NHK BS「プレミアムシアター」でウィーン国立歌劇場+ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を12/18深夜に放送

ニュース
2016.12.18
NHK BS「プレミアムシアター」公式サイトより『ヘンゼルとグレーテル』

NHK BS「プレミアムシアター」公式サイトより『ヘンゼルとグレーテル』


NHKのBSプレミアム「プレミアムシアター」では、12月18日(日)深夜24時00分(12月19日午前0時00分)より、ウィーン国立歌劇場公演と、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団来日演奏会を放送する。いわば、ウィーンづくしの夜である。

番組前半は、2015年11月におこなわれたウィーン国立歌劇場公演から歌劇『ヘンゼルとグレーテル』。グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』を原作に、ドイツの作曲家エンゲルベルト・フンパーディンクが作曲した全3幕のオペラ。1893年にヴァイマルで初演。今回放送の公演は、元ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの芸術監督の英国演出家エードリアン・ノーブルによる新プロダクション。指揮をドイツ音楽の演奏に定評のあるクリスティアン・ティーレマンが務めている。

番組後半は、今年2016年10月にサントリーホールの開館30周年を祝賀すべくおこなわれたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の来日演奏会。指揮にはズービン・メータと小澤征爾が揃い踏み。ソリストには、ヴァイオリンにアンネ=ゾフィー・ムター、ソプラノにヘン・ライスという豪華音楽家が参加し、モーツァルト、シューベルト、ヨハン・シュトラウスからドビュッシー、武満 徹までヴァラエティ豊かな選曲で祝賀感を高めた。

NHK BS「プレミアムシアター」公式サイトより

NHK BS「プレミアムシアター」公式サイトより


 
放送情報
NHKのBSプレミアム「プレミアムシアター」

12月19日(月)【12月18日(日)深夜】午前0時00分~4時20分
◇本日の番組紹介
◇ウィーン国立歌劇場公演
歌劇『ヘンゼルとグレーテル』【5.1サラウンド】
◇ズービン・メータ&小澤征爾 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 来日演奏会【5.1サラウンド】
◇本日の番組紹介(0:00:00~0:02:00)
ナレーション: 水落幸子(みずおち ゆきこ)
◇ウィーン国立歌劇場公演
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(0:02:00~1:57:00) 
<演 目>
「ヘンゼルとグレーテル」(全3幕)
フンパーディンク 作曲
<出 演>
ヘンゼル(兄):ダニエラ・シンドラム
グレーテル(妹):イレアナ・トンカ
ペーター(ほうき作り):アドリアン・エレート
ゲルトルート(その妻):ヤニナ・ベヒレ
魔女:ミヒャエラ・シュスター
眠りの精/露の精:アニカ・ゲルハルツ
<合 唱>ウィーン国立歌劇場児童合唱団
<管弦楽>ウィーン国立歌劇場管弦楽団
<指 揮>クリスティアン・ティーレマン
<演 出>エードリアン・ノーブル
<翻 訳>山内真理
<字 幕>三井章子
収録:2015年11月22、29日 ウィーン国立歌劇場(オーストリア)

◇ズービン・メータ&小澤征爾 指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 来日演奏会(1:59:30~4:20:00) 
<曲 目>
歌劇「フィガロの結婚」序曲  モーツァルト 作曲
交響曲 第7番 ロ短調 D.759「未完成」  シューベルト 作曲
ノスタルジア―アンドレイ・タルコフスキーの追憶に―  武満 徹 作曲
交響詩「海」  ドビュッシー 作曲
喜歌劇「ジプシー男爵」序曲  ヨハン・シュトラウス 作曲
ワルツ「南国のばら」  ヨハン・シュトラウス 作曲
アンネン・ポルカ  ヨハン・シュトラウス 作曲
ワルツ「春の声」  ヨハン・シュトラウス 作曲
ポルカ「軽い足取り」  ヘルメスベルガー 作曲
喜歌劇「こうもり」からチャールダーシュ  ヨハン・シュトラウス 作曲
トリッチ・トラッチ・ポルカ  ヨハン・シュトラウス 作曲
アンコール
喜歌劇「ジュディッタ」から「熱き口づけ」  レハール 作曲
ウィーン奇想曲  クライスラー 作曲
ポルカ「雷鳴と電光」  ヨハン・シュトラウス 作曲
<出 演>
バイオリン:アンネ・ゾフィー・ムター 
ソプラノ:ヘン・ライス
<管弦楽>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<指 揮>ズービン・メータ/小澤征爾
収録:2016年10月1日・2日 サントリーホール

公式サイト:
http://www4.nhk.or.jp/premium/​
シェア / 保存先を選択