結城企画『くるみ割れない人間』 結城洋平×未来インタビュー

インタビュー
舞台
2017.1.19
(左から)未来、結城洋平

(左から)未来、結城洋平


俳優・結城洋平が主宰する結城企画の第二回公演『くるみ割れない人間』が1月25日より下北沢 OFF・OFFシアターにて上演される。「犬と串」のモラルを脚本・演出に迎えての、バレエをモチーフにしたコメディだ。稽古も佳境のなか、結城洋平と、カンパニーで紅一点の女優・未来(カムカムミニキーナ所属)に話を聞いた。

結城洋平・未来

結城洋平・未来

――まず、結城さんが未来さんをオファーしたきっかけを教えてください。

結城 脚本・演出のモラルさんとお話をしていて、女優さんに一人入ってほしいなっていうことで、最初はどういうジャンルの役者さんにオファーするか迷って。小劇場感の強いコミカルな女優さんなのか、それともちょっと高嶺の花で凛とした女優さんなのか……という話をしていて。結局、後者のほうで行こうとなったときに、候補にいたバレエ経験のある未来ちゃんにオファーさせていただきました。
未来 嬉しい!
結城 でも初めて会ったのが前回公演の『ブックセンターきけろ』を観に来てくれた時だったから逆に不安だろうし、こちらもお芝居を見てないのにオファーしたから失礼かなとも思ったんですが、でも未来ちゃんで本当によかったです。

――逆に未来さんは、結城さんからのオファーを受けてどうでしたか?

未来  『ブックセンターきけろ』を、最前列で観させていただいて、チャレンジ精神というか、挑戦感がすごく伝わってきて。とにかく少人数でしゃべってるし、記憶術のシーンも、みんな毎日こんなことしてるんだと思っておもしろかったんです。キャスティングされている役者さんがみんな憧れの先輩っていうのもあるし、脚本家が毎回変わるという企画自体も挑戦的な感じがしたので、喜んでお受けさせていただきました。
結城 ありがたいですね。

――実際にお稽古に入ってみてお互いの印象は変わりましたか?

未来  『ブックセンターきけろ』でご挨拶させていただいた時に、アルバイト役だったせいか、私と同い年か下くらいの若い印象があったんですけど、実際に入ってみると皆のことをちゃんと見て優しく接してくださるので、“頼れる存在”としていい意味で変わりました。
結城 ありがとうございます。特にそういう意識はしていないんですが(笑)。

――結城さんから見た未来さんの印象はどうですか?

結城 本当に未来ちゃんみたいな人で良かったと思って。やっぱり男性キャストの中で1人だけ女性となったら、普通の女の子だったら居場所を作り辛いかもしれない。でも未来ちゃんは自然体でおじさんたちを手玉に転がしていて…。
未来  いやいや、全然ですよ(笑)。
結城 そこはありがたいなと思いますね。そして、一番最初の稽古でダンスの(吉本)由美先生がいらっしゃって、ペアで踊るってなったときに、肌感覚で「あっ! 一緒にやりやすいかも」って勝手に思っていました。
未来 確かに!

結城 カムカムミニキーナでは普段どういう役回りなんですか?
未来 カムカムミニキーナはほぼあて書きなんです。私は明るい役をやってみたいんですけど、実際に書いていただく役は闇を抱えているとか……。
結城 あはは(笑)。
未来 過去に何かあった役とか、クールな役が多いせいか、今回の役もどこかに何かを抱えているような役をモラルさんに書いていただいて。「すごい!」って思いました。劇団員としての扱いは、女とかではなく、ガサっとした集団なので(笑)。今回は男性キャストばっかりっていうのもあるかもしれないですが、すごく女性として丁寧に扱ってくださる現場なので、潤いますね。気持ちが!
結城 なかなか26歳で「気持ちが潤う」なんて言えないでしょ(笑)!

――モラルさんから与えられた役に関してはどうですか?

未来 私は女医のクララという役を演じるのですが、自分のなかでの暗い部分とかが舞台上でもきっと見え隠れしていて。そこをモラルさんが拾ってくださって今回の役を書いていただいたのかなと。演じていてクララ先生と似ているところなどの発見があったりします。他のキャストも、この人ってこういう感じなのかなとか、役からその人自身を想像できるようなキャラクター設定が多いので、やっていてすごく楽しいです。
結城 本当にそう思うね!

――モラルさんや他のキャストの魅力や面白い所を教えてください。

未来 いっぱいある(笑)!
結城 モラルさんは正直、普通に学校にいたら絶対に友達にならないタイプ!
未来 (爆笑)。
結城 俺なんか絶対話してくれないと思う!
未来 グループは違いそう。
結城 そう!話したいと思っても、なかなかお近づきになれないタイプの人。出会ったことのない人種というか、作家さんのなかでもきっと変わっているタイプなんだと思います。だんだん可愛く思えてくるというか…。
未来 可愛い。
結城 笑い方がすごい可愛いもん。うひゃひゃひゃひゃひゃ、ひゃひゃ。って(笑)。
未来 そうそう!私が勝手に想像していた演出家像とは全く違っていて。宣材写真では怖い人なのかなって思っていたら、実際はすごく柔らかい雰囲気の方だし、演出家席で誰よりも笑ってるし、楽しんでいるし。演出をつけるときも誰よりも自分が一番演じてるみたいな瞬間もいっぱいあるから。もっともっと稽古中にモラルさんのことを知りたいし、探りたい!
結城 そう。もっと探って、掘っていきたい。

結城 眼さんは、トータルで四回目の共演になります。
未来 変わるものですか、印象は?
結城 一回目二回目は、眼さんはすごく面白いし、「喋りたい!」って思っていたけど、三回目四回目になってくると家族みたいな。特にもう会話しなくてもいいというか(笑)。でも傍にいてほしい感じ。
未来 眼さんは稽古場では口数は少ないですが、壁を作らず誰とでもフラットに接してくれるので一緒にいてホッとするし居心地がいいです。お芝居をしていても一緒に出ているシーンは心強いです。
結城 安心する!

結城 銀平さんは、ベッド&メイキングスの野外劇『南の島に雪が降る』以来、二回目です。男気が強いから「俺がなんとかしてやる」っていう気持ちが強くて。たまに強すぎて困ることもあるけど……(笑)。でもそれぐらい責任感というか、「俺に任せろ」っていう気合があって、いい先輩という感じがしますね。
未来 いい意味で眼さんと正反対!
結城 わかる、わかる!
未来 いてくれるだけで稽古場がパッと明るくなります。眼さんとはまた違う信頼感があって、あと優しい!
結城 このコンビ、本当にいいよね。
未来 最年長コンビ!
結城 読み合わせの時からすごい息ぴったりだったもんね。初対面なのに(笑)。

結城 富川さんは、熱烈オファーしました。
未来 共演したことはあるんですか?
結城 10年くらい前に映画で一回だけ共演したことがあって。その時は僕もまだ舞台をやってなくて。「こういうのあるから観に来て」って誘ってくれたのが富川さんでした。だから一番最初に自分の意志で舞台を観に行ったのが富川さんの作品かな。フリーの時代も、「はえぎわ」に出ているのも観て、この人と一緒にやれたら間違いなく面白いだろうなって思って。いろんなことに対してすごい考えているし、誠実だし。今のことろ何もダメなところが見当たらないです。ちょっと顔色が悪いくらい……。
未来 あはは。そうですね。細いし(笑)。私も結城企画に出るのが決まった段階で、カムカムの劇団員が「富川さんがいる!すごい!」って言ってくれて。
結城 へぇ~!
未来 本当に小劇場界のスターというか。そんな方と共演できるんだと思ってビビッていましたが、話しやすいし、無言になっても気まずくないような空気もあるし、それでいいんだって思わせてくれるような器の大きさもあるし。それがすごく素敵なお兄さんだなっていう印象ですね。
結城 あと誰よりも演劇が大好きなんだろうなって思う。
未来 楽しそうですもんね、やっているとき。

公演ちらし

公演ちらし

――稽古も終盤に差し掛かってきましたが、稽古場の雰囲気はどうですか?

結城 中盤までは堅かった印象ですけど、いまはもう堅さはないような気がします。
未来 何かしらの光が見えてきたように思います。ダンスシーンも役柄もみんなチャーミングで。どこか憎めないところがあって。それはみなさんの人間性が出ているからこそなんだと思います。可愛らしい集団のお芝居になりそうです。

――小劇場ではなかなかないメニューのお稽古になっているようですが……。

結城 稽古がハードで脚もパンパンだし、家に帰ってベッドに入った時の自分の身体の熱さにびっくりしました。お芝居やって、バレエやって。お芝居もエネルギッシュなものだから、こんな稽古メニューはこれからもないだろうなと(笑)。
未来 これだけ喋り倒して、踊り倒して、千穐楽で踊り終わったら泣いちゃうんじゃないかってくらいの達成感が絶対あると思います。
結城 今の段階で、一公演、最後までいけるか分からない!頭からやったら体力的に最後までいけないかもしれない(笑)。
未来 小道具とか手数も多いですし。一人何役やるんだってくらいいっぱいやることがあります。
結城 今回、未来ちゃんはメインの女医以外の役もあるから、見ていてこちらも楽しいんですけど…(笑)。
未来 良かったです。そこが息抜きポイントになるから。
結城 本当に楽しみポイント! 未来ちゃんの普段見られない一面があります!

――最後に、読者の皆様にメッセージを!

結城 今回の作品は、エネルギッシュクラシックバレエコメディ! クラシックバレエって静かで上品なイメージですけど、そこに僕たちのエネルギーが加わったニュージャンルです。このお芝居に関わったこと、観に来たことを周りに自慢できるような作品にしたいです。
未来 OFF・OFFシアターでこんなにたくさん踊るお芝居を観たことがないので、それだけでも目撃してほしいし、お話もタイトルも含めて結構哲学的なんです。自分の殻を破ることは恥ずかしいけど、割れた時の人ってこんな素敵なんだっていうことが稽古をしていても分かるので、本番では感情的な踊りも、みんなの観たことない表情とか動きとかも含めて、何回でも観に来てほしいです。ダンスと、面白いしゃべくり演劇と、色んな見どころが詰まっているので、脚を運んでいただけると嬉しいです。

<プロフィール>

結城洋平(ゆうき・ようへい)
1988年6月25日生まれ。2004年にテレビドラマ「3年B組金八先生」第7シリーズで俳優デビューし、さまざまな映画、ドラマ、CMに出演。2009年より劇団プレステージに参加。2014年に同劇団を退団し、舞台 ベッド&メイキングス 野外劇「南の島に雪が降る」(2014年)、「七人くらいの兵士」(2015年)、タカハ劇団「嘘より、甘い」(2016年)などに出演。2016年に自主公演となる結城企画を立ち上げ、舞台「ブックセンターきけろ」を上演。

未来(みく)
1990年7月2日生まれ。劇団カムカムミニキーナ所属。様々な舞台に出演するほか、ドラマCX「ラヴソング」(2016年)、NTV「世界一難しい恋」(2016年)、CX「ゴーストライター」(2015年)、CX「若者たち2014」(2014年)などに出演。ラジオJFNサタデードラマハウス 美女子劇場「たこ焼き、ネギ焼き、とん平焼き」にも出演中。

公演情報
結城企画『くるみ割れない人間』

■日程:2017年1月25日(水)~1月31日(火)
■会場:OFF・OFFシアター(下北沢)
■脚本・演出:モラル(犬と串)
■出演:眼 鏡太郎(ナイロン100℃) 佐藤銀平 富川一人(はえぎわ) 未来(カムカムミニキーナ) 結城洋平
■アフタートーク開催決定!
1月25日(水)19:00公演 モラル(犬と串)×結城洋平
1月26日(木)19:00公演 大村まなる(劇団プレステージ)×結城洋平
1月29日(日)18:00公演 大歳倫弘(ヨーロッパ企画)×眼鏡太郎(ナイロン100℃)×結城洋平
■チケット:発売中
■企画・製作・主催:(株)gina creative management
■問合せ:メール info.yuukikikaku@gmail.com
■公式サイト:http://yuukiyohey.wixsite.com/yuukiyohei/blank-4

シェア / 保存先を選択