ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)名匠の磨かれたピアニズムを味わう極上のひととき

ニュース
2015.9.6
 ©Marco Borggreve

©Marco Borggreve

名匠の磨かれたピアニズムを味わう極上のひととき

 誇り高きロシアン・ピアニズムの伝統の正統な継承者であり、母国の偉大な作品群はもとより、独墺の古典、さらにはショパンまで、深い精神性を伴って弾きこなす名手、ニコライ・ルガンスキー。1994年のチャイコフスキー国際コンクール最高位入賞で一躍脚光を浴び、リサイタル活動の一方、世界中の一流楽団と共演、モスクワ音楽院では後進の指導にも力を注ぐ。

 そんな名手がヤマハホールへと初登場し、優雅で繊細な表現と圧倒的な技巧が同居する、独自の響きの世界を披露する。ステージでは、ロシアの巨匠チャイコフスキーが1878年に作曲、“隠れた名曲”とも言うべき、「大ソナタ」こと「ソナタ ト長調」を核に。ここへ、フランクのオルガン作品から編曲された「前奏曲、フーガと変奏曲」と、シューベルトのソナタ第19番、「トロルハウゲンの婚礼の日」ほかグリーグ「抒情小曲集」からの3曲を配する。しかも、この名演を体感できるのは、僅か333席の“選ばれた聴衆”のみ。これ以上に贅沢な時間が、他にあろうか。

文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年9月号から)
 
イベント情報
ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)

日時:9/14(月)19:00
会場:ヤマハホール
問合せ:ヤマハ銀座ビルインフォメーション 03-3572-3171
http://www.yamaha.co.jp/yamahaginza/
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択