高橋優がクレヨンしんちゃんと秋田県人会結成、映画にも出演

左から、高橋優と野原しんのすけ。

左から、高橋優と野原しんのすけ。

4月15日公開の「映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ」の公開直前イベントが、本日4月9日に東京・有楽町朝日ホールにて開催。このイベントの舞台挨拶に主題歌「ロードムービー」を歌う高橋優がゲスト出演した。

高橋はMCを務めるテレビ朝日の松尾由美子アナウンサーと、主人公のしんちゃんこと野原しんのすけに迎えられ、この日のサプライズゲストとして登壇した。しんちゃんから主題歌に込めたメッセージを尋ねられた高橋は「この映画は、しんちゃんが宇宙人のシリリと“おしりあい”になって旅をするお話。人と人が出会うことで、僕らの日常生活にも素敵な物語が生まれるんだと考えて作りました」と、しんちゃんにお尻をすり付けられながら語った。

しんちゃんの父、ひろしは高橋と同じく秋田出身。このことに話が及ぶと、しんちゃんは「じいちゃんが秋田出身だから、オラは自分のことオラって言うようになったんだよ」と話して高橋を「ほんとに!? 初めて知った! 僕も中学生くらいまで自分のことオラって言ってたよ」と驚かせる。しんちゃんはこの偶然に大喜びし、高橋に抱きついて「秋田県人会結成ー!」と盛り上がっていた。

高橋と松尾アナは映画の中にも出演しており、高橋はギターを持って歩く場面などで2回登場するとのこと。「いつも通りの僕がいます。見つけてもらえたらうれしいけど、試写会でスタッフが見逃したくらい一瞬なので(笑)」と高橋が観客に呼びかけると、しんちゃんは「優さんが出てきたら、(舞台挨拶後の試写で)劇場の人にストップしてもらおうかな(笑)」と提案して高橋を笑わせた。

ここで高橋は、しんちゃんと観客へのプレゼントとして主題歌「ロードムービー」を披露。力強い歌声で観客を魅了した。観客全員が高橋と同じ型のメガネをかけての記念撮影も行われ、高橋は「この光景見ちゃうと……そろそろレーシック受けようかなと思ってたんですけど、やめといたほうがよさそうですね(笑)」と圧倒された様子を見せていた。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択