ラサール石井原案の傑作ミュージカル『HEADS UP!』が再演決定!「KAAT 2017年度ラインナップ発表会」レポート

SPICER
上段:白井晃、高山明、長塚圭史、ラサール石井、谷賢一、下段:三浦基、三瀬夏之介、森山開次、矢内原美邦、小野寺修二

上段:白井晃、高山明、長塚圭史、ラサール石井、谷賢一、下段:三浦基、三瀬夏之介、森山開次、矢内原美邦、小野寺修二


2月9日(木)KAAT 神奈川芸術劇場にて「KAAT 2017年度ラインナップ発表会」が行われ、ラサール石井、小野寺修二、高山明、谷賢一長塚圭史三浦基、三瀬夏之介、森山開次、矢内原美邦、同会場の芸術監督を担当する白井晃が登壇した。

ラサール石井

ラサール石井

俳優でもあるラサール石井が原案、作詞、演出を務めるミュージカル『HEADS UP!』は2015年にKAAT 神奈川芸術劇場にて上演され、2017年12月に同会場と、2018年3月にTBS赤坂ACTシアターにて再演となる。原案を10年以上も温め続けたラサールの傑作。

出演者には前作同様、哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木さやかなどが名前を連ねている。

物語は普段表には出ることのない、バックステージで働く舞台スタッフにスポットを当てている。ベテラン監督である加賀美賢治(哀川)と新人監督である新藤祐介(相葉)の舞台監督を中心に展開され、大道具のセット組み、照明、音響など、舞台の本番に向かっていくスタッフの姿を見ることができるバックステージもの。これを本格ミュージカルで客席にお届けする。

ラサールからは「今回2年という、再演にしては短いとは思うんですけど。12月に神奈川でやって3月に東京でやるという変則なのにも関わらず、初演のメンバーが80%ほど空いていました、奇跡的に。これでまた面白いものができる」と話された。

取材・文・撮影/鈴木 唯

公演情報
2017年度主催公演、KAAT 神奈川芸術劇場 主要ラインナップ
 
◆KAAT×地点『忘れる日本人』
2017年4月13日(木)~23日(火) 
KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ

 
◆KAATプロデュース / 白井晃演出作品『春のめざめ』
2017年5月5日(金・祝)~23日(火)
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ ※京都・福岡・兵庫公演あり

 
◆KAAT EXHIBITION 2017『かたり(語り / 騙り)の空間』
2017年4月30日(日)~5月28日(日)
KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ、大スタジオ、アトリウム

 
◆KAATキッズ・プログラム2017 / 宮本亜門演出作品(再演)『ピノキオ~あるいは白雪姫の悲劇』全国ツアー
2017年7月
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ ほか全国11カ所

 
◆KAATキッズ・プログラム2017 / 森山開次振付演出作品『不思議の国のアリス』
2017年7月22日(土)~8月6日(日)
KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ

 
◆KAATキッズ・プログラム2017 海外招聘2作品
THE LAST GREAT HUNT(オーストラリア)『アルヴィン・スプートニクの深海体験』、劇団コープス CORPUS(カナダ)『ひつじ』

2017年8月
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ、アトリウム

 
◆KAAT Dance Series 2017×Nibroll『作品2017(仮)新作』
2017年8月
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

 
◆KAAT Dance Series 2017×小野寺修二(カンパニーデラシネラ)『日越国際共同製作プロジェクト『Without Signal!(信号がない!)仮』』
2017年9月
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

 
◆KAAT×PARCOプロデュース / 白井晃演出作品『オーランドー』
2017年9月中旬~10月中旬
KAAT 神奈川芸術劇場 ホール

 
◆KAAT×高山明(PortB)『ワーグナープロジェクト(仮)』
2017年10月
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

 
◆KAATプロデュース / 長塚圭史演出作品『作者を探す六人の登場人物』
2017年10~11月
KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ

 
◆KAAT×チェルフィッチュ『三月の5日間 リ・クリエーション(仮)』
2017年11~12月
KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

 
◆KAATプロデュース / ラサール石井演出作品(再演)ミュージカル『HEADS UP!』
2017年12月
KAAT 神奈川芸術劇場 ホール ※2018年3月に東京・TBS赤坂ACTシアター公演あり

 
◆KAATプロデュース / 谷賢一演出作品『三文オペラ』
KAAT 神奈川芸術劇場 ホール
2018年1月

 
◆その他
・KAAT Dance Series 2017関連(ラップとダンス『ありか』、KAAT de CINEMA、ワークインプログレス、シンポジウム など)
・古典関連プログラム(女流義太夫 竹本駒之助公演、若手舞踊公演『SUGATA』)
・木ノ下歌舞伎『勧進帳』
・劇団四季 ミュージカル『オペラ座の怪人』
・教育普及プログラム

 
■公式サイト:KAAT 神奈川芸術劇場 http://www.kaat.jp/
シェア / 保存先を選択