【SPICE人気記事特集】ドリフェスレポート、エレカシZeppレポ、モンスト、HiGH&LOW THE RED RAIN監督&脚本家インタビュー、大槻ケンヂ、伊東歌詞太郎、RADWIMPS

特集
2016.10.30

10月22日から10月28日まで一週間の人気記事を紹介。

『テレビ朝日ドリームフェスティバル』の記事一覧
昨年に引き続き、当日のオフィシャルライブレポートを担当したドリフェスの記事が堂々の1位に。ジャンルレスながらも豪華な出演者のライブはまさに夢のようであった。

デビュー30周年を目前にしてバンド史上最強 エレファントカシマシが挑み続ける理由をZepp Tokyoに観た
デビュー30周年を迎えようとしているのに、バンドの成長期はまだまだ続いている。ツアー初日のZepp Nambaのステージも見たのだが、場数を踏めば踏むほど、バンドサウンドはさらにソリッドになっていた。バンド史上、今が最強。

モンスターストライク 新たな獣神化モンスターのアビリティを発表、ハロウィン限定キャラクターも​
大人気のソーシャルゲーム『モンスターストライク』がかねてより予告していた、新獣神化モンスター「サタン」、「ギムレット」のアビリティを発表。サタンが初のクワトロキラー持ちとなるなど、大幅なアップデートも行われた。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』山口雄大監督&脚本・平沼紀久氏インタビュー​
公開中の『HiGH&LOW THE RED RAIN』でメガホンを取ったのは、『珍遊記』の山口雄大監督だ。インディペンデント映画出身で、一風変わったテイストで知られる山口監督が、なぜ『HiGH&LOW』に携わることになったのか? そのカギを握るのは『THE RED RAIN』でプロデューサー・脚本をつとめる平沼紀久氏。平沼氏と山口監督には、実は意外な共通点があったのだ。

療養と復帰の話、ベストアルバムとニューシングル──大槻ケンヂ・筋肉少女帯、2016年の現在地について訊く​
思うところ感じることはいろいろあるし、今年の春先にノドのポリープの手術で療養というキャリア初の事態もあったので、それも含めて大槻ケンヂにそのまま訊いた。普通に訊いた。若き頃も現在も、語り手として異様に優れているこの方には、そのまま普通に訊くのがいちばんである。

伊東歌詞太郎 プラネタリウムライブで新曲「銀河鉄道の夜」スマートフォン向けMVRを先行販売​
伊東歌詞太郎が、10月22日(土)多摩六都科学館で開催するプラネタリウムライブ『満天のうた』にて、スマートフォン向けのミュージックVR映像と音楽データが収録されたコンテンツカード(M∞カード)「銀河鉄道の夜」を先行販売することがわかった。

RADWIMPSのニューアルバム、タイトルは『人間開花』 ジャケットビジュアルも公開に​
11月23日(水・祝)にリリースになるRADWIMPSのニューアルバムのタイトルが『人間開花』であることと、同アルバムのジャケット写真が公開された。

シェア / 保存先を選択