大人気舞台『ピカイチ!』が超バージョンアップ再演! 梅棒・伊藤今人×w-inds.千葉涼平インタビュー

インタビュー
舞台
2018.9.15
(左から)千葉涼平、伊藤今人

(左から)千葉涼平、伊藤今人

画像を全て表示(5件)

“ジャズダンスとJ-POPによる台詞のない演劇”を上演する梅棒。クオリティの高いダンスで表現される全力のコメディは、男女年齢問わず多くのファンを増やし続けている。

2017年の『ピカイチ!』では、w-inds.千葉涼平を主演に迎え、学園コメディを上演し大反響を得た。それが2018年12月から、さらにバージョンアップした『超ピカイチ!』として上演される。しかも前回とほぼ同じ配役で上演される『全日制ver.』と、配役をシャッフルした『定時制ver.』を同時上演。新たな挑戦についての思いを、梅棒・演出の伊藤今人と、主演の千葉涼平に聞いた。

バージョンアップ! 2役への挑戦

ーー今回は2バージョンあるんですね

伊藤:前回とキャストが少し変わりますが、『全日制ver.』はあの時の楽しさをよりバージョンアップして完全再現します。『定時制ver.』は、お互いの役をシャッフルしてハチャメチャ感を足したい。前回の『ピカイチ!』で梅棒らしい男子の中二病感満載で大暴れできて好評をいただいたので、梅棒の集大成みたいな作品を早速、再演しようと決めました。今回は千葉君には、真逆の役をやってもらいます。『全日制ver.』では前回と同じで学園を荒らしに来るナルシストの転校生の役。『定時制ver.』では、転校生によって翻弄されるもう一人の主人公です。学園のマドンナのことが好きなんだけど、転校生に奪われそうになって焦ったりする頼りなくてコミカルなキャラクター。千葉君は前回コミカルな演技ですごく苦労してたけど、今度はまた新しいコミカルさに挑戦ですね。

千葉:笑わせるのって、スイッチが入ると楽しいんですけれど。そこが掴めないと難しい。「こんな感じかな?」と探っちゃうんです。

伊藤:ナルシストな転校生の時も、ただカッコつけるだけじゃなくて「どんなカッコつけ方だよ!」ってツッコミたくなるくらいぶっ飛んでないとおもしろく見えないからね。そういえば、デカイ消しゴムで答案用紙の答えを消すシーンで、稽古しながら「もっと激しく! もっと!」と何度もやり直させちゃった時は、千葉君は迷路に迷い込んでましたね。

伊藤今人

伊藤今人

千葉:難しかったですね。あの時は一番迷路にいました。

伊藤:おもしろく消しゴムを消すっていう迷路(笑)今度の『定時制ver.』はナルシストなコミカルさじゃなくて、ドジで笑わせるというキャラクターですし、どうなるか楽しみですね。初演で演じていた梅棒の鶴野輝一は、コミカルな表現がすごく上手なんです。でも僕は千葉君が頼りないドジキャラをやることは、とてもいいなと思ってるんですよ。千葉君ってすごく頼りがいがあるし「大丈夫ですよ」という空気が出ている。それを剥がして「こいつダメだな~」と感じられるようにしたいんです。千葉君はしっかりしているので、きっと誰も見た事ない母性をくすぐるキャラが見られたらいいな。

ーー前作と同じ作品ということで、今回はここに挑戦したいというところはありますか?

千葉:まったく逆の役柄なので、まずそこが大きなチャレンジです。しかも両方を同時進行で稽古していくので、うまくバランスをとっていきたいですね。同じ1日の中で違うことをやるための気持ちのスイッチの切り替えは、すごく難しそう。それが一番心配です。

伊藤:怖いよね。でも千葉君は大丈夫だと思います。ライブで何十曲も歌って踊ってますし、短時間でフリを覚えたり、突然変更したりする現場に慣れているんじゃないでしょうか。むしろ梅棒メンバーがテンパるよ、きっと(笑)。梅棒は一つの役をがんばって作り込むから、『超ピカイチ!』では「昼公演はこっちの役だったけど、夜公演はどの役だ!?」みたいな混乱が生まれそうですね。でも違う役をやることは作品にとっても非常に良いこと。特に千葉君は対になる役を演じるので、両方やると相手役への理解が深まるんじゃないでしょうか。転校生として嫌がらせをしながら「相手役を演じる時はどうリアクションしたらいいかな?」と考えるので、役についての発見がたくさんあるはず。互いの役作りに活かすことで、どっち役の芝居も良くなるのではないでしょうか?

千葉:がんばります!

真面目で不器用だからブレイクダンスを選んだ

ーー転校生は超ナルシストキャラですね。前回はどんな反応がありましたか?

千葉:とにかく反応が良かったです。お客さんも、友人や仕事関係の人も今までにない新しさを感じてくれたみたいです。

伊藤:初日の興奮はすごかったですよ。前情報がないからお客様も何も知らない状態で劇場に来ていて、w-inds.「キレイだ」が流れた瞬間に観客席から「うわぁあーーー!」と声が上がりました。その曲は本来それほど格好つけていないから、稽古の時も千葉君はナルシスト全開にしてくれなかったんですよ。「足りない。もっとナルシスト全開でやってくれ。机の上に乗って、とか、椅子に足をかけて」って無駄な動きをいっぱいさせたりしましたね。

千葉:初めてのことばかりすぎました(笑)どこまでやっていいか探りながら稽古していると「もっともっと」と言われて、本番始まってからも「もっともっと」と言われ続けました(笑)でもお客様がいるとより楽しくなる役でした。

ーー千葉さんは、稽古をどのように進められるのですか?

伊藤:稽古中は手探りですし、千葉君はあまり僕に質問しに来ないんですよ。僕の知らない所でずっと一人で考え込んでから他の共演者に相談しているのが回り廻って「なんか千葉君が悩んでますよ」と僕のところにくる。で僕が「千葉君さ、なんか悩んでるみたいだよね?」と話しかけに行って解決する(笑)

千葉:結局、今人さんのところに行っちゃうんですよね(苦笑)。梅棒さんの舞台は、台詞がないから難しいんです。動きで伝えられなかったら、ストーリーがまったく伝わらなくなっちゃうので、どうやって表現するのか悩みました。

(左から)伊藤今人、千葉涼平

(左から)伊藤今人、千葉涼平

伊藤:輪を乱さずに周囲のことを考えた立ち居振る舞いをしながら、与えられたタスクを解決しようとしてるよね。独りよがりではなく、ちゃんと団体を見られる人。梅棒はメンバーも多いし、台詞がなく役作りのヒントが少ないから、各自が自分の事をしっかり考えなければいけないんです。その作業に苦労する人が多いんですけど、千葉君はすごく真剣に自分と向き合うから表現者として信頼できるし、頼れる存在です。たぶんそもそも不器用な人なんだと思うんです。不器用だからこそブレイクダンスというジャンルを選んでやって来たんじゃないかな。ブレイクダンスってノリや感覚だけでなく、練習して努力して技ができるようになっていくものなので。千葉君の真面目な性格にすごく合ったダンスを選んだんだなと思います。

千葉:あはは! バレてたー!

伊藤:演劇でも、なんとなくノリで演じて役に実が伴っていないっていう人がたくさんいます。でも梅棒は台詞がない分、ストーリーや役割をちゃんと考えて矛盾を消していかないと、自分も納得できないし、お客様がまったく理解してくれなくなっちゃいます。でも千葉君は「これを成立させるためには、どうしたらいいんだろう」とちゃんと考えていることが伝わってきます。ノリでやらないし、ダンサーとしての実力も信頼しているので、安心して物語の芯を任せられる表現者です。彼が矛盾なくしっかりと居てくれれば、周りが思いきり無茶しても物語がブレません。時には、その真面目さをぶち壊して思いっきりバカな事をやってみるのも重要なんですけど、それは前回の舞台で分かってくれたと思います。

千葉:その通りです。やっぱり僕、真面目なんですか? 

伊藤:千葉君は、真面目です!(笑)

ーー『ピカイチ!』では、真面目な千葉さんが思いきりはっちゃける、と。

伊藤:前回、こんな千葉君が見えるとは誰も思ってなかったでしょうね。「キレイだ」の後も事務所の先輩であるDA PUMPさんの曲を踊ったりと普段はなかなか見れないシーンが多かったので、初日からリピーターチケット購入の列がすごかったです。劇場の外まで並んで……。きっと千葉君ファンも「これは思ってたよりおもしろかった」と思ってくれたのかも。

千葉:あはは!

伊藤:やっぱりゲストの方をお呼びする以上、まだ見たことのない姿を見て欲しいんです。初日が開くまでは「あんなナルシストでぶっ飛んだ千葉君は見たくなかった」と言われるかもと思ってましたが、僕にはその声は聞こえてこなかったですね。むしろ「こんな千葉君見せてくれて、ありがとうございます」みたいな変なお礼を言われました(笑)喜んでもらえたのかなと思って、ほっとしたのを覚えています。アジアの他の国からも観に来てくれましたよ。梅棒は言葉がないノンバーバルの舞台なので、言葉がわからなくても楽しんでいただけたようです。

「パンツのかぶり方」を真剣に考える

ーー梅棒さんの現場は、どんな雰囲気ですか?

千葉:予想をはるかに超えて、大変な現場でした。毎日状況が変化するんです。違うなとなった時に、ちょっと手直しするのではなく、丸ごと変えたりします。一曲なくなった時もありました。今人さんからどんどんアイデアが溢れてきて「ちょっとこうしてみて」と言われることに「なるほど!」と納得できるおもしろさがあるんです。演出家として本当にすごい人だなと思いました。

千葉涼平

千葉涼平

伊藤:(ガッツボーズ)

千葉:雰囲気もすごくいいんです。普段はみんなでワイワイしているけれど、やる時はちゃんとやるみたいという切り替えができてますね。

伊藤:作品はコメディがベースなので、稽古場はポジティブで楽しいです。でもダレてる瞬間は作りたくないんですよね。時間がギリギリの中で稽古をしているので、無駄な待ち時間は作りたくない。限られた時間の中でどうしたらおもしろくできるかを全員で考えています。すごく真剣に「どのタイミングで空からパンツがおりてくるか」とか「10秒でパンツをかぶれるか?」と話し合っている。はたから見たらおかしい状況ですけど、めちゃくちゃくだらないことを全力でやって、エンターテインメントとして完成させたいんです。“バカを真剣にやる”。

ーー本気の文化祭みたいですよね。

伊藤:そうなんですよ。大人になって本気で文化祭をやれることってなかなかないと思うんですけど、ここではずっとそれをやってる。だからお客さんには女性だけでなく男性も多いんです。男心をくすぐる“少年ジャンプ感”があるんでしょうね。「バカだなあ!」と言いながら学生時代を思い出したりしてくれてるのかな。

千葉:僕も男だからわかります。気持ちを投影してくれているとも思いますし、男が入り込める青春の世界観は、特に『ピカイチ!』に強く感じますね。

ーーしかも今回は2バージョン。どんな青春になるのか期待が高まります!

伊藤:『ピカイチ!』という作品は、前回の公演である意味完成したんです。すごくおもしろくて、隙のない作品が作れた。これからそれを新たに進化させ、壊していきます。おもしろい作品だということは一度公演して自信があるからこそ、どこまでそれをブラッシュアップしていけるのか楽しみですね。前回「こういうこともできるかもしれない」と感じた可能性に挑戦し、『定時制ver.』ではよりイジリまくっていきます。両ver.を観た方には、まるで同じ作品とは思えない、どちらも楽しめる舞台にしたいです。

千葉:できればどちらも観ていただきたいですね。たまたま僕が出ていたけれど、出ていなくても本当に素晴らしい作品だなと思うんです。だからもっともっとたくさんの方に観ていただきたい。まずは『全日制ver.』で『ピカイチ!』という作品を知っていただき、『定時制ver.』で大きく変化した姿を観ていただけたら嬉しいです。

(左から)千葉涼平、伊藤今人

(左から)千葉涼平、伊藤今人

取材・文=河野桃子 撮影=岩間辰徳

公演情報

梅棒 9th “RE”ATTACK『超ピカイチ!』
 
■作・総合演出:伊藤今人(梅棒)
■出演:梅澤裕介、鶴野輝一、遠山晶司、遠藤誠、塩野拓矢、櫻井竜彦、楢木和也、天野一輝、野田裕貴(以上 梅棒)/、千葉涼平(w-inds.)、納谷健(劇団Patch)、YOU、RYO(Beat Buddy Boi)、suzuyaka(Red Print)、一色洋平 、MOMOCA(LUCIFER)/(全日制ver.のみ出演)パイレーツオブマチョビアン、YOH(KEMURI)、魚地奈緒/(定時制ver.のみ出演)上西隆史(AIRFOOTWORKS/ex. WORLD ORDER)、マルコ(NEO-Geisha)、雷太 ほか
 
<東京公演>
2018年12月15日(土)~12月29日(土)
会場:東京グローブ座
 
<大阪公演>
2019年1月5日(土)~1月6日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール
 
<愛知公演>
2019年1月9日(水)~1月10日(木)
会場:アートピアホール
 
シェア / 保存先を選択