18歳未満はNG、日本初『春画展』開催

ニュース
2015.9.11
喜多川歌麿 「歌満くら」 浦上満氏蔵

喜多川歌麿 「歌満くら」 浦上満氏蔵

画像を全て表示(5件)


2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)の期間、永青文庫特設会場(2階~4階)にて「春画展」が開催される。

春画は、江戸時代に笑い絵とも呼ばれ、性描写と笑いが同居したユーモアで芸術性の高い浮世絵であり、特に海外から高い評価を得ており、2013年から2014年にかけて大英博物館で行われた「春画 日本美術の性とたのしみ」は大きな話題を呼んだ。

今回、日本で初めて開催する「春画展」は、大英博物館およびデンマーク、日本の美術館や個人コレクションより、鈴木春信の清楚、月岡雪鼎の妖艶、鳥居清長の秀麗、喜多川歌麿の精緻、葛飾北斎の豊潤といった「春画の名品」133点(前後期)を5つの章に分けて展示。

名だたる浮世絵師が筆をふるった版画や人の手で線と色が描き出された肉筆の作品が約38点展示されるほか、縦9センチ、横13センチほどの小さな春画を集めた「豆判の世界」などこれまでに春画を観たことがない方にもわかりやすく紹介している。

浮世絵の大家たちによる作品や徳川将軍や大名家の絵画を担った狩野派の作品など、大名から庶民にまで広く愛された春画が一堂にそろった展示会となる。
なお、同展は18歳未満は入場禁止となっている。

日本で最初となるこの「春画展」で、日本の歴史の中で人々とともにあった春画を見て知ってみてはいかがだろうか。

 

イベント情報
『春画展』

会期:2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)
【前期】9月19日(土)~11月1日(日)
【後期】11月3日(火・祝)~12月23日(水・祝)
    ※会期中展示替えあり
会場:東京都 目白台 永青文庫 特設会場(2階~4階)
時間:9:30~20:00(入館は19:30まで)
   ※日曜日は、9:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜(祝休日の場合は開館)
入館料:1,500円
入館制限:18歳未満入館禁止

 
シェア / 保存先を選択