寺山修司生誕80年記念音楽祭にアーティスト集結!

SPICER

寺山修司をリスペクト!生誕80年記念音楽祭が10月開催

演劇・映画・ドラマ・短歌・エッセイなど多彩な分野で活動する天才ぶりを発揮し、また数多くのセンセーショナルな作品を世に問うた鬼才・寺山修司。なかでも1967年に結成した演劇実験室「天井棧敷」は“見世物小屋の復権”を掲げ、唐十郎の状況劇場(紅テント)や蜷川幸雄(桜社)などに先んじてアングラ演劇の先頭に立っただけでなく、観客のドギモを抜く奇抜にして魔術的な演出により、海外でも注目され、高く評価された。

パフォーマティブな身体表現、エッジの立った社会批判性、それらとは相反するようなそこはかとない叙情性、そして観客を煙に巻くようなトリッキーな演出…など、寺山の舞台にインスパイアされたアーティストは数知れず、没後30年以上がたった現在でも寺山の世界は古びることなく、むしろ輝きを増している。

寺山修司 撮影:有田泰而 写真提供:テラヤマ・ワールド

寺山修司 撮影:有田泰而 写真提供:テラヤマ・ワールド


死してなお、影響を与え続けている寺山修司。そんな寺山の生誕80年を記念した音楽祭が、10/11(日)・12(月・祝)@恵比寿ザ・ガーデンホールで開催される。音楽監督には、寺山が主宰した演劇実験室「天井棧敷」で全音楽担当を担い、彼の遺志を引き継いで演劇実験室「万有引力」を主宰している音楽家J・A・シーザーを迎える。サイケデリックなテクスチャーがミニマルミュージックのような迷宮感覚で展開され、さらにプログレッシヴロックのように高揚していくという独特でアンビバレントな音世界は、一度聴いたら忘れられない陶酔感を伴う。音楽マニアなら誰もが一目おく存在であり、アニメ好きな人にとっては『少女革命ウテナ』(1997)で合唱曲「絶対運命黙示録」を手がけた人といえば「ゔぁwwww」と絶叫するはずである。それほどまでにシーザーの音楽も衝撃的であり、生前の寺山演劇に重要な位置を占めていた。


そして、寺山修司にゆかりがあり、リスペクトしているアーティストたちが二夜に分かれて集結。そのラインナップがスゴい! 業界内でも寺山フリークとしてつとに知られている大槻ケンヂ、骨太なエレクトリックトランぺッター・近藤等則、寺山劇でも美声を披露してきたシャンソン歌手・瀬間千恵、過激なパフォーマンスで名を馳せたロックヴォーカリスト・PANTA(頭脳警察)、人気ロックバンドLUNA SEAやX JAPANのギタリストとして知られるミュージシャン/プロデューサーのSUGIZO、暗い情念で社会を抉るシンガーソングライター・山崎ハコ、テラヤマ・ワールドを継承する“叙情的過激アングラ和風バンド”犬神サアカス團、天井桟敷の名華・新高けい子、奄美民謡に反戦歌もこなす歌手・元ちとせ、寺山作品に出演経験もある元ピンクレディの未唯mie、天井桟敷の絶唱女優・蘭妖子、独自路線を行くエンターティナー・ROLLYら、錚々たる面々が参加。

第一夜は『書を捨てよ町へ出よう』、第二夜は『田園に死す』と題し、異なるテラヤマ・ワールドが繰り広げる2日間。寺山と同時代を生きた人も、リアルタイムには知らない世代も、テラヤマ・ワールドのグルーヴ感を堪能できるまたとない機会になりそうだ。
撮影:鋤田正義 写真提供:テラヤマ・ワールド

撮影:鋤田正義 写真提供:テラヤマ・ワールド


【寺山修司(てらやましゅうじ)プロフィール】1935年12月10日、青森県生まれ。18歳で短歌研究新人賞特選「チェホフ祭」を受賞し、歌壇に鮮烈にデビューする。60年処女戯曲「血は立ったまま眠っている」が劇団四季で上演され、「乾いた湖」(監督:篠田正浩)で初めての映画シナリオを手がける。67年には横尾忠則、東由多加、九條映子らと演劇実験室「天井棧敷」を結成。海外でも多数公演を行い高い評価を得た。詩人、エッセイスト、小説家、評論家、作詞家、映画監督、劇作家、競馬エッセイなども。主な活動に、天井棧敷公演:『青森県のせむし男』『毛皮のマリー』(67)『奴婢訓』『身毒丸』(78)『レミング』(79)など。映画監督作品:「田園に死す」(74)「草迷宮」(78)「さらば箱舟」(84)など。著作:歌集「血と麦」(62)「ひとりぼっちのあなたに」(65)、「書を捨てよ、町へ出よう」(67)など。1983年5月4日47歳で急逝。1997年、多感な少年時代を過ごした青森県三沢市に寺山修司記念館開館。

イベント情報
『冥土への手紙-寺山修司 生誕80年記念音楽祭』

日時:2015年10月11日(日)・12日(月・祝)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール

【第一夜】
10月11日(日)『書を捨てよ町へ出よう』
出演:
J・A・シーザーと悪魔の家2015
大槻ケンヂ/近藤等則/SUGIZO/瀬間千恵/PANTA/山崎ハコ/他(50音順)

【第二夜】
10月12日(月・祝)『田園に死す』
出演:J・A・シーザーと悪魔の家2015
犬神サアカス團/近藤等則/SUGIZO/渚ようこ/新高けい子/元ちとせ/未唯mie/蘭妖子/ROLLY(50音順)

【予定演奏曲目】
あしたのジョー/海猫/惜春鳥/かもめ/戦争は知らない/時には母のない子のように/山羊にひかれて/のぞきからくり赤い帯/風見鶏マリー/1970年8月/come down moses―カムダウンモーゼ―/山に上りて告げよ/他
※各日で出演者や曲目が多少異なります。
※都合により出演者や曲目が変更になる場合があります。
料金:8,800円(税込・全席指定)
発売日:2015年9月16日(水)10:00~
※未就学児童入場不可
※同会場で両日同時開催される、演劇実験室「天井棧敷」オリジナル・ポスター展のご観覧料金も含まれます。
お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)
公演特設サイト:http://diskgarage.com/terayama80/
シェア / 保存先を選択