くるり岸田 繁の「交響曲第一番」初演がついに作品化

ニュース
2017.4.6
岸田 繁(くるり)

岸田 繁(くるり)

画像を全て表示(3件)

くるりの岸田 繁による初の交響曲が、5月24日にリリースされることになった。

本作は、昨年(2016年)に岸田の地元である京都・ロームシアター京都メインホールにて初演された『岸田繁「交響曲第一番」』プログラムの模様を全て収録したもの。今後“シゲイチ”と呼ばれることになるかもしれない「交響曲第一番」をはじめ、その初演のために書かれ演奏された「Quruliの主題による狂詩曲」も収録されている。

一流オーケストラとして世界的な評価をされている京都市交響楽団の端正な演奏と、その常任指揮者/音楽監督として素晴らしいキャリアを持つ広上淳一の手腕と素晴らしいセンスもまた、本作品の魅力のひとつとなっている。

なお、岸田が登場しているワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズ最新版が、タワーレコードおよびTOWERmini全店にて本日4月6日より順次露出されている。

岸田 繁(くるり)

岸田 繁(くるり)


 
リリース情報
アルバム『岸田繁「交響曲第一番」初演』
岸田 繁(くるり)

岸田 繁(くるり)

2017年5月24日発売
VICC-60944 ¥2,500+税
指揮:広上淳一
演奏:京都市交響楽団
作曲:岸田繁(くるり)

<第一部>
岸田繁: Quruliの主題による狂詩曲(17分)
Ⅰ幻想曲 Ⅱ名もなき作曲家の少年 Ⅲ無垢な軍隊 Ⅳ京都音楽博覧会のためのカヴァティーナ

<第二部>
岸田繁:交響曲第一番(50分)
第一楽章 第二楽章 第三楽章 第四楽章 第五楽章

<アンコール>
管弦楽のためのシチリア風舞曲
Quruliの主題による狂詩曲 Ⅳ京都音楽博覧会のためのカヴァティーナ

 

シェア / 保存先を選択