『東京交響楽団 東京オペラシティシリーズ第102回』指揮者がジュゼップ・ポンスへ変更に

ニュース
クラシック
2017.5.10
ジュゼップ・ポンス

ジュゼップ・ポンス

2018年3月25日に開催される『東京交響楽団 東京オペラシティシリーズ第102回』に出演を予定していた指揮者、マーク・ウィグルスワースが、イングリッシュ・ナショナル・オペラ音楽監督の契約期間中の退任に伴う、契約上のスケジュール調整のため、当公演への出演を断念せざるを得なくなった。

ウィグルスワースに代わり、この日の指揮は、リセウ大劇場音楽監督兼スペイン国立管弦楽団名誉指揮者のジュゼップ・ポンスが務める。ポンスはスペイン国立管弦楽団やリセウ大劇場で確固たる地位を築き、近年ではゲヴァントハウス管弦楽団をはじめ、ヨーロッパの主要オーケストラへの客演を重ねるなど、高い評価を得ている指揮者である。

曲目およびソリストの変更、および指揮者変更に伴うチケットの払い戻しはないとのこと。尚、ウィグルスワースは 2018年3月31日のサントリーホールでおこなわれる第658回定期演奏会へは予定通り出演するそうだ。

公演情報
東京交響楽団 東京オペラシティシリーズ第102回

日時:2018年3月25日(日)14:00
会場:東京オペラシティコンサートホール

<出演者>
ジュゼップ・ポンス(指揮)
マーティン・ジェームズ・バートレット(ピアノ)
東京交響楽団(管弦楽)

<曲目>
ワーグナー:歌劇「恋愛禁制」序曲
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第 3 番 ハ長調 作品 26
ベートーヴェン:交響曲 第7 番 イ長調 作品 92

<チケット>
TOKYO SYMPHONY チケットセンター 044-520-1511(平日 10:00~18:00)
http://www.tokyosymphony.jp (オンライン予約) 


 
シェア / 保存先を選択