歌舞伎俳優・尾上松也がラップを初披露! 映画『モアナと伝説の海』劇中歌「俺のおかげさ」映像をフル解禁 

SPICER
尾上松也が演じたマウイ (C)2017 Disney. All Rights Reserved.

尾上松也が演じたマウイ (C)2017 Disney. All Rights Reserved.

画像を全て表示(3件)

公開中のアニメーション映画『モアナと伝説の海』から、日本語版で歌舞伎俳優・尾上松也(二代目)が歌う劇中歌「俺のおかげさ」の映像がフルバージョンで解禁された。

『モアナと伝説の海』は、『リトル・マーメイド』のロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が手がけたディズニーアニメ。海に選ばれた少女・モアナが愛する人々を救うため、命の女神テ・フィティの“心”を取り戻す冒険に出る物語。公開後、すでに観客動員数155万人を突破するヒット作となった。同作の魅力のひとつが、主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」をはじめとした、劇中キャラクターたちによるディズニー・ミュージックの数々だ。

 

 

今回公開されたのは、その楽曲群の中から、日本語版で伝説の英雄マウイ役・尾上松也が披露している「俺のおかげさ」のフルバーション映像。尾上は、同曲の中で、ディズニー・ミュージックでも珍しいラップも見事に歌い上げている。尾上が演じているマウイは、主人公・モアナが旅の途中で出会う齢5,000歳の伝説の英雄。人間離れした体格を誇り、歌って踊れるユーモアたっぷりの自信家というキャラクターだ。モアナと初めて出会うシーンで披露される同曲は、「どういた~しまして、ユアウェルカム♪」というサビが印象的。作詞作曲を手掛けたリン=マニュエル・ミランダは、自身が主演を務めたミュージカル『ハミルトン』にラップを取り入れ、トニー賞 11 部門を受賞した天才クリエイター。今回の楽曲にも、ミランダの得意なラップが存分に詰まっている。

 

『リトル・マーメイド』フランダー (C)2017 Disney. All Rights Reserved.

『リトル・マーメイド』フランダー (C)2017 Disney. All Rights Reserved.

 

また映像には、ラップ初挑戦となった尾上のパフォーマンスだけでなく、隠れキャラクターとして『リトル・マーメイド』のプリンセス・アリエルの親友・魚のフランダーが登場している。ロン・クレメンツとジョン・マスカー監督ならではの粋な演出にも注目だ。

なお、尾上は3月25日(土)放送の音楽番組『SONGS』(NHK総合ほか)に出演し、「俺のおかげさ」をテレビで初披露する。モアナ役の屋比久知奈とともに、歌って踊る特別なパフォーマンスにも注目だ。

ディズニー・アニメーション『モアナと伝説の海』は公開中。

作品情報

映画『モアナと伝説の海』
 

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.


原題:Moana
監督:ジョン・マスカー&ロン・クレメンツ(『リトル・マーメイド』、『アラジン』)
製作:オスナット・シューラー 
製作総指揮:ジョン・ラセター 
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 

日本版声優:モアナ役:屋比久知奈、マウイ役:尾上松也、タラおばあちゃん役:夏木マリ、タマトア 役:ROLLY 
 
【ストーリー】
海に選ばれた少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をした ことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大 海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進む べき道を見つけていくモアナだったが……。
(C)2017 Disney. All Rights Reserved.
シェア / 保存先を選択