保存版! EDMの聴いておくべきアルバム40選(ダンスフロア編②)

動画
特集
2017.3.28

画像を全て表示(10件)

ここ数年間にリリースされた作品から、EDM MAXX編集部が選んだ必聴アルバム40枚を一挙紹介。今回はビッグルーム系&プログレッシブ系を中心に、ハードウェルやスクリレックスなど「ダンスフロア編①」に続き9作品を紹介します。

いつも曲単位で聴くことの多いダンスミュージックだけど、アルバム全編を通して聴いてみると、DJミックスやシングルとは違ったアーティストの世界観がよく伝わってくるもの!

そんなアルバムの数々から、今回はここ数年間にリリースされた選りすぐりのビッグルーム系、プログレッシブ系の作品を一挙紹介。
 

KNIFE PARTY 『Abandon Ship』(2014年)

オーストラリアのドラム&ベースグループ、ペンデュラムのメンバー2人によるサイドプロジェクト。ナイフ・パーティのデビュー作には、アグレッシブなダブステップからエレクトロ〜ディープハウスまで網羅。ロックバンドを思わせるパンチの効いたハイエナジーな展開はドライブ感抜群。アヴィーチーの“Waiting For Love”のシンガー、サイモン・アルドレッドも参加。
 

LOST FREQUENCIES 『Less Is More』(2016年)

カイゴに次ぐ奇才として注目されるロスト・フリクエンシーズ。ベルギー出身のDJがデビュー作で展開するのは、美メロチューンによるハッピーワールド。トロピカルハウスにも通じるサウンドは、ソフトタッチでゆったり。ノスタルジックなムードが漂い、遥か彼方の異国情緒で酔わせてくれる。
 

MADEON 『Adventure』(2015年)

日本発のゲーム音楽やアニメで育ったというフランス人DJマデオン。デビュー作には、自身の幼い頃の体験、希望、憧れなどが落とし込まれている。フューチャリスティックなサウンド志向は、ミュージックビデオにも伺える通り。バスティル、パッション・ピット、マーク・フォスター(フォスター・ザ・ピープル)らロック系男性シンガーを迎えて、理系なエレクトロポップを展開。少年らしい冒険心に溢れている。
 

NERVO 『Collateral』(2015年)

オーストラリア出身の双子姉妹ナーヴォによるデビュー作。華やかなルックスにも通じる、ポップなエレクトロが全編ギッシリ。ニッキー・ロメロ、スティーヴ・アオキ、R3hab、アフロジャックらDJ仲間の応援に加えて、カイリー・ミノーグやジェイク・シアーズ(シザー・シスターズ)まで参加。日本盤はミュージックビデオを収録したDVD付き!
 

SKRILLEX 『Recess』(2014年)

2枚のEP『Scary Monsters And Nice Sprites』と『Bangarang』(ともにグラミー賞を受賞)によりダブステップ旋風を巻き起こしたスクリレックスが、満を持して発表した初のフルアルバム。SF映画を思わせるドロップ満載のビートで攻め上げつつも、ディプロやチャンス・ザ・ラッパーをゲストに迎えたトラックでは、すでに次章へと向かっている印象も。進化の早さにビックリ。
 

YELLOW CLAW 『Los Amsterdam』(2017年)

イエロー・クロウのセカンドアルバム。メロウな歌モノから、思わず腰を振ってトワークしたくなる激しいクラブバンガーまで、全曲ボーカル入りであらゆるダンスミュージックを網羅。これぞ今のリスナーが求める折衷スタイルの集大成。DJスネイクがゲスト参加した先行シングルが大ヒット中!
 

STEVE AOKI 『Wonderland』(2012年)

DimMakレーベルのオーナーとしての人脈をフル活用したスティーヴ・アオキのファーストアルバム。ウィーザーのリヴァース・クオモ、CSSのラヴフォックス、リル・ジョン、トラヴィス・バーカー、LMFAOら、ロックとダンスの垣根を越えた様々なアーティストを迎えて、エレクトロクラッシュのスピリットを大放出。続編『Wonderland (Remixed)』もリリースに。
 

STEVE AOKI 『Neon Future Odyssey』(2016年)

スティーヴ・アオキによる近未来をコンセプトにした『Neon Future Part 1』(2014年)と『Neon Future Part 2』(2015年)に、さらに新曲まで加えたボリュームたっぷりな豪華アルバム。Part 1にはアフロジャックからフォール・アウト・ボーイ、ウィル・アイ・アムも参加、アドレナリン放出しまくりのパーティーチューンを連続投下する。一方のPart 2にはリンキン・パークやナーヴォも参加、エモーショナルでダークな一面も覗かせる。
 

TIESTO 『A Town Called Paradise (Japan Special Edition)』(オリジナル盤 2014年)

トランス王を経てEDM帝王となったオランダのティエスト。ポップなボーカルに乗せたドラマチックなプログレッシブハウスを中心に構成される4作目のアルバムは、タイトルにも”天国”とあるようにハートウォーミングな至福感に包まれている。ハードウェルやクルーウェラ、マシュー・コーマ、アイコナ・ポップら人気者も多数参加。

この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう! http://edmmaxx.com


Text by Hisashi Murakami

 
イベント情報
EDC Japan 2017
日程︓2017年4月29日(土・祝)・30日(日)の2日間
場所︓ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園・EDC特設会場
時間︓10時開場、11時開演予定

■チケット料⾦ 
受付期間:2017 年3 月18 日(土)12:00 ~ 3 月28 日(火)18:00(日本時間)
2日通し券 29,000円(税込/ブロック指定)
1日券 15,000円(税込/ブロック指定)
2日通し券 VIP  SOLD OUT
1日券 VIP 35,000円(税込/ブロック指定)
★VIP 特典:(専用ライブ・ビューイング・エリア他)
※その他の特典は後日公式WEBサイトでご案内いたします。
■受付URL
EDC オフィシャル先着先行予約受付(国内)URL:http://eplus.jp/edc/
EDC オフィシャル先着先行予約受付(海外)URL:http://eplus.jp/inb/edc/



■注意事項
※18 歳以上入場可、VIP は20 歳未満入場不可。
※入場時ID チェック有り。必ず顔写真付き身分証明書をご持参ください。
※アルコール飲料購入ご希望の方はID チェックブースにて顔写真付き身分証明書のチェックがござい
ます。チェック後リストバンドを装着していただきます。
※雨天決行、荒天中止。
※各ステージの入場制限を行うことがあります。
※出演アーティストおよび出演ステージ変更によるチケットの払い戻しは致しません。

 

シェア / 保存先を選択