佐伯ユウスケxMV監督上野氏が弱虫ペダルED曲「ナウオアネバー」の奇跡のMVについて語る

SPICER+
佐伯ユウスケ×上野監督対談

佐伯ユウスケ×上野監督対談

画像を全て表示(6件)

西野カナや関ジャニ∞などへの楽曲提供もしながら、自身の活動を活発化させ、アニメ弱虫ペダルのED曲を歌う佐伯ユウスケが今回とんでもないMVを公開する。逆再生かつ1カットで表現されたMVなのだが、奇跡的な事象が何個も重なって産み出されたこの「奇跡のMV」の公開にあわせて、本人とこのMVの親である上野監督に対談形式で話をきいた。

 

まずは解禁となったそのMVをご覧いただこう。

佐伯ユウスケ「ナウオアネバー」MV Full Ver.】

 

更に初公開となるこのMVの貴重なメイキング映像

佐伯ユウスケ「ナウオアネバー」メイキング映像】

 

その映像を踏まえて、MVについてを直撃対談でお届けいたします。

――まず“新生”佐伯ユウスケとしての第一歩目のミュージックビデオを、上野監督にお願いしようと思った理由から教えて下さい。

東宝の担当プロデューサー:「ナウオアネバー」という、曲調が面白い作品が上がってきて「面白いMVを撮れる人はいませんか?」と制作会社さんの方に無茶なご相談をして、そこで上野監督を紹介していただきました。それで初めての打合せの時に監督から、期待以上の面白いアイディアをいただいて。

佐伯:そうですよね。顔にパイを投げるというアイディアは上野さんでしたからね。僕は何かギミックが欲しいという事だけはお伝えしていて、でもそれが何かはわからないので、何かしら面白いことを、とざっくりしたことを伝えたら、あれができあがりました。

――まず監督が「ナウオアネバー」という曲、佐伯ユウスケというアーティストを見て思い浮かんできたコンセプト、キーワードはなんだったのでしょうか?

上野:曲を聴かせてもらってまず浮かんできたのは、楽しいけど……これ言っちゃっていいんですかね?(笑)

佐伯:どうぞどうぞ(笑)。

上野:曲調は楽しいのに、言ってることは結構厳しい内容だなと思って。

佐伯:なるほど

上野:すごく素直な応援歌というよりも、言ってることが意外と厳しくて、でもそういうところは個人的に嫌いじゃない、むしろ好きだなと。それで1番最初に浮かんだのは“逆再生”でした。最初はハードルが高かいかなと思っていました。マネージメントとプロデューサーに何か言われるかなとヒヤヒヤしていました(笑)。

佐伯:なんでですか?やっぱり逆再生という手法は業界ではハードルが高いんですか?

上野:あるというか、まずやりたいと言われると思っていなかったです(笑)。

――確かに逆再生のMVってあまり観たことがないです。

上野:たしかに逆再生でワンシーン、ワンカットでやるというのはないかもしれないですね。

佐伯:正直オススメしないです(笑)。

上野:自分が出したアイディアではあったのですが、撮影が始まる前はもう頭の中が大混乱して、本当にできるかどうか、胃が痛かったです(笑)。

佐伯ユウスケ×上野監督対談

佐伯ユウスケ×上野監督対談

――曲のイメージ、言葉のイメージと、実際に本人に会った時は、イメージが乖離していましたか?それとも想像通りの人でしたか?

上野:イメージのズレはそこまでありませんでした。お互い打ち合わせの時にハードルを上げまくってましたね。最初の案は、実はそこまでハードではなく、逆再生は全体のカットの一部でした。まずそれができますかね?というところからスタートしたら、佐伯さんが「俺得意っす」って(笑)。

佐伯:そんな風には言ってないですよ(笑)。

上野:でも全然やれます、みたいな感じで(笑)。

佐伯:でもその時はわかりませんでした、その言葉で、後でどれだけ後悔するということを(笑)。

東宝の担当プロデューサー:佐伯さんからその言葉が出てきた瞬間に、監督から「じゃあ全編逆再生でいきます?」っていう意見が出て。確かにその時はまだワンカット(全編)ではなかったです。。

佐伯:そうですね。もしワンカットでいけたらおいしいな、という感じでした。

上野:そうでした。別で撮ってインサートしましょうって言っていましたが、その後は佐伯さんとはそんなに会う機会がなくて、その間にどんどん企画書をブラッシュアップして、難度が上がっていって(笑)。最終的な台本が上がってきた時には、インサートの話は一切ありませんでした(笑)。

佐伯:あれっ、全編逆再生になってるぞって(笑)。

――(笑)。MVの中に自転車に乗っている女の子たちがたくさん登場していますが、あの不規則な動きも、細かくディレクションしているんですか?

上野:そうですね。

佐伯:あれはすごいと思いました。

上野:現場では演出部にお任せして、練習してもらっていますが、最初に俯瞰で設計図のようなものを描いて、曲のこのブロックまではこの動きというのをディレクションしました。でも逆再生なので、やればやるほど自分がわからなくなっていくという(笑)。

佐伯:音を聴いていもわからなかったです。

上野:最初、佐伯さんが女のコ達からパイを顔に投げつけられるシーンから撮影を始めたのですが、佐伯さんが動いている間、ここで女のコ達は何をするべきだろう、という事を考えていたら、設計図を描くのに朝までかかりました。曲のここの部分からこうなってと、それを逆再生で考えなければいけないので、頭の中が混乱しました(笑)。

佐伯:それはご苦労をおかけしました(笑)。

上野:タイムを測りながら、現場で実はロケハンの時に歩数を測りながらながらやりました。

佐伯:えっ、歩数まで?

佐伯ユウスケ×上野監督対談

佐伯ユウスケ×上野監督対談

――今初めて知った感じですね?(笑)

佐伯:そこまでとは……でもそういうところを見せないんですよ、プロフェッショナルな方達は。

――相当練りに練った、緻密な設計図が必要だったんですね。

上野:そうですね。あとは現場の天候とか、実際に自転車に乗ってくれる女のコたちが、どのくらいのスピードで動けるかは測れないですし、もし風があっただけでも変わってくるので、その辺は今回、奇跡的に恵まれたというか。

――何テイク目でOKが出たんですか?

上野:本番は1テイクですね。練習も1回ですね。1回リハをやって、形はできたのであとは佐伯さんのリップシンクは佐伯さんに任せて。

佐伯:一語一句覚えるのはきつかったです。実際もう覚えてないですよ(笑)。

(ここで全員で改めて「ナウオアネバー」のMVとメイキングを観る)

――どうですか、改めて観て。

佐伯:本当に大変でしたね。

上野:よくミスなくできたなというのが本音です。

佐伯:結構奇跡が重なっているというか。

上野:佐伯さんにパイを投げるところまではNGが出せるんですよ。パイをやったらもうNGが出せないというのと、後は太陽、日没時間のこともあって。

佐伯:日没が近くなってきたんですよね。だからタイムリミットが迫っていて。早く、早く、本番1回で決めようと、急ぎ足でやりました。予備カットを撮っても、パイの後でNGが出ていたらどうする予定だったんですか?

上野:MVのクオリティとしては落ちてしまいますが、佐伯さんを一人で撮ったものに、逃げるしかないというのはどこかで考えていました。

佐伯:パイを投げられてパイまみれなのに、また普通の状態に戻ったりするという感じですか?

上野:逆にワンシーン、ワンカットという構成を、最初からなくしたかもしれません。

――撮影日はその一日だけしかなかったんですか?

上野:そうです。

――そんなギリギリでやっていたんですね。

佐伯:無謀です(笑)。

――だから余計に緻密な設計図が必要だったんですね。

上野:そうですね。現場のスタッフに救われました。

佐伯:僕は現場では、必死に「ナウオアネバー」の逆再生バージョンを聴いていたので、それ以外の記憶があまりなくて……。でもとにかく頑張ってくれていたのは知っています。本当に 成功させたかったんです。だってドヤ顔でこういうの得意ですって言っちゃってましたから(笑)。

佐伯ユウスケ×上野監督対談

佐伯ユウスケ×上野監督対談

――監督の中ではMVというものはどういうもので、どうあるべきものなのでしょうか?

上野:これまで色々なアーティストのMVに関わってきたのですが、変に器用貧乏なのでそれ以外にもドラマ、映画、あとはテレビの番組もやっていますので、ミュージックビデオだから、という考え方はあまりなくて。でも「この曲を観てもらいたい」といつも思っています。ただ、今はアーティストがアーティストとして登場しているMVが多くて、もちろんそういう作品も完成度が高ければそれはそれでありだと思いますが、今回の場合に関してはそうではない側面で、佐伯さんのポテンシャルの高さが出るMVの方がいいのかなと思いました。ポテンシャルというのは、頂いた資料にダンスができると書いてあり、そういう部分も含めて色々できる方だと思いました。

――確かに資料にダンスという文字がありました。

佐伯:書いてましたっけ?

――はい、あと中・高でトロンボーン、コントラバスを経験、と

佐伯:そうでした。自分で書きました(笑)。

上野:そうするとひとつは佐伯さんのポテンシャルに頼れるもの、もうひとつは仕上げの段階で、自分のポテンシャル的にやれること。それと自分の周りのスタッフが、今までよりもちょっとハードルが高いことをやらせたら何ができるか、というスタッフへの期待感を総合したもので作ろうと思いました。スタッフには「また何を言い出すんだろう」って 嫌な顔はされますけどね(笑)。

――佐伯さんはコンポーザーとして、制作活動ばかりしているイメージがあったので、あの動き、華麗なステップは意外でした。

佐伯:ステップというよりも、後ろに下がっているだけですけどね(笑)。いかに面白い動きができるかを考えて、家で練習をしました。

――パイを顔面にぶつけられて、窒息状態ですよね。

佐伯:そうですね、酸素も足りていないし、動かなければいけないしで大変でした。

上野:でもパイのアイディアを出した時に、やりたいですねって目をキラキラさせながら前のめりになったのは佐伯さんです(笑)。

佐伯:そうなんです、そこを推したのは僕なんですよね、パイ投げられたいって(笑)。

上野:周りはむしろ本当に大丈夫ですか?と心配していました。

東宝の担当P:僕の中でMVは、まずアーティストの顔を見せなければいけないという考えがありました。撮影後に色々な人から「ワンコーラス終わるまで顔が見えていませんが、大丈夫ですかね」という探りの電話やメールがきて「うまくいったのですが大丈夫ですかね」と、よくわからない日本語が飛び交っていて(笑)。そう言われると構えちゃうじゃないですか。僕は当日撮影に立ち合えなくて、不安だったのですが、送られてきた映像をタクシーの中で観て、小さくガッツポーズをして(笑)、すぐ「OKです」と連絡しました。ワンコラース分顔が見えていないことが、逆にこのMVを最後までどうなるんだろうと思わせるフックになる部分だと思いました。最初に 佐伯ユウスケですって黒板に書いて自己紹介しておきながら、顔が見えないというところが面白い(笑)。

佐伯:本当に君なのかいって感じですよね(笑)

東宝の担当P:佐伯くんにとっては、久しぶりのメジャーでのアーティスト活動なのに、ワンコーラスは顔が見えないMVができてしまって(笑)。

上野:僕が真っ先に「これ大丈夫かなあ」って言っていました(笑)。

佐伯:結果的に自分らしいかなと思いました。顔を見せてしまうと、MVのど真ん中な感じだと思うので、まだ出てこない、という方が自分らしいかなと(笑)。

上野:顔が見えてきた時の、出てきたぞというタイミングもすごいですよね。

佐伯:今回このプロジェクトで嬉しかったのが、とことん意見交換ができた事です。佐伯ユウスケという題材を好きにいじって下さいと、上野さんのやりたいこと、スタッフの皆さんが思っているもの、サウンドチームがやらせたいサウンド、全部が実現できたらいいなと思っていたので、曲とこのMVが完成した時は本当に嬉しかったです。

上野:僕のアイディアっていつもどんなに持っていっても、大体最初の段階では受け入れられなくて、引き算形式になっていく事が多くて、でも今回は足し算で、もっといけもっといけというノリがあって、すごく素敵な現場でした。

佐伯ユウスケ×上野監督対談

佐伯ユウスケ×上野監督対談

――佐伯さんの事をいじりがいがありましたね

上野:そうですね。どうしてもパイに目がいってしまいますが、やっぱり歌詞がああいう内容で、諦めるなと言っていますが、じゃあ諦めてしまった人達の事はどうしようかという事も考えて。佐伯さんと「逆再生で、それまでの事を取り戻していく感じも表現できたらいいね」と話をして。パイまみれの佐伯さんから始まって、最後は綺麗になって終わると、すごく美しいのではないかと思いました。

――色々あっても、やり直しは利くんだよというメッセージですね。

佐伯:パイもいずれ消えてなくなるんだよって(笑)。僕が表に出したい自分のキャラクター像、立ち位置みたいなものを打ち合わせでお話した段階で理解してくれて、あらすじを持ってきてくれました。違うベクトルからの佐伯ユウスケが僕の中ではコンセプトとしてあって、現場の人も含めて楽しんでもらえたら嬉しいなと思いました。

――これからの佐伯ユウスケの意思表示でもあるわけですよね。

佐伯:自分はこうだ!というのは嫌いなんですよ。まず作る人が楽しくなければいいものはできないと思っています。自分の経験上、楽しくない、楽しめていないといい曲は書けないです。

――監督は色々な映像を手がけているとさっきもおっしゃっていましたが、富士急ハイランドのお化け屋敷で流れている映像をずっと手がけているとお聞きしました。

上野:そうなんです。もう10年以上やらせていただいていて、ホラー系の映画もやっています。なので、昔からの知り合いは今回のMVで佐伯さんがパイまみれになって出てくるシーンを観て「こいつまたホラーか」って思ったようです(笑)。いつか佐伯さんでマイケル・ジャクソンの「スリラー」をやってみたいです(笑)。

――監督は映像には何を求めますか?やはり“生々しさ”ですか。

上野:一時期グラフィックとかCGがすごく好きでしたが、最近は飽きてしまって、今回のMVもそうですが人の力に頼ろうというのが今一番思っている事です。今回も僕たちというより、佐伯さんがああやって動いていて、その横で女のコが自転車に乗ってただ走っているだけで、何をしているんだろうこの人達は?ってギャラリーは思ってくれます。そうすると周りのスタッフも、大の大人がみんなでそのワンシーンに大人の本気を見せてやるという気持ちになるんです。

佐伯:真面目にふざけたい、というところがありますね。

――今回の逆再生というアイディアもそうですが、そういうアイディアはやはり監督が今まで色々な現場で感じた事、見てきた経験からひねり出すのでしょうか?それとも曲を聴いてその第一印象を受けて、思いつく感じですか?

上野:今回は本当に佐伯さんのおかげだと思いますが、そこに辿り着くまでは早かったです。まず「弱虫ペダル」というアニメの存在があったのですが、プロデューサーに「自転車は意識しなくていいです」と言われてはいましたが、やっぱり自転車が見えてきて。これはもう自転車を敢えて外すと、逆に違和感を感じてしまいそうだったので、自転車を出したいと思って。で、スタッフにママチャリを100台用意してくれてって言ったら怒られました(笑)。

佐伯:僕も自転車が100台あったら、ちょっと申し訳ないなって思いますね。

上野:でもそれはさすがに無理で、近くの高校に連絡して協力を打診してもらいましたが、ちょうど期末テストの時期でダメでした。

佐伯:でもなんで100台なんでしたっけ?

上野:理由はないんですけど、人の周りを自転車が100台ぐるぐる回っていたら、それだけですごいだろうって(笑)。

佐伯:歩けないですけどね(笑)。

 
――確かに自転車が100台あるだけでおかしいですけどね。

上野:変ですよね?それと、通学している子供たちの動きって変じゃないですか?ある一定の時間に、一定の人達が、大体同じタイミングで動いていますが、実はすごく統制が取れているじゃないですか。いつも大体同じ時間に、同じ道を同じ人が通るので、誰が誰をどのタイミングで追い抜いていくかというのはできるはずだなと思い、それを今回持ち込もうと思って。

佐伯:当たり前ですけど、アイディアが思い浮かぶ観点が、曲とは違うビジョンですよね。

上野:いえ、曲から見えてきたものをまず並べてみようというのはありました。

佐伯:じゃあやっぱり曲が大事なんですね。

上野:もちろん!MVでは全ての中心ですよ。

佐伯ユウスケ×上野監督対談

佐伯ユウスケ×上野監督対談

 

取材・文=田中久勝 撮影=三輪斉史

 

リリース情報

「ナウオアネバー」/佐伯ユウスケ(TVアニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」エンディングテーマ)

【アニメ盤】THCS-60128/アニメ描き下ろしジャケット/¥1,400(+税)/1枚組
【アーティスト盤】THCS-60129/アーティスト撮り下ろしジャケット/¥1,700(+税)/CD + DVD(2枚組)
【通常盤】THCS-60130/アーティスト撮り下ろしジャケット/¥1,200(+税)/1枚組
収録曲
1.「ナウオアネバー」
作詞・作曲:佐伯ユウスケ 編曲:宮崎 誠
2.「終わってゆく場所」
作詞・作曲:佐伯ユウスケ 編曲:宮崎 誠
3.「Step by Step」
作詞・作曲:佐伯ユウスケ 編曲:宮崎 誠
4.「ナウオアネバー」(Instrumental) 5.「終わってゆく場所」(Instrumental)
6.「Step by Step」(Instrumental)
特典
【アニメ盤】TVアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』エンディングムービー絵コンテブックレット
【アーティスト盤】DVD[「ナウオアネバー」ミュージックビデオ]

 

 

イベント情報
・3/26(日) AnimeJapan2017 2日目REDステージ歌唱
https://www.anime-japan.jp/main/rgb_stage/
・7/9(日) ツール・ド・ヨワペダ2017 @舞浜アンフィシアター
http://yowapeda.com/news.html#_EVENT
シェア / 保存先を選択