崎山つばさ、郷本直也、鈴木拡樹、橋本祥平出演 舞台『幽☆遊☆白書』大千秋楽テレビ中継決定

ニュース
舞台
2019.7.22
 (C)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会 (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年

(C)舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会 (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年


2019年8月28日(水)に舞台『幽☆遊☆白書』が東京・シアター1010で初日を迎える。東京公演を皮切りに大阪、福岡、愛知で上演されるが、このほど9月22日(日)に愛知・一宮市民会館で行われる大千秋楽の模様がWOWOWプライムで生中継されることが決定した。

本作は1990年から1994年に連載された冨樫義博の人気コミック「幽☆遊☆白書」の舞台化作品。霊界探偵となった主人公・浦飯幽助の妖怪とのバトルや、人間と妖怪との濃厚でドラマティックなストーリー が描かれ、蔵馬や飛影、桑原和真などの人気キャラたちも登場し人気を博した。

主人公・浦飯幽助役を演じるのはミュージカル『刀剣乱舞』など2.5次元舞台で活躍している崎山つばさ。その他のキャストとして、桑原和真役に郷本直也、蔵馬役を鈴木拡樹、飛影役を橋本祥平が演じる。脚本・演出は、ミュージカル『刀剣乱舞』や2019年公開の映画『東京喰種トーキョーグール【S】』の脚本など、数々の作品を手掛けている御笠ノ忠次 が担当している。

<ストーリー>
ある日、事故に遭って死んでしまった不良学生・浦飯幽助(崎山つばさ)。霊体となり、霊界案内人のぼたん(平田裕香)に霊界へと連れてこられた幽助は、エンマ大王の息子コエンマ(荒木宏文)から生き返るための試練を与えられる…。試練を乗り越え、晴れて生き返ることができた幽助は、ぼたんとともに妖怪が人間界で起こす悪事を取り締まる霊界探偵として働くことになる。コエンマから与えられた指令は、霊界大秘蔵館から盗まれた闇の三大秘宝「降魔の剣」「暗黒鏡」「餓鬼玉」を取り返すこと。秘宝を盗んだのは、霊界犯罪人ブラックリストに名を連ねる妖怪盗賊の蔵馬(鈴木拡樹)、飛影(橋本祥平)、剛鬼(新田健太)だった。幽助は霊気を指先に 集中して放つ「霊丸」を武器に、強力な妖怪たちと死闘を繰り広げていく!

 

放送情報

大千秋楽生中継!舞台「幽☆遊☆白書」
 
■放送日時:2019年9月22日(日)午後4:00
■放送チャンネル:WOWOWプライム
■WOWOW公式サイト:https://www.wowow.co.jp/

公演情報

舞台『幽☆遊☆白書』
 
■公演日程
<東京公演> 2019年8月28日(水)~9月2日(月) シアター1010
<大阪公演 >2019年9月4日(水)~9月8日(日) 森ノ宮ピロティホール
<福岡公演> 2019年9月10日(火)~9月12日(木) ももちパレス
<愛知公演> 2019年9月20日(金)~9月22日(日) 一宮市民会館
■チケット:
プレミアムシート 10,800円(税込)(前方エリア/非売品グッズ付き) 一般席 8,500円(税込)
 
■原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
■脚本・演出:御笠ノ忠次
■出演:
崎山つばさ、郷本直也、鈴木拡樹、橋本祥平
未来、角島美緒、平田裕香、新田健太、エリザベス・マリー、荒木宏文
 
■主催:舞台「幽☆遊☆白書」製作委員会
(Office ENDLESS/ぴえろ/読売広告社/サンライズプロモーション大阪/バンダイナムコアーツ) キョードー西日本(福岡公演のみ)
■公式ツイッター:@yuhaku_stage
シェア / 保存先を選択