名前を知ったら死亡 謎の存在「バイバイマン」の恐怖描く米ホラー映画

 ©2017 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

©2017 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

映画『バイバイマン』が、7月8日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

『バイバイマン』は、自らの名前を知った者を見つけて襲うという謎の存在「バイバイマン」に取り憑かれてしまった3人の大学生を描くホラー作品。周囲の人々が次々と命を落としていき、追い詰められていくというあらすじだ。公開された特報映像では「言うな 考えるな」というセリフが繰り返されている。

バイバイマン役を演じるのは、ギレルモ・デル・トロ監督の『ヘルボーイ』シリーズなどに出演しているダグ・ジョーンズ。3人の大学生役をダグラス・スミス、ルシアン・ラヴィスカウント、クレシダ・ボナスが演じるほか、キャリー=アン・モス、フェイ・ダナウェイが共演者に名を連ねている。監督を務めるのは『最後の晩餐/平和主義者の連続殺人』『Let the Devil Wear Black(原題)』などのステイシー・タイトル。

『ソウ』『死霊館』シリーズで知られるジェームズ・ワン監督は同作について、「近年、最も怖くて、面白いホラー映画! この監督に嫉妬する」と述べている。

 

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択