近藤晃央×ダイスケ 仲睦まじいコラボを連発したクリスマス2マンライブ

SPICER
近藤晃央 / ダイスケ

近藤晃央 / ダイスケ

画像を全て表示(12件)

チキン達のクリスマス~近藤晃央×ダイスケ クリスマス2マンライブ~ 2016.12.22 shibuya duo MUSIC EXCHANGE

聖夜のムードが街中を覆っていた12月22日、shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて近藤晃央とダイスケのコラボレーション・ライブ『チキン達のクリスマス~近藤晃央×ダイスケ クリスマス2マンライブ~』が行われた。このライブは読んで字の如く、クリスマスがテーマ。プライベートでも一緒に過ごすなど、元より親しい友人関係にある彼らだからこそ実現したアットホームな企画だ。この日の彼らは、色違いのチェスターコートを身に纏っていたことからも分かるように、いつにも増して仲の良さ全開。演奏やMCにおける軽妙な掛け合いの連続に、観ているこちらは目を細めるばかりだった。

中央にクリスマス・ツリーが配置されたステージにBGMが流れ始めると、観客の小気味よい手拍子に乗って近藤晃央、ダイスケの2名が登場。赤と緑のコンビネーションが印象的な照明のもと、11月にリリースされたばかりの2人の共作曲「クリスマスチキン」を柔和なタッチで歌い上げた。1曲目でありながら、彼らが織り成すハーモニーには早くも熱がこもっており、両者がこの日に懸ける気合を痛感。
「ようこそ、チキン達のクリスマスへ!(近藤)」、「よろしくー!(ダイスケ)」――歌い終わった彼らが発した掛け声にも、おのずと満面の笑顔が灯る。

ダイスケ

ダイスケ

この日のライブは、各アーティストが数曲をまとめて披露していく一般的な2マン方式とは異なり、ソロ・パートとコラボレーション・パートが代わる代わる展開する一風変わった構成。まず、ダイスケが自身の持ち歌をソロとして2曲披露。バンジョーを自ら軽快に演奏した「ぼくにかける魔法」では、ウエスタンな雰囲気をノリノリで謳歌し、観客から大きな喝采を浴びた。一方の近藤は、「かわいいひと」「ビビリーバー」で応戦。「声出していけるか渋谷?!」と荒々しい雄叫びを上げたり、ギラギラした視線を終始振りまくなど、スマートなビジュアルとのギャップで楽しませてくれた。

「俺のクリスマスは全部あいつのもんだから!」という近藤の告白(?)と共にダイスケが再度ステージへ呼び込まれると、今度はお互いの持ち歌をコラボレーションするコーナーに。ダイスケが選んだのは、近藤が2014年に発表したシングル曲「心情呼吸」。事前のMCで「2年前のクリスマス・イヴを2人で過ごしたときに、カラオケでダイスケが歌ってくれた曲(近藤)」と前置きし、1コーラス目をダイスケが、2コーラス目を近藤が担当する形で、時折目を合わせながらエモーショナルに掛け合う。思い出深い楽曲だからか、歌い終わったダイスケは開口一番「いい曲やな~」としみじみ。対照的に近藤は、ダイスケ屈指のライフ・ソング「ドレミ」をチョイス。先ほどまで携えていたギターを下ろした近藤は、音階の上下が楽しい楽曲と同様、身体を左右に揺さぶる表情豊かなパフォーマンスをやり遂げた。

再びソロ・タイム。ダイスケは「惑星プラトニック」で、アンニュイな歌声と乾いたギター・チョーキングの心地良いアンサンブルを響かせる。近藤の「わたしはサンタクロース」では、「ラララ」の歌声に合わせて観客がゆっくりと手を振るなど、クリスマスにふさわしいハートフルな空気を会場一体となって作り上げた。

後半戦に差し掛かると一転、序盤を思わせるアッパーなモードに。ダイスケが「タオルを持っている人は振り回して!」と声高に呼びかけ、メジャーデビュー作「ボク☆ロケット」を溌剌とパフォーム。テクノライクなシンセサイザーがキュンキュン唸る躍動的な演奏で、会場はダンスフロアの様相を見せた。近藤がメインを執った「テテ」も、バンド・メンバーによるラテン・フレイヴァーたっぷりの演奏が手伝って、会場の熱気をますます加速させていく。

ダイスケ

ダイスケ

「11月から近藤晃央とずっと一緒に(リリースイベントで)全国をまわっているから、この曲って自分1人だけの曲じゃないような気がするんだよね(ダイスケ)」、「じゃあ、タイトルの“ドー”あたりは近藤の“ドー”ってことかな(近藤)」とおなじみの掛けあいを交わした後に繰り出されたのは、ダイスケの最新シングル「スノウドーム」。どこか切迫感のあるサウンドと、儚い恋愛心情を見事に表現した繊細な歌声は、我々観客の切ない気持ちを掻き立てるに十分な説得力を宿していた。

終盤、近藤はあらためて今回の一連の共同活動について「刺激し合い、時には慰め合いながらやって来たから、ダイスケとの良い関係をもっと良い関係に出来た。皆さんにも本当に感謝していますが、俺はまずダイスケにありがとうと伝えたい」と率直な気持ちを述べ、ダイスケが目頭を熱くする場面も。その直後に披露された「涙腺」は、まさしく彼らの絆の強さをドラマティックに浮かび上がらせるもので、近藤の横で懸命にギターを掻き鳴らすダイスケの勇姿も含め、心に大らかな感情を呼び起こさせた

迎えたアンコールでは「やっぱりさ、もうちょっとアゲたいよね」というダイスケの一言で「類人猿」がスタート。ユーモラスな楽曲を生き生きと歌いこなす2人に感化され、観客もすこぶる快活なヴァイブスを投げ返す。踊らずにはいられないとは、きっとこういうことを言うのだろう。「1曲目に歌ったときはバンドで演奏したんですけど、こないだまで僕ら2人はずっと、アコースティックで全国をまわっていたので、最後に今までどおりの形を見てもらおうと思います(近藤)」と話し最後に歌われたのは、この日のオープニングを飾った「クリスマスチキン」。2人きりでアコギを爪弾きながら行われた牧歌的なセッションは、かすかな息遣いや穏やかなヴォーカル・ニュアンスのひとつひとつを際立たせ、彼らのシンガーソングライター然とした魅力を多分に伝えてくれた。

去り際に2人は、声を揃えて「メリークリスマス!」を観客にプレゼント。最後の最後まで愛らしいコンビネーションを届けてくれたおかげで、終演後もしばらく幸せな余韻を味わうことが出来た。来年以降はそれぞれの活動により注力する模様だが、せっかく公私ともにベスト・パートナーであることが証明されたのだ。サンタを心待ちにする子どもよろしく、また近い将来、彼らの蜜月なる共演が実現することを楽しみにしていようと思う。


取材・文=白原ケンイチ

近藤晃央 / ダイスケ

近藤晃央 / ダイスケ

セットリスト
チキン達のクリスマス~近藤晃央×ダイスケ クリスマス2マンライブ~ 2016.12.22 shibuya duo MUSIC EXCHANGE
1. クリスマスチキン (近藤晃央×ダイスケ)
2. あいわな (ダイスケ)
3. ぼくにかける魔法(ダイスケ)
4. かわいいひと(近藤晃央)
5. ビビリーバー(近藤晃央)
6. 心情呼吸(ダイスケ feat. 近藤晃央)
7. ドレミ(近藤晃央 feat. ダイスケ)
8. 惑星プラトニック(ダイスケ)
9. わたしはサンタクロース(近藤晃央)
10. ボク☆ロケット(ダイスケ feat. 近藤晃央)
11. テテ(近藤晃央 feat. ダイスケ)
12. 操り人形劇(近藤晃央×ダイスケ)
13. スノウドーム(ダイスケ feat. 近藤晃央)
14. 涙腺(近藤晃央 feat.  ダイスケ)
[ENCORE]
15. 類人猿(近藤晃央×ダイスケ)
16. クリスマスチキン Acoustic Session(近藤晃央×ダイスケ)
 

 

リリース情報
近藤晃央「涙腺 / クリスマスチキン feat. ダイスケ」
発売中
通常盤

通常盤

CD
01. 涙腺
02. クリスマスチキン feat. ダイスケ
03. 操り人形劇 feat. ダイスケ
04. 恋文 -plugless ver.-(※通常盤のみ)
 
初回限定盤A付属DVD
初回盤A

初回盤A

「近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR~IRIE LAND~」東京公演
・グラデーションフライ
・かわいいひと
・理婦人ナ社会
・らへん
・ビビリーバー
・テテ
 
初回限定盤B付属DVD
初回盤B

初回盤B

・「涙腺」Music Video
・「クリスマスチキン feat.ダイスケ」Music Video
・レコーディングメイキングムービー
・ジャケット&アーティスト写真撮影メイキングムービー
・ミュージックビデオメイキングムービー

ダイスケ『THE BEST』
2017年2月1日発売
【初回生産限定盤A】CD(DISC1)+DVD 
初回盤A

初回盤A

CD:シングル全曲+新曲1曲の計15曲収録 全曲リマスタリング音源 
DVD:新曲と人気曲のニューアレンジver.の収録模様を2日間完全密着!
レコーディング現場とスペシャルインタビューを交えた豪華録りおろしドキュメンタリー映像 
ESCL-4785-6¥5,000(税込)
 
【初回生産限定盤B】2CD(DISC1&DISC2) 
初回盤B

初回盤B

シングル全曲+新曲1曲のCD 
人気投票曲10曲+人気曲4曲のニューアレンジver収録のCD 計29曲収録 
全曲リマスタリング音源 
ESCL-4787-8¥5,000(税込)
 
【通常盤】CD(DISC1)のみ 
通常盤

通常盤

シングル全曲+新曲1曲の計15曲収録全曲リマスタリング音源 
ESCL-4789¥3,200(税込) 
 
CD DISC 1 
1. ボク☆ロケット 
2. いつだって。 
3. あなたにしかできないこと 
4. 晴れ空のマーチ 
5. Moshimo 
6. スケッチブック 
7. 夏めく坂道 
8. ドレミ 
9. 愛は散って ライライラライラ 
10. せかいにひとつのフタリ 
11. HAPPY 
12. birthday 
13. スノウドーム 
14. クリスマスチキン feat.近藤晃央 
15. コスモグライダー
 
CD DISC 2 
1.あなたにしかできないこと -木漏れ日 ver.- 
2.いつだって。 -ありのままの君 ver.- 
3.ボク☆ロケット -真夜中の宇宙 ver.- 
4.Moshimo -あなたの残像 ver.- 
5.あいわな 
6.五畳半とラブソング 
7.三日月ロッキンチェア 
8.音符の傘 
9.昼下がりのブルース 
10.愛しのリリィ 
11.空想ワンダーランド 
12.流星 
13.コスモノート 
14.惑星プラトニック 

 

ライブ情報
近藤晃央 ONE MAN LIVE 2017「分泌音」
2017/1/27(金) 名古屋公演 @ E.L.L      開場18:30 開演19:00
2017/1/29(日) 東京公演 @ Shibuya WWWX    開場16:00 開演17:00
前売:4,500円+ドリンク代 全自由
 
 
ダイスケ 5th Anniversary Tour 2017  No You No Live ~A NEW DEPARTURE~
2017/3/17(金) 名古屋 ell.FITS ALL    開場18:30 開演19:00
2017/3/19(日) 大阪 ROCKTOWN   開場16:30 開演17:00
2017/3/26(日) 東京 WWWX    開場16:00 開演17:00
前売:4,500円+ドリンク代 全自由
 
シェア / 保存先を選択