初開催『Magical Echo 2017』出演者インタビュー vol.3 jizue

インタビュー
2017.2.20
jizue

jizue

画像を全て表示(2件)

ロックやハードコアから受けたスピリッツを楽曲の中に感じさせ、ジャズの心地よいリズムと旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドと、圧倒的な演奏力で地元京都を中心に人気を集めているjizue。『FUJI ROCK FESTIVAL』やその他の大型フェスにも出演するなど、全国各地で高い評価を得ている彼らは、2017年3月11日(土)心斎橋SUN HALLにて、jazzやカントリーなどのジャンルで抜群の演奏力とセンスを持った様々なバンドを集めて開催されるイベント『MAGICAL ECHO 2017』に出演する。このイベントのゲストプレイヤーには、門田“JAW”晃介が登場するという豪華なものとなっている。今回は『MAGICAL ECHO』に出演するアーティストのjizue・片木希依(Key)にメールインタビューを実施した。

──jizueの楽曲を聴かせていただいた時に、ロックやクラブミュージック的なルーツを感じましたが、バックボーンにある音楽は?

メンバーそれぞれに聴いてきた音楽、演ってきた音楽のジャンルは様々ですね。私は小さい頃からクラシックピアノを勉強してきて、学生時代はブラックミュージックを好んで聴いていました。ギターの井上典政(以下、井上)やベースの山田剛(以下、山田)はメロコア、ロックを好んで聴いていたみたいですし、ドラムの粉川心は根っからのハードコア好きです。でも、みんなジャンル関係なく共通して心に響く熱さを持つ音楽が好きで、今は全員ジャズに魅力を感じてますね。

──作曲は主にどなたがされているのですか?

主に井上くんと山田くんと私が、曲のアイデアをパソコンに打ち込んで、それをメンバーみんなで形にしていくという風な感じで制作しています。井上くんはjizueのレコーディングエンジニアもしているので、曲全体の構想をとても明確に細部まで作りこんでくることが多いですね。

──楽曲を制作する際に、こだわっている部分は?

今までは風景が浮かんだり、想いが伝わるように思いながら制作することが多かったのですが、最近はシンプルに楽器自体の面白さや、4人だからこそできる音の重なり合いを楽しめたら……ということを思いながら作ることもあります。やりたいことと、伝わりやすさのバランスを上手くとれたらと思いますね。

──なるほど。海外でのライブ活動もされていますが、海外でのライブと日本でライブをした時の観客の反応の違いを聞かせてください。

日本よりも感情表現がとてもオープンなように感じますし、jizue史上初めてのダイブやモッシュが起こっていました(笑)。リアクションがとても分かりやすく返ってくるのは、演奏していてとても気持ちが高まりますし、人種や国籍関係なく、ひとつのものを共有できることに感動しました。

──では、今後はライブをしたい国はありますか?

ヨーロッパ、アメリカに行ってみたいです。

──ずばり、jizueのライブの見どころは?

ライブだからこそ体感できる、音のエネルギーのぶつかり合いですね!

『Magical Echo 2017』

『Magical Echo 2017』

──今回出演するバンドの中で気になるバンドはいますか?

KAN SANOさんは個人的にずっと大好きで聴かせてもらっているので、新しいアルバムの曲をライブで聴けるのが楽しみです。Yasei Collectiveは全員の演奏スキルが尋常じゃないので、こちらもとても楽しみですね。

──では今回イベントに出演するミュージシャンの中で、誰とセッションしてみたいですか?

去年からピアノ2台という形態の複数鍵盤で演奏することにハマっているのでKAN SANOさん、 Yasei Collectiveの別所さんと鍵盤セッションをしてみたいです。

──今回ゲストプレイヤーのサックスの門田“JAW”晃介さんとライブ中にコラボする予定があるとの噂を聞きました。

とっておきのスペシャルセッションをする予定なので、楽しみにしていてください。

──では最後にイベントヘの意気込みをください

全アーティスト、本当に素晴らしい音楽をされる方ばかりなのでいい夜になること間違い無し! 是非みなさま会場でお会いしましょう!


インタビュー・文=けんじろ〜

イベント情報
Magical Echo 2017
日時:2017年3月11日(土)
会場:心斎橋SUNHALL(大阪府)
出演者:Kan Sano / Yasei Collective / BimBomBam楽団 / jizue / 向井太一
Guest Player:門田"JAW"晃介(BARB/ex.PE'Z)

 
京音
日程:2017年2月17日(金)〜2月19(日)
場所:京都 磔磔 / KYOTO MUSE / METRO
出演:
【2月17日(金)】 
スカート/Homecomings/knit/くつした 
【2月18日(土)】 
SPECIAL OTHERS/ハンバート ハンバート/Polaris/bonobos/fox capture plan/Kan Sano/Nulbarich/ベランダ/POLPTOM/And Summer Club/フライデイフライデー/SAPPY/象の背/踊る!ディスコ室町 
【2月19日(日)】 
韻シスト/jizue/メシアと人人/愛はズボーン 

SNOW MONKEY BEER LIVE 2017
日程:2017年3月18日(土)〜3月19日(日)
開場:17:30 開演18:00
場所:志賀高原総合会館98ホール
価格:スタンディング 5,000円
出演:<参加ビール会社> 伊勢角屋麦酒 /うしとらブルワリー /京都醸造 /サンクトガーレン /湘南ビール/城端麦酒 /スワンレイクビール /大山Gビール /ハーヴェスト・ムーン /富士桜高原麦酒 /ベアードビール /南信州ビール /箕面ビール /麦雑穀工房 /ヤッホーブルーイング /ワイマーケットブルーイング /志賀高原ビール GIGANTIC BREWING COMPANY /HAIR OR THE DOG BREWING COMPANY /JESTER KING BREWERY /OXBOW Keishi Tanaka(第一部) /jizue(第一部) /ザ・なつやすみバンド(第一部) /bonobos(第一部) /Michael Kaneko(第二部) /片想い(第二部) /サニーデイ・サービス(第二部) /toe(第二部) /GEBO & DJ NAO-K(第三部) /Yogee New Waves(第三部) /Nabowa(第三部) /韻シスト(第三部) /MURO & AFRA(第三部) DJ KOOH(第一部) /DJ YOKU(第一部) /今谷忠弘(第二部) /DJ NAO-K(第三部)

SYNCHRONICITY'17/After Hours'17
日程:2017年4月8日(土)〜4月9日(日)
場所:O-EAST/O-WEST/他
出演:モーモールルギャバン/シャムキャッツ/Homecomings/フレンズ/Orland/iri /Boris/MOROHA/heaven in her arms/ENDON/COHOL/Killie / ZAZEN BOYS/cro-magnon/fox capture plan/WONK/DOTAMA /ART-SCHOOL/People In The Box/LITE/Limited Express (has gone?)/Klan Aileen / MANNISH BOYS/浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS/Yogee New Waves/Nulbarich/yahyel/ THA BLUE HERB/DJ KRUSH/THE NOVEMBERS/world’s end girlfriend/ROTH BART BARON/渋さ知らズオーケストラ/Awesome City Club/toconoma/Polaris/Nabowa/Rega envy/MONO/downy/toe/mouse on the keys/jizue

 
 
シェア / 保存先を選択