【動画あり】青島広志「指揮を振りながら客席に降りてしまうかも」~『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』<What’s “スタクラフェス”?>

動画
インタビュー
クラシック
2018.9.1
青島広志 (撮影:山本れお)

青島広志 (撮影:山本れお)

画像を全て表示(4件)


<What's “スタクラ フェス”?> Artist Close-Up 青島広志


2018年9月23日(日・祝)秋分の日、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』(略称 “スタクラフェス” )が、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。会場には3つの野外ステージ「HARBOR STAGE」「GRASS STAGE」「Sunday Brunch Classic Stage(無料鑑賞ステージ)」が設けられ、気鋭の演奏家たちにより、有名クラシック曲からオペラ、ミュージカルのスタンダード・ナンバー、さらにはアニメの音楽まで多様なプログラムが朝から晩まで繰り広げられる。クラシックといっても決して堅苦しいものにはせず、屋外で潮風を感じながら、食べたり飲んだり、時には寝そべりながら、多様な音楽を気軽に楽しめる趣向という。また児童の入場もOKだ。

この野外フェスに、「世界まるごとクラシック」(HARBOR stage/12:10~13:20)が進出する。誰もが知っている(耳にしている)クラシックの名曲の数々を、楽しくわかりやすいトークとともに届けるコンサートで、過去10万人以上を動員した人気シリーズだ。このコンサートで指揮&お話を務めるのが、テレビでもおなじみの指揮者・作曲家の青島広志。ヴァイオリニストの宮本笑里も参加する今回の「世界まるごとクラシック~みんなおいでよ、赤レンガ~」はどのような展開となるのか。青島に話を聞いた。

--スタクラフェスの企画を最初にきいたとき、どのように思われましたか?

肩の凝らない音楽会をやりたいと考えていたので、良い機会だと思い、うれしく引き受けました。普段は東京の公演が多いのですが、今回は横浜のお客さまにお会いできるのをうれしく思っています。かつて、私は神奈川フィルでよく指揮をしていたので、また横浜でできるのが楽しみです。

--「世界まるごとクラシック」を野外でやることについてはいかがですか?

港が見えて開放的なのが、いいですね。クラシック音楽は外国でできたものですから、外国と結ばれているという雰囲気が出せるのは素晴らしいです。

--今夏のプログラムについて、お話ししていただけますか。

今回は、非常に有名な曲ばかりで、みなさんご存知でしょう。

エルガーの「威風堂々」第1番は、みんなの手拍子が出るとうれしいですね。

演奏のシアター オーケストラ トーキョーは、バレエの熊川哲也先生のところのオーケストラで、チャイコフスキーの三大バレエ(「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「眠りの森の美女」)セレクションは彼らの最も得意な曲なので、それを聴いていただきたいと思いました。私自身はバレエの人間ではありませんが、楽譜を見ないでも振れるほど熟知している曲ばかりです。

モンティの「チャルダッシュ」は、宮本笑里さんにヴァイオリンのソロを弾いていただきます。宮本さんのお父様(宮本文昭氏)とはご一緒したことがありますが、笑里さんとは今回初めての共演で、とても楽しみにしています。先日の「題名のない音楽会」の収録の際に、一週違いでしたが、彼女が私の楽屋を訪れてくださったので、お話をしました。

私が一番好んで演奏するのはモーツァルトです。私はモーツァルトの研究家と言われていた時期もあり、モーツァルトのCDや本も出してきました。モーツァルトは、古い曲ですから、もともと編成の小さなものが多いのですが、トロンボーンやチューバも入れて、まるごと版「モーツァルト・メドレー」を作りました。練習のとき、グロッケンシュピール(鉄琴)などの打楽器を可愛く入れた編曲を、オーケストラのメンバーが面白がってくれました。かなり華やかな編曲になっています。また、ただのパッチワークにするのではなく、調性的にもうまい具合に次の曲につながるようにしました。通の人が聴いても、アッと思うくらいうまくできました。野外にもふさわしい、聴きどころです。今回、私のイチオシです。

「ドレミの歌」は、みんなで歌います。野外ですので、立っていただいて、振り付けありでやりたいと思います。もともと外国の曲で、ペギー葉山さんが訳詞を作りました。「ドーはドーナツのド」と歌いますが、本当は「ドーはドーナツのミ」なのですね。そういうことも、子供たちに話したいですね。

最後に少し重いもの、メインの曲は、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」の第4楽章です。ドヴォルザークが汽船で海を越えてアメリカに来ていたときに、帰りたい帰りたいと故郷を夢見て書いた作品です。海ということで、横浜ともつながりのある曲です。「ジョーズ」みたいな音楽で始まりますが(笑)、最後を締め括るには、華やかで、いい曲です。

プログラムの中には、手拍子ができたり、スカートを振ったり、踊っていただけるような曲もあります。それと、私の代わりに指揮したい人がいたら、指揮してもらって良いような曲もあります。ちゃんとしたテンポで始まれば、指揮が変でも最後までいけますから(笑)

--スタクラフェスでご自分の演奏以外のお楽しみは何ですか?

私は歌い手さんたちに興味があります。楽屋でお会いするのが楽しみですし、舞台を拝見するのも楽しみです。これだけの人が集まるのは滅多にないことですし、紅白歌合戦みたいなことになるのでしょう。テノールの山本耕平さんは、つい2日前に、二期会オペラ講座の「後宮からの逃走」のレクチャーで、ピアノ伴奏したばかりです。バリトンの北川辰彦さんも伴奏をしたことがあります。12月のオーケストラ・アンサンブル金沢のコンサートに新しい曲を書いているのですが、そのときにも歌ってもらいます。ソプラノの小林沙羅さんは、彼女が東京藝術大学に入る前に教えたことがあります。

--横浜でお好きなところは?

一番好きなのは、中華街です。私は香港がとても好きなのですが、その前に横浜の中華街が好きになりました。日本にはない美味しいものがたくさんあり、普通では買えないものが買えて、小さい頃から好きでした。横浜は「文明開化」の言葉が似合うところですね。馬車道があり、舶来品と呼べる良いものを売っています。また、横浜のお客さまは上流の人が多いのです。私のコンサートでは、物販もしていますが、他の場所では、私の文庫本や新書など、安いものからうれていきますが、横浜では、カラーの3000円くらいの本から売れていきます(笑)。

--最後に、メッセージをお願いいたします。

みなさんが知っている曲ですから、一緒に口ずさんだり、身体を動かしたり、笑ったりしながら、リラックスして聴いてください。私はどの曲も暗譜して振れてしまうので、振りながら客席に降りてしまうかもしれません(笑)。オーケストラも曲をよく知っているのでなんとかなります。私は最年長かもしれませんが、若い演奏家たちとご一緒するのも楽しみです。

【動画】青島広志さんよりメッセージ


取材・文=山田治生  写真撮影=山本れお

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、大山桃暖(Pf)、金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、實川風(Pf)、園田涼(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、横浜市立戸塚高等学校 吹奏楽部、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
1日券スタンディング(学生) :4,800円
半日券(14時まで):5,500円
※1日券スタンディング(学生)はイープラス限定の販売となります。
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/横浜港運協会/(一社)横浜港振興協会/tvk/FMヨコハマ
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)
シェア / 保存先を選択