ってあるもの……部屋の明るさだったり、いる場所の雰囲気だったりで気持ちも変わってくる。独りで電話でしゃべっているのか、司が近くにいるのか、会話を聞かれたいのか、聞かれたくないのか。そういう色んな要素は、現場にいかないと想像しきれない部分があります。ただ、『ULTRA MAX』から考えると、(忠臣には)僕が思っていることも反映されてきています。どの役もそうですけど、忠臣はより僕の中にも浸透しているし、忠臣にも僕が浸透しているのかな、と。

――以前から「カメレオン俳優になりたい」とおっしゃっています。ただ、ここ最近はその中に自分自身が反映されていてもいい、という考えに変わられたそうですが。

それは今年出演した『ふきげんな過去』という映画の監督でもあり、主演させていただいた舞台『宮本武蔵(完全版)』の脚本・演出をされた前田司郎さんのワークショップに行って、そこで教わったことです。前田さんは「こういう考え方もあるよね」と提示される方なので、「これが芝居のすべてだ」とは絶対におっしゃらないんです。色んな考えがあると思うし、押しつけはしないんですが、ぴったりハマったのが、「役半分、自分半分」という考え方です。

――具体的にはどういうことですか?

人間誰しも、嘘をつきたい気持ち、怒りたい気持ち、もっと先に行けば、人を殺してしまうかもしれないという気持ち、犯罪を犯してしまうかもしれない気持ちって、あると思うので。もし自分がそうなってしまったときにどうするだろう、というところをすごく考えて、膨らませて役に与えていくというか。僕がもしこの立場にいたらどうするか。兄貴、本当にお世話になった人がいて、でも僕は闇金をやっている。その中で、本当にお金を貸すかどうか? 貸すまでどれくらい悩むか?とか、「自分だったらどうだろう」と「忠臣だったらどうだろう」というのをすり合わせて、より生の人間に近づけるというか。よりリアルな気持ちに近づけるためにそういうことを教わったので、そこが変わった点でしょうか。こういう考え方もあるんだな、と感じました。

 

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

山田裕貴 撮影=岩間辰徳


――『ULTRA MAX』から『闇金ドッグス』シリーズを通して観ていると、それがすごくよくわかります。ただ、最初の『ULTRA MAX』で窪田正孝さん演じる黒永勇人とぶつかる忠臣もすごく生々しかったので驚いたんですが。元木監督によれば、当時山田さんは窪田さんをすごくリスペクトしていて、対抗意識もあったんじゃないか、と。でも自然に演じられたことに驚いてらっしゃいました。

あれは、すごくその感覚がうまくハマったんです。元木さんのおっしゃっていることは結構正しくて……やっぱり、すごく憧れてたんですよ、窪田さんに。純粋に窪田さんのお芝居に、「あの雰囲気は何だろう?」というところから。でも、年齢を考えてみて、「2つ、3つ違いとかかな。じゃあ、あと2、3年でここまでいかなきゃいけないのかな」とか、そういう「負けたくない」という自分の思いが、使えると思ったんです。

――そんなことを思いながら演じてらっしゃたんですか。

そのまま忠臣に乗っけられるな、と。すべてがそうじゃないんですけど、使っていい自分の感情は自分の役に乗っけちゃえば、色んなものが出てくるので。あの時は、それがすごくマッチしていたんです。すごくリスペクトしているけど、負けたくない。「窪田さんを今ひっくり返せるのは、誰だ? 俺がやってやる」みたいな気持ちで臨んでいた部分はあります。

――色んなものが、いいタイミングでハマったんですね。

そうです、その話とキャラクターとが。昔から「ひっくり返してやろう」と思っていたとかじゃなく(笑)、やることになって、「ああ、そういう風に思ってきたな。じゃあ、これをそのまま忠臣に反映させてやれば、エネルギーになるな」と。がむしゃらな感じを出せば出すほど幼く見えるし、そういうことも上手く使えたな、と思います。

――元木監督もシリーズものをどんどんやりたいとおっしゃっていました。山田さんは、今後の忠臣と『闇金ドッグス』シリーズをどうしていきたいですか?

忠臣だからこれをやりたい、ということよりも、忠臣だからこそできる‟人としての何か”を伝えられる作品にしたいな、と思っています。(忠臣は)真っ直ぐ生きてきて、でも一度ミスを犯してしまった。闇に自分を葬り去っている男だからこそ怖いものはないですし、逆に「死んでもいい」と思っていると思います。それぐらいの覚悟を持って闇金の仕事を、自分の魂を置いてやっている。今はSNSや色んなものがあって、どんなコメントでも何でも書ける時代になってしまって、そうやって真っ直ぐぶつかって生きている感覚がどんどん薄れているんじゃないかと思います。僕も人と話すにしても、メールより電話のほうがいいですし、電話より会うほうがいいタイプです。ちゃんとものを見られる、ちゃんとこういう現実があるんだ、というのを見せる作品にしたいです。どういうお話で、忠臣がどうなろうが、そういうところを見せられる作品にしていけたらな、とずっと思っています。

――これまでの『闇金ドッグス』シリーズがお金をめぐる攻防を楽しむ部分が強かったのにくらべて、今回はドラマが分厚いですから、その通りになっていますね。

今回の『闇金ドッグス4』と『闇金ドッグス5』はすごくヒューマンです。

――『闇金ドッグス5』も楽しみです。このシリーズはずっと続けて欲しいです。

ぜひやりたいです!

 

山田裕貴 撮影=岩間辰徳

山田裕貴 撮影=岩間辰徳



『闇金ドッグス4』は公開中。『闇金ドッグス5』は 2017年1月14日(土)より、シネマート新宿ほか公開。

 

インタビュー・文=藤本洋輔 撮影=岩間辰徳
 

山田裕貴

1990年9月18日生まれ愛知県出身。2011年に俳優デビュー。映画やドラマ、舞台などに幅広く活躍中。近年の主な出演映画作に、『ストロボ・エッジ』(15)、『ふきげんな過去』(16)、『HiGH&LOW THE MOVIE』(16)、『青空エール』(16)、『闇金ウシジマくん Part3』(16)など。また2016年8月、舞台「宮本武蔵(完全版)」(脚本・演出:前田司郎)にて主演を務める。今後の出演作にTVドラマ「私に運命の恋なんてありえないと思ってた」(KTV、12月20日放送)、映画『僕は明日、昨日の君とデートする』(12月17日公開)、『闇金ドッグス5』(2017年1月14日公開)、『破裏拳ポリマー』(2017年5月公開)、『二度目の夏、二度と会えない君』(2017年秋)、『あゝ、荒野』(2017年秋)など多数。

公式サイト:http://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000042/
公式ブログ:http://ameblo.jp/yuki-yamada-we/
公式Twitter:https://twitter.com/00_yuki_y?lang=ja


 

プレゼント

山田裕貴サイン入り色紙を1名様に
 


【応募方法】
※Twitterでご応募ください。

STEP1:お持ちのTwitterアカウントにログイン
STEP2:SPICEアカウント<@spice_topics>をフォロー(当選案内DM用に必要です)
STEP3:あとは該当ツイートをリツイート(RT)するだけ!

【応募締切】
応募期間は終了しました。

【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。
 

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、2日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。 
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。
 

 

作品情報
『闇金ドッグス4』 
 


山田裕貴 升毅 高橋ユウ 坂田聡 ジェントル 瑛蓮 百瀬朔 副島淳 / 木村祐一 青木玄徳

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「闇金ドッグス4&5」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)

【ストーリー】
ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入れた。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田(升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてきた豊田に、忠臣は放免祝いとして30万を包む。常に債務者には冷徹な忠臣の意外な態度に、司は突っかかるが、「優遇は一度まで。次に融資する時は、きっちり回収する」とその信念は変わらない。しかし、出所した元ヤクザには、世間の風当たりも厳しく、就職先もままならない。それでも堅気になると誓い、喫茶店で慣れない履歴書に向かう日々を過ごす。そんな豊田の姿を微笑ましく見ていた喫茶店の店員・元子(高橋ユウ)の前に、突然チンピラが現れる。元子を拉致ろうとするチンピラを、圧倒的な腕力でぶっ飛ばし、元子と共に逃げる豊田。金銭トラブルを抱える元子と元ヤクザの豊田。頼る相手がいない二人は、束の間の安息を得て、共に惹かれあうのであった。幸せな時間を守る為、元子の借金を肩代わりする事を決めた豊田が向かったのは、ラストファイナンスであった。

(C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会
公式サイト http://yamikin-dogs.com/
『闇金ドッグス5』 

青木玄徳 菅原大吉 美谷和枝 牧野ステテコ 蒲生純一 副島淳 / 荒木宏文 山田裕貴

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「闇金ドッグス4&5」製作委員会(AMGエンタテインメント/JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)

【ストーリー】
女性債務者から、絶大の信頼を得ているラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、かつて、街金から金を騙し取る為に、結婚離婚を繰り返し、戸籍上の名字を忘れてしまっている。そんなある日、銀行系のローン会社から、電話が入り、「あなたの奥様が借金をして、飛んだ。夫である貴方には支払いの義務がある」と。困り果てている司には、にべもなく、社長の安藤忠臣(山田裕貴)から、新規の客をあてがわれる。その客は、大手電機メーカーの下請け会社でエアコンの設置業者の契約社員として働く、沼岸光夫(菅原大吉)。ブラック企業では人扱いをされず、冷遇のなか必死にしがみついている。それは、ひとえに認知症を患っている母の為。だが、薄給で生活費もままならず、致し方なくラストファイナンスを利用している。沼岸の状況は悪くなるばかりで、理不尽な理由で急に解雇されてしまう。困った沼岸は、生活保護の申請をするも断られ、無職になったので、司から追加融資も受けられずにいた。そんな沼岸の前に、NPO法人で貧困ビジネスを営む五条礼(荒木宏文)が現れ、申請が通った生活保護費を不正に搾取されてしまう。母の病も進行が速くなり、生活は究極に困窮する。藁をもすがる思いで、沼岸はラストファイナンスを再び訪れた。

(C)2016「闇金ドッグス4&5」製作委員会
公式サイト http://yamikin-dogs.com/
シェア / 保存先を選択