クレイトン兄弟と気鋭のミュージシャンたち 名門ユニットによる珠玉のアコースティック・ジャズ

SPICER

モダン・ジャズの醍醐味を今日に伝える名門ユニットが、待望の来日を果たす。サックス奏者ジェフ・クレイトンとベース奏者ジョン・クレイトンが率いるザ・クレイトン・ブラザーズが登場する。
 
ふたりは‘70年代から本格的な活動を始め、’77年から共同作業を開始。2016年リリースの『Soul Brothers』まで計8点のオリジナル作品を発表し、2011年には別ユニット“クレイトン=ハミルトン・ジャズ・オーケストラ”でブルーノート東京初登場を果たした。
 
今回はジョンの愛息ジェラルド・クレイトンやケンドリック・スコットといった気鋭達を含む、最新ラインナップによるステージ。
 
アコースティック・ジャズへの愛情にあふれる、飛び切りの快演を楽しみたい。
 
 
 
この記事に興味を持ったらジャズを中心に良質な音楽・カルチャーを紹介するウェブマガジン「Arban(アーバン)をチェックしてみよう! http://arban-mag.com
 
ライブ情報
THE CLAYTON BROTHERS

 日時:2017年1月18日(水)-21日(土)
 会場:Blue Note Tokyo
 出演者:John Clayton(b)/ジョン・クレイトン(ベース)、Jeff Clayton(as)/ジェフ・クレイトン(アルトサックス)、Gerald Clayton(p)/ジェラルド・クレイトン(ピアノ)、Terell Stafford(tp)/テレル・スタッフォード(トランペット)、Kendrick Scott(ds)/ケンドリック・スコット(ドラムス)

 

 

シェア / 保存先を選択