深海のかわいいアイドル「メンダコ」が八景島シーパラダイスに登場

SPICER
メンダコ

メンダコ

横浜・八景島シーパラダイス』の水族館「アクアミュージアム」にて、 深海に住む珍しいタコの仲間「メンダコ」が現在展示されている。

展示されているメンダコは、静岡県駿河湾水深約100m~400mの底引き網漁で捕獲された個体。詳しい生態は謎に包まれているものの、 容姿は押しつぶされたパンケーキのような円盤状の体形で、眼の付近にある耳のようなヒレをパタパタさせながら泳ぐ姿がかわいらしく「深海のアイドル」と呼ばれている。

メンダコ 
学 名 : Opisthoteuthis depressa 
英 名 : Japanese pancake devilfish
体 長 : 約20cm
<特 徴> 
普通のタコと異なり腕が短く大きな膜に覆われ放射状に広がっており、 泳ぐときは腕をパラシュートのように広げる。 普通のタコは吸盤が2列だがメンダコには1列しかない。 体が柔らかく水から出すと潰れてしまうほど繊細で飼育は困難。 一対の耳のようなヒレがあり、 これをパタパタさせながら泳ぐ姿が可愛らしく「深海のアイドル」と呼ばれている。

メンダコは「アクアミュージアム」5階「~未知なる海底谷~ 深海リウム」にて展示中。水族館でも長期飼育の例がない深海のアイドル・メンダコを見にこの3連休でかけてみては?

シェア / 保存先を選択